ホームページをリニューアルしたいと思ったら

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページを開設して数年くらい経つと、ホームページをリニューアルしたいと思うようになります。ホームページをリニューアルしたいと思ったら考えてほしいことを少しまとめておきます。

スポンサーリンク

ホームページのリニューアルを考えるきっかけは?

ホームページの見た目の古さが気になる

ホームページにも流行りすたりのようなものがあり、ホームページを開設した当初は最新のものだったとしても数年経てば、競合他社のホームページに比べて古く感じることがあります。

ここ数年の間に、ホームページを開設する手法も言語も変わりました。ホームページを見る端末もパソコンだけに限らずスマホやタブレットなどが増えました。

そして、インターネット回線もどんどん高速化しています。数年前までは画像の重さには注意を払って制作していたのですが、現在はさほど気にしなくても大丈夫になりました。

見た目が古く感じるホームページは、情報も古いのではないかと思われがちです。そうなってくると、ホームページを作りなおした方がいいと考え始めるようです。

ホームページが最新のブラウザに対応していない

ずいぶん前によく見られたFLASH、皆さんご存知でしょうか。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このFLASHファイルはiOSブラウザでは見ることができません。

FLASHだけに限りませんが、最新のブラウザやスマホやタブレットによって閲覧できないファイルがあるので、せっかく訪れてくれた人がいても中身を見ることができない、そういう事例が多くあります。

追記・修正を繰り返したため複雑な構成になってしまったホームページ

長期間ホームページを運用している方なら覚えがあると思うのですが、最初は数ページだったホームページが年月が経つにつれて必要なものをどんどん追加していき、開設者自身もどれだけのページ数があるかを把握できなくなることがあります。

例えが単純ですが、家を増築・改築していくような感じでどんどん部屋が増えていくような感覚といえば伝わるでしょうか?

ページを追加していくこと自体は難しい作業ではないです。が、ページを追加すればすべてのページとつなげなければならないという作業が生じます。それが面倒だからとトップページにボタンやバナーを設置し、そこからの直リンクだけというホームページをよく見かけます。

単発で期間限定のページならそれでもよいかとおもいますが、そうでなければホームページを構成するすべてのページと行き来ができるようにしなければなりません。

膨張してしまったホームページの内容を一度ブラッシュアップしたい、それもホームページをリニューアルしたいと考えるきっかけになります。

ホームページのリニューアルを効果的なものにするために

現在のホームページの問題点を探る

ホームページをリニューアルしたいと考えたきっかけがあると思います。いろいろ難しい判断にはなりますが、例えば、アクセス解析を使ってご自身の持つホームページの問題点を探る方法があります。ホームページからのお問い合わせが思ったより伸びないとか、実はスマホで閲覧する人のほうが多いとか、アクセス解析を行うことでホームページの現状を数値的に図ることができます。

そのうえでホームページの問題点を探る。問題点を見つければ課題がはっきりしてきます。課題がはっきりすれば手段が見つかります。

ホームページの中身をブラッシュアップ

膨張してしまったホームページの内容をブラッシュアップしましょう。

  • 同じような内容でいくつもページが作られていないか
  • 表現は古くなっていないか
  • 文章だけで表現されているのが分かりにくいと感じたら図表を用いてみてはどうか
  • 写真を撮影しなおしたほうがいいのではないか
  • ホームページの開設目的にあった構成になっているか
  • 分類が細かくなりすぎていないか
  • 検索してほしいキーワードでの流入があるか
  • 盛り込みたい機能がないか
  • 同業他社のホームページを参考にする

ホームページをリニューアルすると決めたら確認しておいてほしいこと

ホームページをリニューアルすると決めたら、確認しておいてほしいことがあります。

既存のホームページの制作者は?

ホームページを開設した制作者を確認しておきましょう。この制作者にお願いすれば、コミュニケーションを取る手間が省けそうです。

ただ、ご自身がこんな風にしたいという機能や技術を持ち合わせていないと分かれば別の業者を探す必要が生じるかもしれません。

現在は、自分で作成できるホームページ作成サービスやCMSもありますので、自分で作るという選択肢もあるかもしれません。

既存のドメイン・サーバーの管理は誰がやっているのか

ホームページ開設時の契約内容にもよりますが、ホームページをリニューアルしたいときには、ドメインやサーバの管理も含めての費用になっていることがあるので、契約書などで確認をしておいてくださいね。

ホームページのリニューアルの相談をお請けしたときにあった話なのですが、ドメイン・サーバーの管理をホームページ開設時に制作を依頼した業者さんにお任せしていたことを理解できていなかったのか、ドメインを渡せないというような発言をされたというものがありました。

ホームページのリニューアル費用。見積書をよく見て

これも以前にあった話なのですが、あるトラブルがあって契約内容を確認しようと受け取った資料などを見せてもらったときなのですが、見積書も請求書ももちろん納品書もすべて「ホームページ一式」とだけ記載されていました。

おまけに契約書は一切なく、保守契約についても確認が全く取れない状態で。費用だけは毎月発生していたらしく、言われるとおり支払っていたという…。

これは極端な例だと思いますが、これに近しいものは時々見られます。ホームページ制作に限らず言えることですが、費用だけで判断せず、中身をしっかり見てほしいと思います。

ホームページの制作には時間がかかる。もちろんホームページのリニューアルも、です。

ホームページをリニューアルするというのは、ホームページを新規に開設するより、制作を依頼する側も依頼される側もいろいろと考えなければならないことが増えます。

なので、必然的に時間がかかってしまいます。余裕を持ったリニューアル計画を立てたほうがいいと思います。

というのも、既存のホームページがあるからそれを組み替えるだけだろう、と思われがちですが、実際は組み替えるだけで済むことはほぼありません。

文章などは使い回すことはできますが、画像はそうはいきません。ホームページ用に加工された写真しかないという場合、いくらホームページをリニューアルしても写真が変わっていないのでリニューアルしたようには見えなかったりします。

そうなれば再撮影が必要になるので、それらも考えて余裕をもった計画を立ててもらったほうがいいと思います。

ホームページのリニューアルを考え始めたら

まずはご自身で既存のホームページのどこに問題点があるのかを検討してもらうほうがいいと思います。それから、いろいろな端末でホームページを見てみることも忘れないでください。

気になるところはメモしていただければありがたいですし、欲を言えばこういうふううにしてほしいと他者のホームページをいくつかピックアップしてもらって、気に入ったところを書き出しておいてもらえるとより助かります。

なんだか最後はお願いっぽくなってしまいましたね。今日はこれくらいで終わりたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット
ホームページをリニューアルしたいと思ったら
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク