ホームページのコンテンツ設計。コンテンツの持つ役割を考えて

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームページをいざ作ろうと思ったとき。コンテンツ(各ページを構成する要素)はどんなものが必要だろう…。初めてホームページを作るときは考えるところです。

何が必要で何が不要なのか。ホームページのコンテンツ作りのヒントを今日は書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ホームページを構成する要素、コンテンツ作りに時間をかけよう

まず、同業他社のホームページが参考になります。これはきっと誰もが思うことではないかと思います。といっても、最初から飛ばし気味にあれもこれもとページにしてしまうとあとからの修正が結構大変です。

たとえばご商売をされている場合、必要なコンテンツはなんでしょう。お店の情報や連絡方法、あとはお店にたどり着くまでの道のりが分かる地図のようなものでしょうか。

ネット販売が目的なら、詳細な情報が必要になりますね。誰が経営しているのか、誰がネット販売を担当しているのか、支払い方法や返品方法、個人情報を扱うのでそれについても記載が必要です。

もしかしたら採用情報なんかも必要かもしれません。ネット予約が必要かもしれません。挙げだしたらきりがない感じがしますね。

ホームページで達成したい目標は何か。目標に合わせてコンテンツを拾い出す

わたしがホームページを作らせていただくときには、同業他社のホームページを参考に必要なページを見出し感覚で取り出します。

それらを付箋に書いて、同じページにするか単独にするか。単独にする場合は階層はどうする?などをささっと組み立てるところから始めます。

ちなみに階層とは、イメージしやすいのはパソコンのフォルダでしょうか。フォルダの中にフォルダを作り、ファイルを整理するあの感覚です。

ホームページを作成するとき、わたしの場合は深くても3階層までにしています。といっても平均すれば圧倒的に2階層が多いですが。あまり細かく分類し過ぎてしまうとリンクが深くなり過ぎてややこしいことになりがちなので、個人的には気を付けているところです。

ホームページの1ページにはコンテンツを詰め込み過ぎず、少な過ぎず

最近はスマホでホームページを見る人が多いので縦に長いページは避けるようにしています。スクロールしないと目的の部分にたどり着くまでに時間を要してしまうので、離脱されやすくなるからです。

かといって、ホームページのコンテンツを細かく分け過ぎるのも見てくれた人に「これだけ?」と思われることもあります。この場合、またリンクを辿って別のページを見る必要があるからホームページを見ている人の側からするとクリック(またはタップ)が何度も必要になるので、面倒だなと思われ、離脱されやすくなってしまうかもしれません。

ホームページのコンテンツ間の導線をしっかり考えよう

実は、ホームページのデザインというのは二の次で、このコンテンツを整理、分類するのが一番大変で、一番重要な作業なのです。

ホームページを訪れてくれた人が辿りやすい導線を作ってあげる。

これができていないホームページでは、目的の場所にたどり着く方法を感覚ではなく考えてアクションを起こさなければなりません。せっかく良いホームページ、コンテンツを作成できていてもこの導線がしっかりできていないと、ホームページに来てくれた人には目的のものが見つかりにくくなりますし、ホームページ開設者であるあなたも読んでほしいページを読んでもらえない可能性だってあります。

ホームページを継ぎ足していくと…

取り急ぎホームページを簡単に作って、こんな言葉で依頼されることもしばしばあります。ホームページをとにかく開設して、足りなかったら後から足せばいいというのはあまり良いものではありません。

ホームページというのはブログと違って、ページを追加するたびに追加したページと既存のページをリンクさせる作業が発生します。もしもリンクし忘れるとそのページは迷子になってしまいます。

ページ内の修正や追記ならそんな作業は必要ないのですが、ページを新しく追加する、これはできるだけ避けたいので、そういった意味でもホームページのコンテンツづくり、書きたい記事の分類はしっかり設計してから開設することをおすすめしたいです。

ホームページづくりの第一歩、コンテンツ作りについてのまとめ。

ホームページは作って終わりではありません。作っては直し、直しては反応を見てまた直しを繰り返し、成長させていくことができる。だからわたしはホームページを制作するのを辞められないのかもしれません。

デザインに凝ったホームページは素敵です。目を惹きつけるものがあります。

でも、その中でもしっかりとコンテンツを作り上げていらっしゃいます。デザインというものは見た目を整えるだけじゃない、見栄えのするもののことだけを言うんじゃない。

コンテンツを作り上げていくことも大切なデザインの構成要素だとわたしは思います。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク