ブログやホームページといったら画像は必須。WordPressのプラグインを使ってみた。

ブログやホームページを作るとき、困ることの一つが「画像」ではないでしょうか。素材集を購入したり、写真や素材を購入できるサイトを利用したり。いろいろな手段があると思いますが、画像には著作権や肖像権があるので、ネット上で見つけた画像を自由に使うというわけにはいかないですよね。

スポンサーリンク

写真配布サイトはいろいろあるけれど

無料で著作権フリーだという写真配布サイトもありますが、いったんパソコンに取り込み、WordPressのメディアにその都度アップロードするのが少し面倒だと感じ始めていた時にたまたま見つけたのが偶然にもこのサイトで使わせていただいているテーマ「Simplicity」の作者さんのサイト「寝ログ」の記事でした。

29万もの高品質なライセンスフリー作品の中から写真を手軽に利用できる、WordPress「Pixabay Images」プラグイン【CC0、PD】
「Pixabay Images」というクリエイティブ・コモンズ0やパブリックドメインの写真を手軽に検索して使用できるWordpressプラグインの紹介です。

WordPressのプラグイン「Pixabay Images」をインストールしてみる

Pixabay Imagesというプラグインは、Pixabayという写真配布サイト?の写真をWordpress上で検索し、挿入できるらしい。おまけにありがたいことにライセンスに関しても気にする必要が無いと書いてあります。

インストール方法は、「寝ログ」さんのサイトにガッツリと書いてありますので、省略します。重ね重ねありがとうございます!

参考記事 29万もの高品質なライセンスフリー作品の中から写真を手軽に利用できる、WordPress「Pixabay Images」プラグイン【CC0、PD】

Pixabay Imagesプラグインをインストールしたら設定→Pixabay Imagesへと進み、設定を変更しました。

わたしは写真のみ検索対象としたいので「Photo」を選択しました。詳しい設定方法は参考記事の中に掲載されていますので、ご自身の好みに合う設定を。

投稿画面に戻り、エディタ周辺を確認すると、pixabayというボタンが表示されています。

WordPressのプラグイン「Pixabay Images」を使って見た

検索する言葉は英語のほうがいいと書かれていたので、楽しい→funと入力して検索してみました。検索結果がこちら。

使いたい画像をクリックすると選択した写真と詳細を設定できる画面が表示されます。そのまま何も変更せずに「投稿に挿入」をクリックしてみます。

LoggaWiggler / Pixabay

楽しそうなカエル…って違うか。ちなみに著作権表示をオンにした状態が上の画像です。

挿入する画像のサイズを選択することができるし、アイキャッチに設定するという設定も可能です。サイト自体が外国仕様だからか人の写真は外国の方がほとんどですね。日本語で検索してみましたが、ある程度は探し出してもらえました。

写真配布サイトはありがたい存在です。いつも大変お世話になっています。それがプラグインから呼び出せるというのは、パソコンにいったん取り込んでメディアにアップロードして…という行程を少しだけ縮小できるこのPixabay Imagesというプラグイン、なかなか使い勝手がいいです。

プラグインから呼び出せるというのは、なんともありがたいです。作業工程がずいぶん省略できます。ありがたい、ありがたい。

本当に寝ログさん、本当に本当にいつも良記事を提供くださってありがとうございます!

リンクユニット
ご案内
最後までお読みいただきありがとうございました。 お困りのことなどございましたらメールフォームからお問い合わせください。 仕事内容や使用ソフトなどについてはだぶるしーどのお仕事にてご紹介しております。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ブログやホームページといったら画像は必須。WordPressのプラグインを使ってみた。
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!