団体名、店舗名で登録するならFacebookページを作る方がいい。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookを使おうと思う理由が「団体(またはサークルやお店、会社など)の情報を発信したい」というものであれば、その団体名で登録したらいいんじゃないかと考える方がいらっしゃいます。

ところが、Facebookはあくまでも実名登録。団体名などの名称では初期登録はできない決まりになっています。といっても登録できてしまうんですけどね。

ニックネームでも登録できてしまうので、この辺りがもやっとしてしまうのですが、今日はそのあたりについて書いていこうと思います。

スポンサーリンク

FacebookなどのSNSはあくまでも個人利用

初めてFacebookに登録しようと入力を開始した画面のことを思い出してほしいのですが、、登録が必要な項目って個人的なことじゃなかったでしょうか。誕生日とか実名とか。

Facebookを始めとしたSNSはあくまでも個人的な利用に重きを置いています。

現実社会では、「●●の誰々さん」と呼ばれます。初めの認識としては組織やコミュニティの中の人として紹介されたり、紹介したりします。

SNSの世界では、あくまでも「個人」。どこどこの誰々だというものは必須項目ではないのです。

Facebookに個人として登録したときと、Facebookページを開設したときの行動の違い

個人ページはあくまでも個人的なものになるので、基本的にはfacebookに登録しログインしている人しか見ることができません。要は会員さん限定ってことです。それと、公開範囲というのがありますが、ここでいう公開範囲は「facebookに登録した人」限定。
先ほどのAさんの目的は「団体の情報を発信したい」だったのに、それを個人ページで行っていてはfacebookに登録した人にしか情報が発信できていない、ということになってしまうのです(これを望んでいる場合はそれで大丈夫ですが)。

すみません。上記の内容は間違いでした。Facebookユーザー以外でも公開範囲を「公開」にすれば見ることができました。
Facebookのプライバシー設定の中にある「私を検索できる人」内の「外部検索エンジンから私のタイムラインへのリンク」→「その他の検索エンジンをタイムラインにリンクさせる」のチェックを付けたままだと、検索サイトに拾われます。
プライバシー設定を登録したままの状態にしてあるとすべて公開されている可能性がありますので、それを好まない場合はプライバシー設定を見直すようにしてください。※2017年6月11日追記

Facebookページを開設したらどうなるかというと、Facebookページは設定を変更しない限り検索サイトにも拾われますし、Facebookに登録していない人でも見ることができます。

公開範囲を変更すれば、個人登録した画面も閲覧可能な状態になりますが、

AさんがFacebookページに投稿した内容は、検索サイトに拾われる、ということになるのですが、Aさんが投稿したというのは管理人以外知ることができません。Aさんが危惧している個人的なことが知られることは基本的に無いということになるのです。

おまけに、検索サイトに拾われる可能性が出てくるし、「Facebookページを開設しました」と団体の持つチラシなどに書いておけば誰にでも見ることができるわけです。

あ、じゃあブログと同じじゃん?と思った方、似てるなぁ~とは思います、私も。だけど、細かく見ていくとできることがちょっとだけ違ってるなとも思うわけでして。これについては後日自分なりにまとめて書こうと思います。

あと、大きいなって思うのはFacebookページ名ひとつに複数の人が投稿できるっていうこと。だれが書いているかは分からないので、多少そのあたりのすり合わせが必要だとは思いますが、複数の人が書けばネタに困らない(笑)
投稿名は団体の名前、オフィシャルな投稿だという認識が欠けないようにしないといけないっていうのは、団体として(店舗や企業も同じです)投稿するならある程度の線引きは必要だと思いますので、きちんとガイドライン的なものを作っておくとよいかな、と。情報を発信しているんだというある意味のプレッシャーはあったほうがいいなと思います、個人的に。

まとめ

SNSはスマホの普及で気軽な発信ができるツールです。一口に「情報を発信したい」といっても方法はた~くさんあります。

情報発信って結構大変です。ネタが無い!って苦しむ人もいらっしゃいますよね。

気軽になったからこそ、どんなふうに発信したいかっていうところがホワッとなっていると継続が難しいって思います。

何がいいか迷って当然、やってみないと分からないのも当たり前。誰かがいいといってもうちには合わないなんてことはザラにありますので、そのあたりも今度書いてみようかなと思います(投稿しながらネタ出しw)。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
団体名、店舗名で登録するならFacebookページを作る方がいい。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク