Jimdoを使って自分でホームページを更新したい

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Jimdoというウェブサービスを使い、基本的なウェブサイトを構築後、投稿・追記・修正などの支援を行いました。

Jimdo
Jimdo
スポンサーリンク

なぜJimdoを使ったのか。クライアントの思いとコストを考え、Jimdoを選んだ理由。

一番に考えたのは開設時の初期投資にコストをかけられない、毎月支払わなければならないコストもあまりかけたくないというクライアントの事情がありました。

実は、お問い合わせいただいたときはウェブサイト自体を構築してほしいというご依頼でしたが、何度かヒアリングさせていただくうちに、ご自身の言葉や表現ができる人だなと感じ、それをまた自分でやってみたいという思いのある人でした。

そこで、ご自身の力で更新・追記・修正が可能であり、メールアドレスがあれば開設可能なJimdoを選ばせていただきました。

Jimdoで無料ホームページを作成する

Jimdoを始めとしたブラウザからウェブサイトを更新・追記・修正できるサービスは、直感的に使いたいウィジェットと呼ばれる部品を組み合わせていくことでウェブサイト制作が可能です。

またデザインがあらかじめ決まっていますので、自分のイメージに近いものを選んでいただくことで後は文字入力や写真挿入だけである程度のウェブサイトを制作することができます。

細かなスタイル修正やバナー制作などを行いつつ、文章や写真などにアドバイスをする形で制作を開始しました。

Jimdo Freeを使ってウェブサイトを制作。

Jimdoに登録をお願いしました。こちらで登録してもいいのですが、メール認証があるため、ご自身のパソコンで行っていただきました。Jimdoには3つのプランがあります。

プラン - Jimdo(ジンドゥー)
機能によって3つのプランをお選びいただけます。JimdoFreeでは無料でホームページを開始することができ、JimdoPro、JimdoBusinessにアップグレードも可能です。

今回は試しに無料プランであるJimdo Freeを使用。開設後、操作・更新に無理が無い、月々のランニングコストを掛けられると考えられるようになったらプラン変更するということにしました。

いくつかあるレイアウトからご自身がイメージされるものに近いレイアウトを選んでいただき、登録へ進みます。

希望するサブドメイン名を入力後、メールアドレスとパスワードを入力します。

※サブドメインとは、Jimdoの場合、http://〇〇.jimdo.comの〇〇の部分を自由に決めることができます。ただし、すでに使用されている場合は別のものを入力しなければなりません。

すると、登録したメールアドレスに認証メールが届くので、記載されているURLをクリックして、認証画面を進めます。

あとは、Jimdoに先ほど設定したパスワードを入力し、管理画面に入ることでウェブサイトを構築・追記・更新していくことができます。

ウェブサイトに必要な情報(コンテンツ)を洗い出す

実はウェブサイトの情報というのは引き算の世界です。あれもこれもと全てを掲載したいと思われる方の方が多いのですが、それだとウェブサイトを見ただけでユーザーは満足してしまうかもしれません。

「ホームページ見てたら行った気になった」という話を聞いたことはないでしょうか。すべてを見せるというのは一見、いくつも「入口」が存在しそうに感じると思いますが、実はそうではありません。

気になる、行ってみたい、買ってみたいと思ってもらえる。

ある程度ミステリアスな部分ってあった方がいいとわたしは考えます。

と言いつつ、制作中は「全部出してください」と言います。どんなふうになっても構わないのでどんどん出してと言います。

出し切った!というところまできたら、情報を整理していきます。引き算です。絞り込んでいきます。そして広い方がいいのか、深い方がいいのかを考えていきます。

出したものを削がれるのは悲しいものですし、悔しいものですよね。だけど、そうされてしまったとき、あなたはどう行動するでしょうか。もっとうまい表現を、もっと伝わる表現を、と考えるのではないでしょうか。同業者のウェブサイトだけじゃなく、他のウェブサイトまでもじっくり読むようになるかもしれません。もしかしたら、書店へ行き、文章の書き方という本を読み始めるかもしれません。

それだけ削ぎ落し、作り上げたものに対し、あなたは今よりも愛情を持つようになると思います。そこには愛が必要なんです。思いには思うだけの愛が必要なんです。

費用をかけずにあなたの思いを伝えたいならJimdoなどのウェブサイト制作ツールを使うのがおすすめです

たまたま今回はJimdoを使わせていただきましたが、他にもウェブサイト制作ツールはたくさんあります。

ウェブサイトを自分で作る方法のご紹介。
自分でウェブサイトを作る。昔は相当にハードルが高いものでありましたが、最近ではある程度のスキルがあれば自分でウェブサイトを作成・公開できるサ...

また、ウェブサイトは開設したら終わり!ではありません。開設が始まりの始まりです。育てるには時間がかかります。

作りっぱなしのホームページがだめな理由。
ホームページを作りっぱなしにしていませんか?見直し、加筆、修正。リライトだって必須です。誰が作るのではなく、どう育てるか。作りっぱなしのホームページは機会損失を生むかもしれません。

開設するときのコストばかりに注目してしまいがちですが、ウェブサイトを維持していくためのコストも考えておきましょう。

ホームページを開設した後にもコストがかかります
ホームページ開設の相談をお請けするときに思うのが、ホームページの開設費用に関しては関心の高い人が多いけれどホームページ開設後にかかるコストに...

ご自身で作る方法は増えました。そしてウェブサイト以外でも情報発信が可能になりました。「〇〇だけ」ではない、〇〇と××の使い分けや連携など、ひとつだけやっていればいいという時代は終わりました。これからは複合型の情報発信力が必須になってくると思います。

Jimdo
Jimdo

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク