たくさんある情報発信ツールの中からどれを選ぶか

インターネットを使って情報を発信したいんだけどどれを使えばいいですか?とよく聞かれますが、その人自身のインターネットスキルやそれに割ける時間がどれくらいあるかによって選択肢は変わってくると思います。

スポンサーリンク

情報を届けたい人に届きやすい方法を考える

どれがいいとは一概には言えず、スキルやそれに割ける時間、費用がどれくらいあるかというところを聞き取ってみないとアドバイスすることも難しいのですが、自分が情報を発信したいという思いよりも、どんな人に情報を受け取ってほしいかという点をまずは考えてほしいと思います。

情報を受け取ってほしい人が受け取ることができる方法は何かと考えてみると、選択肢というのは絞り込めるのではないでしょうか。

どれを選んだとしても「作って終わり」は無い

ただひとつだけ言えるとするなら、どの情報発信ツールを選んだとしても「作って終わり」では無いということです。

特にブログやSNSは開設がホームページに比べて手間がかからない分、深く考えなくても開設できてしまいます。実は、この深く考えなくてもというところがトラブルの元になった相談事例が多いのです。

たとえばブログに関して言えば、お店の情報を投稿しようと始めたブログのはずが個人的なことばかりを投稿していたとしたらどうでしょう。ホームページに比べてブログは検索エンジンにインデックスされやすいです。ブログタイトルにお店の名前を入れていたとしたら、検索エンジンでお店の名前を検索するとそのブログがヒットしてきます。

読み手はそのブログにお店の情報が書かれていると思い、検索結果からブログに到達します。が、書かれている記事がお店のことではなく、日記のようなものだったとしたらどうでしょう。

SNSも同じです。投稿は頻繁にあるけれど、店内のチラシの写真を撮って毎日投稿しているのを見かけます。確かにお店の情報は掲載されているかもしれませんが、毎回告知ばかりだとみている人は「また、告知か…」と思われてしまうことだってあるかもしれません。

よく「ブログは毎日更新しないといけない」「SNSは写真を一緒に投稿したほうが目に留まる」とか言われますが、だからといって、本来伝えたいことではないものを投稿していては労力だけがかかってしまっているのではないかと思うのです。

どれを選ぶにしても「継続」が大切

更新が止まっているブログやSNSを目にすることがあるのですが、話を聞くと「投稿してくれる人が居なくなったので更新できなくなった」と。実はこの「更新できなくなった」という相談事例も多いのです。

それともうひとつ多い事例と言えば、同じタイトル(サークル名とかお店の名前とか)が検索エンジンで複数ヒットしてくるというもの。

たぶん、担当者がいなくなり、別の人が新しくブログを作ってしまうのではないでしょうか。たまにあるのが「うちにブログなんてあった?!」というメンバーさんがいるサークルもありましたので、何ともこれは…と対処方法について頭を悩ませる事例もあります。

せめて引継ぎを…という声も後の祭りなのですが…。

情報発信ツールのどれを選んだとしても、作って終わり、開設して終わりということは決してありません。情報発信の手段は確かに増えました。個人でも昔よりは手軽に発信できるようになりました。

検索エンジンを使って情報を集めることができる人が増えている今、発信する側も「継続できるかどうか」というところをしっかりと考え、継続できないのなら閉鎖や退会も考えてほしいと思います。情報だけがインターネット上に残っているのはもったいない話です。

どれを選ぶかより続けられるかどうか。どれにしようかなと考える前にぜひ考えてほしいと思います。続けるというのはなかなか難しいことですから。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

たくさんある情報発信ツールの中からどれを選ぶか
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!