ホームページを開設した後にもコストがかかります

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページのリニューアルには費用と時間がかかります

ホームページ開設の相談をお請けするときに思うのが、ホームページの開設費用に関しては関心の高い人が多いけれどホームページ開設後にかかるコストについては関心が低いと感じることがあります。ホームページは開設して終わりというわけではありません。開設したら維持するためにコストがかかります。

ホームページは開設して終わりじゃない。ホームページは育てていくもの、です。
ホームページは開設して終わりじゃない。ホームページは育てていくもの、です。
ホームページは開設までも大切な時間ですが、開設後のほうが関心を高く持って取り組む必要があります。ホームページを開設してはじめてスタートラインに立つのです。
スポンサーリンク

ホームページ開設方法について

ホームページを開設する方法は、ホームページ制作会社やわたしのようなフリーランスに依頼して制作する以外に、ホームページ作成サービス(JimdoやWix、Ameba Owd、グーペなど)を使うことで専門的知識や経験などは不要で開設することもできます。詳しくは別記事にまとめました。

ホームページ作成サービスについて考える
ホームページ作成サービスについて考える
ホームページをブラウザ上で作成・開設できるサービスがどんどん増えてきました。ホームページ作成サービスのメリット・デメリットについて書かせていただいています。

その他にもホームページを開設する方法はたくさんあります。便利な時代になったなと思います。このような時代になりましたから、開設費用を大きくかけることなくホームページを所有することができます。一昔前には考えられないことではないでしょうか。

ただ、ホームページの開設自体の費用を抑えることができたとしても、開設したホームページを維持するためにはそれなりのコストが必要になります。逆に言えば、ホームページを開設するコストも維持するコストも「0円」にしたいというのであれば、無料のホームページ作成サービスを使って自身でホームページを開設するしか方法はないと思われます。

無料のホームページ作成サービスを使ってホームページを開設するときに考えておいてほしいこと

無料のホームページ作成サービスを使えば、開設コストも維持コストも「0円」、あとはご自身の頑張り次第、なのですが、いくつか考えておいてほしいことがあります。

無料のホームページ作成サービスは未来永劫、無料であるとは限らない

これはインターネット上にあるさまざまな無料サービスにも言えることですが、ずっと無料で使い続けられるとは保証がありません。有料サービスへ移行されるかも分からないし、ひどいときはサービス終了ということさえあります。

ホームページに使っていた画像などのコンテンツを取り出すことさえできない場合も考えられますし、バックアップさえ取ることができないところもあります。くれぐれも使用したデータはご自身でバックアップを取り、できればホームページを印刷しておかれることをおすすめしたいと思います。

無料であるがゆえに機能制限がかかっている

特に制限がかかっているのがホームページをより多くの人に見てもらうために施すものが制限されていることが多いです。先ほども書きましたが、バックアップが取れないというところもあります。有料なら使えますよという説明も多くありますので、開設前に必ずできることとできないことの確認をしてもらいたいと思います。

ホームページを開設すればメールフォームを利用したいという人がいると思いますが、メールフォームも決まった形しか使えないこともあるので、メールフォームがほしいという人はどの程度、カスタマイズができるかということは知っておく必要があると思います。

無料のホームページ作成サービスはいつサービスが終了するかは分からない

これも無料のホームページ作成サービスに限らず、サービスがいつ終了するかは分からないといったところが事実としてあります。ずっと無料で使い続けられるかもしれないし、いきなりサービスを終了しますと言い出すかもしれない。そういうリスクがあることも念頭に置いておいてほしいなと思います。

ホームページを開設するなら独自ドメイン&レンタルサーバの契約をおすすめしたい理由

ホームページを開設するならこういう仕事をしていることもありますが、できれば独自ドメインを取得し、レンタルサーバを契約してホームページを開設する方法をおすすめしたいと思っています。

独自ドメインを取得するメリット

独自ドメインを取得するメリットとして挙げられるのは、一度取得すれば使用料を支払い続けている限り、ずっと使い続けられるという点。レンタルサーバを変更してもドメイン種別にはよるけれどたいがいの独自ドメインは移行することが可能です。

ホームページを開設したらチラシやパンフレット、名刺やショップカードにURLを記載しますが、ホームページ作成サービスを使うとURLが長くなりやすいです。URLが長いと、直接打ち込んでホームページを見ようとする人はそれほど多くはないかもしれません。

また、独自ドメインを取得しておけばURLはずっと同じなので、チラシや名刺などに書かれたURLを変わらず使い続けられます。

無料のホームページ作成サービスでもこの独自ドメインを使うことができます。独自ドメインを使って無料のホームページ作成サービスでホームページを開設すれば、独自ドメインの維持コストはかかりますが、それ以上の費用を掛けずに済みます。

ちなみに、独自ドメインを取得するにはドメイン管理会社と契約をする必要があります。有名どころで言えばお名前.comや、ムームードメインあたりでしょうか。

ドメイン種別はたくさんありますし、種別によってかかる費用が違ってきます。ムームードメインなら約1,000円/年程度で取得できるドメイン種別もあります。ムームードメインは初年度、割引を受けられますが、次の契約更新時は割引が適用されませんので割引されていない費用を確認することをお忘れなく。

