Facebook・Twitter・Instagramの使い分けについて考える

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日のご相談は、FacebookとTwitter、Instagramってあるけどどれを使ったらいいのか悩んでいる、と。SNSの代表格といってもいいかな、この3つ。似ているようで違うところもありますが、FacebookとTwitter、Instagramのどれを使うといいのか、使い分けってあるのかという点についてお話した内容をざっくりと書き残しておこうと思います。

スポンサーリンク

SNSとは

SNSとは、ソーシャル・ネットワーキング・サービスの略称で、インターネット上、オンライン上での人と人とのつながりを促進するための会員制のサービスのこと。

実際に知り合いというわけでなくてもつながりを持つことができるものから、実際の知り合いとつながるための補完として利用できるものまでさまざまなサービスが登場しています。

その中でも有名どころというのが今回、相談に上がったFacebook、Twitter、Instagramでしょう。

この3つはメールアドレスさえあれば登録できますし、スマホでの利用も可能。それまで常識だったパソコンを前にしてやり取りをすることを思えば、いつでもどこでも発信・受信できる、それがSNSの大きな特徴ではないでしょうか。

しかし、それぞれのSNSには違いがあって、自分がどういう使い方をしたいかによって選択するほうが楽しんで使うことができますし、使いたいと思うのに適したものがあるのも事実です。

ざっと特徴を上げてみると以下のようになります。

Facebook

これは実名登録が基本。他のふたつには無い特徴です。

Facebookに登録している人は20代から40代が多いと言われています。若い人のFacebook離れが言われていますが、それでも現役世代が利用しているということを考えると、今も有効なSNSなのではないかと思います。

基本的には個人のタイムラインに投稿しますが、ニュースフィードでは自分とつながっている人の投稿が流れてきます。その投稿に対してコメントをするまでもないけれど、「いいね」とアクションを起こすことができます。

そして、あなたとつながりのある人のニュースフィードにはあなたが何かしらのアクションを起こしたというのが流れます。それを見た人があなたの投稿を見に来てくれる、伝播することも特徴ではないかと思います。

発信方法にはほかに、FacebookグループやFacebookページがありますので、自分が発信したいものに合わせて、また交流したい目的に合わせてFacebook内での使い分けも可能です。

Twitter

これはもう、若い世代には根付いたSNSではないかと思います。短文投稿しかできませんが、それがいいという人も多いです。なにせ、つぶやきと表現されることすらありますから、思ったことをパッと投稿してもあっという間に流れてしまう、それは特徴のひとつだと思ってもいいのではないかと思います。

また、Facebookとは違って任意の愛称で登録できますから、誰というのが特定されにくい(といっても特定されないとは言い切れないのが今の時代の怖さかも)です。気に入った投稿を見つけたらその人をフォローし、興味が無くなったらフォローを外しても、Facebookほど考え込まなくてもいい、と捉える人が多いかもしれません。

さらに有用な情報であったり面白いと思うツイートはリツイートという機能を使って拡散させることができます。3つのSNSの中では拡散というところから見ると一番拡がりやすいものではないかと思います。

Instagram

若い世代といえば、Twitterと互角?いやもしかしたら抜いてしまったかもしれないのがこのInstagram。写真投稿がメインですね。Instagramの画面に流れてくる写真はどれも素敵なものばかりで、そうそう「インスタ映え」という言葉さえ生まれましたね。

わたしの周りではInstagramをFacebookに連携させて使っている人が多いです。写真にいろいろな効果(フィルタ)をかけられるというのがいい、写真が好きな人にはもってこい!なSNSじゃないかなと思います。

Facebook・Twitter・Instagram。わたしの使い分けは?

さて。使い分けというところなのですが、わたしの使い分けはというと、Facebookが7、Instagramが2、Twitterが1といった感じでしょうか。

Facebook。わたしの使い方

Facebookは基本的に一度でもお会いしたり名刺交換をしたりした人だけとつながっているので、顔見知り以外とはつながっていません。実名ということで投稿が誰かというのがすぐに分かるので、「頑張っているな」というのが分かるから刺激をもらっています。

また、こちらのサイトの新着記事をFacebookページでシェアするようにしています。本来なら、プラグインなどを使って自動でシェアするほうがいいのかもしれませんが、なんとなく、自分で記事の内容を投稿してシェアしたいなと思うので、手動でFacebookページにシェア記事を書いてます。

Instagram。わたしの使い方

InstagramはFacebookと連携させて使っています。先ほども書きましたが、写真を投稿するときにフィルタをかけられるので、何気ない写真でもちょっといい感じじゃない?という写真になるのが気に入っています。

愛犬の写真をアップするときなどはハッシュタグを付けると、ハッシュタグからつながりがない人が写真を見てくれることもあるし、逆にハッシュタグを辿ると可愛いワンちゃんの写真がずらっと表示されるので癒し効果も高いのかなと…。

Twitter。わたしの使い方

Twitterはというと、Facebookに投稿しようとすると文脈とか言い回しとか結構気にしてしまいますが、Twitterはそもそも短い文章しか入力できないので、思ったことをさらっとツイートしています。

Twitterアカウントを実はふたつ(個人で自由に使えるアカウントと仕事用のアカウント)を持っていて、まだ設定していないのですが、仕事用のアカウントにこのサイトの新着記事を自動でツイートしようかと考えています。

それから、やっぱりTwitterの伝播力はすごいですよね。フォローしている人がリツイートしてくれる情報には有益なものが多く、情報収集にずいぶん使わせていただいています。

SNSの使い方。どれを選ぶか、どれを使うかより考えるべきことは?

では、どれを使うかというところに話を戻しますが、どれを使うかというよりいろいろなものを組み合わせて使う、あるいは目的に合わせて使い分けるというのがいいのかもしれませんね。

何を使うにしてもやっぱり「楽しんで」。義務になっては重いですものね。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

Facebook・Twitter・Instagramの使い分けについて考える
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク