ホームページをリニューアルしたいと思ったら

このページにたどり着いた方の中にはホームページをリニューアルしようかなと考えておられる方もいらっしゃるのではないかと思います。実は、開設するよりもホームページをリニューアルするほうが難しいのではないかと思うことがよくあります。今日は、ホームページのリニューアルするときに考えてほしいことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ホームページのリニューアルを考えるきっかけ

「見た目が古くなった」

ホームページのリニューアルを考えるきっかけとして「ホームページの見た目が古くなった」というのが一番多く寄せられてきます。

ホームページというものにも流行のようなものがありますし、言語自体も進化しています。ホームページを見る端末がパソコンだけだった時代から今ではスマホやタブレットといった新たな端末も登場しています。

いろいろな端末からホームページを見た時にレイアウトが崩れるとか文字が見えづらいとかそういった理由でホームページのリニューアルを考え始める方が多いようです。

進化したブラウザにホームページが対応しきれていない

ずいぶん前によく見られたFLASH、皆さんご存知でしょうか。ご存知の方もいらっしゃると思いますが、このFLASHファイルはiOSブラウザでは見ることができません。

ホームページを構成する言語であるHTMLは、HTML5というものが登場し、多くのホームページはそれに順次対応させていっていますし、ブラウザ自体もそれを解釈することで多くの操作性を実現させてもいます。

ホームページの内容が煩雑になってしまった

長期間ホームページを運用している方なら覚えがあると思うのですが、最初は数ページだったホームページが年月が経つにつれて必要なものをどんどん追加していき、開設者自身もどれだけのページ数があるかを把握できなくなることがあります。

例えが単純ですが、家を増築・改築していくような感じでどんどん部屋が増えていくような感覚といえば伝わるでしょうか?

ページを追加していくこと自体は難しい作業ではないです。が、ページを追加すればすべてのページとつなげなければならないという作業が生じます。それが面倒だからとトップページにボタンやバナーを設置し、そこからの直リンクだけというホームページをよく見かけます。

単発で期間限定のページならそれでもよいかとおもいますが、そうでなければホームページを構成するすべてのページと行き来ができるようにしなければなりません。

膨張してしまったホームページの内容を一度ブラッシュアップしたい、それもホームページをリニューアルしたいと考えるきっかけになります。

ホームページのリニューアルを効果的なものにするために

現在のホームページの問題点を探る

ホームページをリニューアルしたいと考えたきっかけがあると思います。いろいろ難しい判断にはなりますが、例えば、アクセス解析を使ってご自身の持つホームページの問題点を探る方法があります。ホームページからのお問い合わせが思ったより伸びないとか、実はスマホで閲覧する人のほうが多いとか、アクセス解析を行うことでホームページの現状を数値的に図ることができます。

そのうえでホームページの問題点を探る。問題点を見つければ課題がはっきりしてきます。課題がはっきりすれば手段が見つかります。

ホームページの中身をブラッシュアップ

膨張してしまったホームページの内容をブラッシュアップしましょう。同じような内容でいくつもページが作られていないか、表現は古くなっていないか、文章だけで表現されているのが分かりにくいと感じたら図表を用いてみてはどうか、写真を撮影しなおしたほうがいいのではないか…など。

また、ホームページ開設の目的にあった構成になっているかどうかという点も考慮しましょう。例えば、ホームページからお問い合わせがほしいと思っているのにそこへ至る手順がワンクリックではいかないようになっているとか。

情報というのは分類化されているほうがよいですが、その分類が細かくなりすぎてしまうと閲覧者が目的のページにたどり着く前に離脱する恐れがあります。また、ホームページには階層というのがありますが、階層が深くなり過ぎていても閲覧者の手間が生じ、目的のページまでたどり着く前に離脱されてしまいます。

それらをすべて考慮にいれて、ホームページの構成を考えていかれるとよいでしょう。

ホームページをリニューアルすると決めたら確認しておいてほしいこと

ホームページをリニューアルすると決めたら業者への依頼となりますが、現存のホームページを制作してくれた業者さんへの依頼もあるでしょうし、別の業者さんへの依頼を考えることもあると思います。

その時点で確認しておいてほしいことは、ドメインやサーバについてです。契約内容にもよりますが、そのあたりを確認せずに依頼されるお客様が非常に多くいらっしゃいます。ホームページをリニューアルしたいときには、ドメインやサーバの管理も含めての費用になっていることがあるので、契約書などで確認をしておいてくださいね。

それからこれは個人的意見なのですが、費用だけで判断するのは早計です。どこまで面倒を見てくれるのか、依頼する業者さんとしっかり詰め、契約書などで示してもらいましょう。

ホームページをリニューアルするというのは、ホームページを新規に開設するより制作者側も多くのことを考える必要がありますので時間を要します。余裕を持ったリニューアル計画を立てたほうがいいと思います。

それとこれはホームページを新規に開設するにしても、ホームページをリニューアルするにしても同じことがいえますが、制作者側とのコミュニケーションを密に取るようにされるとリニューアルに失敗することが少ないような気がします。

ホームページのリニューアルは単純に作り直せばいいというものではありません。ましてや、ちょっと直せばいい、というものではありません。先ほども書きましたが、せっかく育ったホームページに手を入れるというのはプランニングにいちばん時間を要します。これを怠ると、せっかくホームページを費用をかけてリニューアルしたにも関わらず、目的を達することができないという誰も喜ぶことができない状況になってしまいます。

本業があるうえにホームページをリニューアルするというのは、依頼される方にとっても少なからず負担が生じるものです。制作者側もそのあたりは十分に理解していますが、コミュニケーションが不足するとホームページのリニューアル自体がうまくいかないことも十分に考えられます。

そのあたりをよく考えて、業者さんとのコミュニケーションを密に取り、ホームページのリニューアルがお客様にとって有益なものになるよう、このページが少しでもお役に立てればと思います。

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ホームページをリニューアルしたいと思ったら
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!