独自ドメインを取得するデメリット

独自ドメインを取得した時も維持するにも費用がかかるというところをデメリットのなかにいれてよいものかとは思いますが、他にも管理しなくちゃいけないという点も合わせると多少知識が必要になる場面があるかもしれません。

サーバを変更すればドメインの移行(移管)作業が必要になり、それなりに面倒というか専門用語みたいな文言が並ぶ画面を見ると難しそう…という印象を持つ人がいるかもしれません。

レンタルサーバもいろいろあります。自分がホームページを使ってどんなことをしたいかを明確にしてから選ぶようにしましょう

ドメインの移管は先ほども書いた通り、ちょっと面倒です。なので、できるだけ契約の前にホームページ開設者のあなた自身が、ホームページを使ってどんなことをしたいかということを明確にしてからレンタルサーバを選ぶようにしましょう。

ちなみに、ムームードメインというドメイン管理会社と同じ親会社が運営しているロリポップ!の場合、100円/月額(長期契約の場合)~2,000円/月額とプランがあります(税別価格)。

レンタルサーバの月額利用料は安ければ安いほどコストがかからないように見えますが、安いと安いなりにアップロードできるデータの容量制限があったりメールフォームなどプログラムを必要とする機能が使えないことがあります。

ロリポップ!ならスタンダードプラン(月額500円※税別)あたりがおすすめかなと個人的には思います。ムームードメインで年額1000円程度(税別)のドメインを取得し、ロリポップ!でスタンダードプラン(月額500円/税別)でレンタルサーバを契約すると、年に7,000円程度のコストがかかる計算になります。

飲食店などの店舗を経営されているならグーペもおすすめ

飲食店などの店舗を経営されている方なら、グーペというサービスがあります。グーペは通常プラン、ビジネスプラン、DXプランとあり、さらに1ヶ月、3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月と契約期間を選ぶことができるようになっています。

料金案内 - ホームページ作成・ホームページ制作サービス「グーペ」
グーペの料金、お支払いについてご案内します。無料のお試し期間は15日間です。

また、グーペにはテンプレート(無料・有料あり)があるのでそれを選んでブラウザ上でホームページを作成することができますので、メールの送受信やブログ投稿の経験があれば見た目の整ったホームページを作成することができます。

テンプレート - ホームページ作成・ホームページ制作サービス「グーペ」
グーペではあらかじめ用意された多数のデザインバリエーションをご利用いただけます。もちろんHTMLやCSSの知識がある方は、フルカスタマイズを行う事も可能です。

どのプランでもネットショップが作成できます。SSLオプションが追加できますのでお客様が入力された情報をSSLで暗号化することで信頼を得ることができます。SSLオプションは別途1,000円/月額・税別が必要ですが、ビジネスプランを契約すると無料で使うことができます。

独自ドメインも月額300円(税別)~1,000円(税別)を負担すれば、グーペ内で取得することもできます。独自ドメインの持ち込みもできます。

グーペでホームページを開設するとすれば、DXプランで12ヵ月の契約期間だとして12,000円/年額・税別となります。SSLオプションを付ければ24,000円/年額・税別。

ホームページの維持にかかるコスト。忘れがちなのは

と、今まで書かせていただいたのは毎月または年単位で発生するコストでしたが、ホームページを開設していれば必要になる修正や加筆、見直しなどの費用も発生してきます。

全部ご自身でやるよという人は考える必要がないかもしれませんが、そうではなく、自分以外の誰かに作業をしてもらうのであればそこには対価が発生してきます。

ホームページ開設をホームページ制作会社やフリーランスの人にお願いした場合、続けて面倒をみてほしいと思うならそこには毎月もしくは案件発生時にコストが発生します。

専門の人に頼まず身内や友人、知り合いに頼むという人もいるかもしれませんが、無償でというのはあまりないのではないかと思います。

ここで注意!身内や友人、知り合いなどにお願いする場合、無償でいいよと言われてもちゃんとビジネスとして請けてもらったほうがいいと個人的には思います。というのも後からトラブルが発生するということがよくあるからです。

この「人」に対するコストを考えていない人が意外と多い。簡単そうに見えるかもしれませんが、意外と面倒なこともあったりするのがホームページの維持。1文字何かを削除しただけでホームページがインターネット上から消えることもあるのです。意外と繊細な制作物なのです、ホームページというものは。

ホームページの開設を依頼した人にそのまま続けて面倒を見てもらうに越したことはありません。ホームページの制作を依頼するときには必ずどこまで面倒をみてもらえるのか、その際の費用の発生方法などについて必ず確認し、書面にしてもらっておきましょうね。

この手の話をおざなりにしたことでのトラブルに結構出くわしています。中には大揉めに揉めたという話もあります。書面にしておかずに口約束にしていたせいで言った言わないの大騒ぎになった事例もあるので。

わたしの場合、年間で管理費用として費用をお預かりすることもありますし、案件が発生したときに見積もりを出してとその都度のやり取りをしているお客さまもいらっしゃいます。

ホームページを維持していくための費用についてのまとめ

ハード面の費用も大事ですが、ソフト面の費用も別途見積もっておかなければなりません。ソフト面の費用をかけられないのならご自身が頑張るしかないのかもしれません。だとするなら、ホームページを更新しやすいよう、管理しやすいような方法で開設するようにしておかないといけません。できれば3年ほどホームページ運用計画を立てられることをお勧めします。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
ホームページを開設した後にもコストがかかります
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク