DreamWeaverを使ってホームページをリニューアル。DreamWeaverを使った理由。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、Jimdoを使ったホームページ開設のご依頼が多かったのですが、久しぶりにDreamWeaver(ホームページ作成ソフト)を使ったホームページ制作(リニューアル)を担当しました。実はある程度ならタグレベルで制作できます(という小さなアピール)。

スポンサーリンク

【相談】担当者がいなくなるのでホームページの更新ができない

その団体には自称ITに詳しいという担当者がいました。ところが突然、その団体を辞めると言い出したそうです。担当者以外、ホームページを更新できるスキルがなかったのです。

現在公開しているホームページを更新できるように指導していく形でもいいのではないかと相談をお受けした時には思っていました。しかし、ネックになったのがこの担当者以外がITに苦手意識を持っておられたこと。とてもじゃないがそんなことはできないと頑なに拒否をされました。

それと、一番強く言われたのが、「ホームページの見た目が古臭い(これは相談者の主観です)からリニューアルしたい」でした。つまり、この際、ホームページを作り替えてもらいたい、でも更新管理はできない、そういう内容でした。

リニューアルまでの流れ

現在のホームページを見直し、問題点を洗い出す

現在のホームページを見直してみると、古臭いという意味が少しわかりました。

ホームページの情報が1枚に詰め込まれ過ぎている印象を持ちました。tableというタグを使い、その幅を指定しているため、パソコンよりも小さい画面では文字サイズが小さくて読みづらくなってしまいました。ナビゲーションメニューも同じく小さくなっていて操作しづらい。

さらにいえば、ナビゲーションメニューにはないページが多数あり、そのページへ行くための手段があまりにも少なく、見てもらえていないページがたくさんあることも分かりました。

現在のホームページを見直した結果、デザインが古臭いというわけではなくて制作方法が昔のパソコン画面に合わせて作ってあるため、現況のパソコンやスマホ、タブレットで表示するには少し見づらいことが分かりました。もうひとつは情報が散乱していることが問題点として挙げられます。これは一度情報を整理し仕分けする必要があります。

それと、PC環境は担当者がおられただけあって最低限整っています。ドメインとレンタルサーバの契約ももちろんあります。ドメインが変わることは印刷物や掲示物の関係上難しいということと、担当者以外にホームページを更新するスキルがないということが分かりました。

というわけで、得意の(Jimdoを使ったホームページ開設)方法は使えないと判断し、こちらでDreamWeaverを使ってホームページをリニューアルし、更新のたびに費用をいただくことにしました。

ホームページのリニューアルに向けての作業

本来であれば、FTP情報をいただいてこちらからレンタルサーバ内に入って…という作業をするのですが、FTP情報は外に出せないということなので、ホームページのデータと写真の元データを受け取りました。※FTP情報をお預かりするときは必ず文書で機密保持契約を結びます

まずは、散在している情報を集めて分類するところからスタートです。実はこれが一番手間がかかります。全てのページを読んでみると同じような情報が別々のページに散らばっていることが分かってきます。もちろんまとめたものを先方に確認していただくことも重要です。

その分類を使ってサイトマップを作成します。画面がどのように移っていくのか、どのページとどのページが繋がっているのかを図に示します。

次に、ワイヤーフレームといって、ホームページの下絵を作ります。トップページとその他のページ、お問い合わせページなど主要なページのレイアウトを作り、先方に確認していただきます。この時点で写真データを受け取っていたのでワイヤーフレームに差し込んで制作しました。

といってもまだホームページには一切取り掛かっていません。細かい部分の修正は後でもできますが、大枠のものほど後からの修正は難しいのです。なので、この作業をしっかり終えることができてからじゃないとホームページのデータを触ることはしないのです。

ゴーサインが出たらいよいよホームページリニューアルにかかります。やっとDreamWeaverを使うときがやってきました。

今回のホームページリニューアルについて考えたこと

ホームページのリニューアル、これ実は開設より大変です。ホームページをリニューアルしたいと思ったらでも書きましたが、白紙の状態から作り上げるほうが自由がきくというか、そんな感じがします。ところが、開設した後作り替えるというのは今まで得ていたアクセスを得られなくなるかもしれない可能性が否定できないのです。だから、ホームページを開設するより、リニューアルするほうがずっと神経を使うのです。

だからこそ、リニューアルを依頼するときはそのあたりを十分に理解してもらえたら制作者として嬉しいなと思う気持ちを最後に書いて終わりとしたいと思います。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク