【お仕事】ホームページのリニューアルをお請けしました

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ホームページのリニューアルを考えるきっかけで一番多いものは

数年前にご依頼いただき、制作させていただいたホームページのリニューアルをお請けし、ただいま絶賛制作中です。

スポンサーリンク

ホームページはページを増やすだけではダメなのです

今回のリニューアルは自分で制作したホームページのリニューアルなのですが、前回ご依頼いただいたときは、「ホームページを作ることができる」というスタッフさんが制作したというホームページを一新する、というご依頼でした。

技術があればホームページ自体は作れるけれど…

以前から、「うちのホームページ見てもらってもいい?」と声をかけていただいてはいたのですが、そのスタッフさんが退職されるということで早々に対応が必要になったということでホームページを見させていただく(中身、ですね)ことになりました。

本音を書けば「な、なんなんだ…、これは…」でした。

ホームページは全体像を考えてから直さないと見る人が『迷子』になる

たぶん、作ってと言われて作ったホームページをボタンやバナーで繋いだんだろうなと想像できる構成になっていました。

家に例えると、導線や全体像を把握せずに必要に応じて増築を繰り返した状態。

ページを渡り歩くことができずに行き止まりが。見たいページにたどり着く導線も途切れていました。

ホームページの長さも大切な要素。長過ぎると見る人が途中で離脱する

あとは、継ぎ足した結果、1ページが長くなってしまっているところがありました。メニューにたどり着くにはページを上にスクロールして、じゃないといけなかった。

同じ内容がホームページ全体に点在するのも、見る人が迷う原因

それから、同じような内容(コンテンツ)が複数存在しました。それ自体がいけないということではないのですが、いま現在どこのページを見ているのかが正直分からない。

ホームページ制作ソフトを使うデメリット。独自のタグが入ってしまう

あとは、専門的な話ですが、不要なタグが無数にあった。それから、使う必要のないタグを見た目という点だけで使用しているところも数多くあった。

まずはコンテンツの内容をじっくり読む。それがホームページのリニューアルの鉄則

といいつつ、掲載されているコンテンツは積み上げてきたものがしっかりと分かる内容です。それをうまく生かせるようにするには

  • ホームページ全体の画面構成を再考
  • コンテンツのリライト

が必要。ホームページのデザインは後回しにしてまずは「ホームページを使って伝えたいこと」と「ホームページを見る側に合った導線・構成を考えること」から始めました。

ホームページをリニューアルするタイミングは?
ホームページをリニューアルするタイミングは?
ホームページを自分で制作するにせよ、ホームページ制作業者やフリーランスに依頼して制作したにせよ、作りっぱなしのホームページというのは良いもの...

お請けしたホームページは、掲載されているコンテンツ(文章量も含め)が非常に多いものでした。1ページずつ印刷して、文章を読み直しリライトしていく作業にずいぶん時間を費やすことになりました。

ホームページを作る側の思いと見る側の思いは全然違う。第三者目線が大事

それと並行して、ホームページを見る側に立ってホームページの内容を見直しました。ホームページを見てくれる人は何を目的としてこのページに来てくれているのか、アクセス数もあわせて依頼者とお話をしながらの作業でした。

制作者と依頼者のコミュニケーションは大事です。お任せは絶対にダメ!

これにも時間はかかってしまいましたが、このやり取りには思わぬ効果もありました。一緒に作業を行う中で依頼者の思いに触れ、どういう風に表現すればいいかという指針のようなものが、いつも以上にはっきりと、骨格が見えるというのでしょうか。

これらの作業には予想以上に時間がかかってしまったのですが、お互い満足のいく作業となり、制作に取り掛かってから完成に至るまでの時間は通常より短縮されました。

ホームページのリニューアル。今回の課題は?

そうやって制作したホームページですが、先方がリニューアルを考えられたきっかけは、新規事業の立ち上げでした。

現在のホームページにページを追加するという流れでもよかったのですが、こちらの場合、事業ごとにホームページを持たれていて、それらをその事業の担当者が管理されている状態で。

この担当者ごとにスキルが異なるため、ホームページに統一性がないというか、同じ事業体の中のものだとホームページを見てくれた人が感じづらいのと、更新頻度に差があるのも課題とされていました。

加えて、前回のリニューアル後に登場したSNSを利用するスタッフが増えたこと、閲覧環境を調べてみてもスマホユーザーがパソコンユーザーを上回る現状を合わせて考えると、現状のホームページを維持するよりも、すべての事業を一元管理し、情報をひとつにまとめたほうがいいのではないかと。

そこで、今回のリニューアルに向けて以下のことをご提案させていただきました。

  • 複数の事業を一元管理して統一性を持たせる
  • あくまでもホームページは母艦。最低限の情報を掲載する
  • 事業ごとの状況はSNSやブログ機能を合わせて発信する
  • SNSを利用するスタッフの教育を行い、自発的に発信できる仕組みを構築する

というわけで、ただいま母艦となるホームページを鋭利制作中です。併せて、スタッフのSNS利用者の洗い出しとその教育に向けての計画も同時進行中です。

情報発信が負担になっては元も子もないです。誰かがいなくちゃ更新できないという仕組みではなく、誰もが発信できるようなプログラムを作ることも大切なお仕事かなと思います。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

【お仕事】ホームページのリニューアルをお請けしました
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク