Facebookの「プライバシー設定」は使う目的に合わせて設定変更しよう

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookを使っている人から多い相談のひとつに、自分の投稿や個人情報(基本データ)が漏れているような気がするというのがあります。

Facebookに限らず、SNSは基本的に「つながり」創出が目的だから情報はある程度公開しておかないと…というところがあります。が、誰でも見られることに不安を覚える人も多いと思いますので、一度、プライバシー設定を見直してみるといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Facebookに限らずSNS上のあなたの情報は「意外と」オープンになっている

Facebookに限らず、SNSはあなたの情報をオープンにすることで人と人とが繋がりやすいように、プライバシー設定はオープンになっています。

音信不通だった学生時代の友人に出会うなんてことはよくある話です。

これはこれでとてもありがたい機能ではあるのですが、自分が意図しないところで情報が出てしまっているとすれば、それはそれで怖いと感じる方もいらっしゃるかもしれません。

Facebookに限らずSNSを登録したときのまま使っている、という方はぜひ一度プライバシー設定が自分の使い方(付き合い方)に合っているかどうかを見直してもらえたら、と思います。

Facebookのプライバシーに関する設定を見ていこう

Facebookの基本データは項目ごとに公開範囲を設定できる

Facebookには基本データといってその人自身の情報だったり趣向だったりを入力できるところがあります。Facebookの基本データに入っているものはそれぞれ個別に公開範囲を設定できるようになっています。

個人的な考え方ですが、できればFacebookの基本データのうちメールアドレスと携帯電話番号の公開範囲は「自分のみ」に設定を変更したほうがいいと思います。

検索エンジンであなたの名前を検索したらFacebookのプロフィールページがヒットするのを防ぐ方法

Facebookに登録をしたまま使っていると、検索エンジン(GoogleやYahoo!JAPANなど)であなたの名前を検索した時にFacebookのプロフィールページが表示されることがあります。

検索エンジンで自身の名前を検索されたときにFacebookのプロフィールページをヒットさせたくない場合は、設定→プライバシー→私を検索できる人→Facebook以外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?いいえにしておきましょう。

Facebookにある検索機能の設定

Facebookにある検索機能を使ってあなたを検索するにはあなたの名前を知っている必要がありますが、初期設定ではメールアドレスや電話番号を知っていれば検索することができるようになっています。

設定→プライバシー→私を検索できる人→メールアドレスを使って私を検索できる人もしくは電話番号を使って私を検索できる人「全員」「友達の友達」「友達」から選択することができます。

Facebookの友達リストの公開範囲について

Facebookの友達リストの公開範囲についてはいろいろな意見があると思いますが、以前、こんなことがあってから、Facebookの友達リストの公開範囲を「自分のみ」に変更しました。

Facebookを使い始めたころ、まったく知らない人から友達申請が届きました。友達申請をしてきた人のタイムラインを見ると、共通の友達に仲良くしてくださっている人が数人いました。(だったら安心だな)と申請を承認してしまいました。

すると、投稿には上から目線でコメントしてくるし、おまけに、パソコンやスマホ、Facebookなどで分からないことがあると「教えてくれ」とメッセージが頻繁に来るようになりました。

そのことを共通の友達に表示されていた人に相談したら「え?僕はそんな人知らないよ」と、まさかの発言…。

たぶん、この共通の友達と表示された人は友達リストを公開していたんだと思います。友達の友達を辿って申請を送っていたんじゃないかと。

そんなことがあってから、(もしかしてわたしの友達だと思って申請を承認してしまうひとがいるかもしれない)と思い、自分の友達リストの公開範囲を「自分のみ」に変更しました。

ちなみに、Facebookの友達リストの公開範囲を変更するには、設定→プライバシー→検索と連絡に関する設定→友達リストのプライバシー設定から変更できます。

Facebookのタグ付け機能を許可するか

あと、たまにあるのがそこにいる人や写真に写り込んでいる時に行われるタグ付け。タイムラインとタグ付けを制限する項目の友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに投稿する前に確認しますか?をオンにしています。

Facebookのタグの種類と付け方、注意点
Facebookのタグの種類と付け方、注意点
FacebookをはじめとしたSNSにはタグというものがありますね。これはその人と情報をタグで結びつけるという作用がありますが、このタグには...

Facebookのプライバシー設定を変更したら他の人からどう見えているかを確認しよう

Facebookのプライバシー設定を変更したら、他のユーザーから見える範囲がどんなふうになっているかを確認することもできます。

あなたのタイムラインを表示し、アクティビティログを見るの横にある「…」ボタンをクリック→「プレビュー」を使います。

自分のタイムライン→プレビュー
自分のタイムライン→プレビュー

この仕様は2017年6月11日現在で、パソコンでFacebookにログインしたときに見える画面をキャプチャしたものです。

プロフィール写真に使用した写真は一覧で表示されます。投稿の公開範囲を「公開」にしたものは閲覧可能です。

このプレビュー画面での赤枠で囲ったところに、特定の人の名前を入力するとその人が見られる範囲も確認できます。

SNSのプライバシー設定は常に見直すようにしよう

Facebookに限らず、インターネット上で情報発信を行うときには自分の情報がどうなっているのかって不安を感じる方もいらっしゃると思います。これで完璧!なんてことは正直ないのかもしれませんが、最低限準備されている公開範囲を制限することができる機能をぜひ知っていただいて、これなら使ってもいい?いや、危ないからやめよう、と判断してもらったほうがいいかなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
Facebookの「プライバシー設定」は使う目的に合わせて設定変更しよう
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク