WordPressには種類が2つ?!WordPressを使おう!と決めたときに知っておいてほしいこと

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インターネットを使って情報発信をしたい!と考えたときの選択肢については以前ホームページを開設したいときに考えてほしい4つのことで書きましたが、検索をすると、「Wordpress」という文字を見かける機会が増えてきました。みなさんは見かけたことはありますか?

スポンサーリンク

WordPressとは

WordPressというのは、CMS(Contents Management Systemの略称)のひとつです。ある程度形が決まったものですが、「テーマ」というものを導入したり、ウィジェットというものを組み込むことで見た目や機能を変更したり、追加できたりします。

ウェブ上に情報を発信するとき、文字情報だけでは人の目を引くことはできませんね。けれど、このWordpressに代表されるCMSを使うことで、見た目を整えることに時間を割く必要なく、「情報を発信する」ということに注力できるのが大きな魅力じゃないかと思います。

WordPressとブログは違うの?

大きく捉えれば、違いはありません。Wordpressを初期状態で公開すれば、世の中にたくさんあるブログサービスとあまり変わらないのではないかと思います。

ブログサービスの中には、Wordpressとは違いますが、他の種類のCMSを使用しているところもたくさんあります。

ただ、ブログサービスの中には広告が入るものがありますよね。その広告を外すには有料ブログサービスを使ってね、みたいな文言を見かけた人もいるかもしれません。

無料でブログを公開できる代わりに、そのブログスペースに広告を貼らせてね、という感じでしょうか。

広告だけに限らず、無料ブログサービスにはある程度制限がありますね。例えば、容量。無制限で写真をバンバンアップできるところはわたしの知る限り無いかな。ブログでお小遣い稼ぎをしたいと考えても、広告バナーを貼ることができないとか。パソコンで表示したときとスマホやタブレットで表示したときに大きな違いがあるとか。

そうなってくると、無料ブログサービスからこのCMS、Wordpressを使って・・・と考える方が非常に多くなってきたように思います。

WordPressには種類が2つある。

ところが、このWordpress、種類が2つあるのをご存知でしょうか?
ちなみにこのサイトもWordpressを使って構築しています。わたしが構築した流れとあともうひとつ、こちらはあまり知られていないようなので、2つの種類について書いていこうと思います。

WordPressにはインストール型と外部サービス型がある

わたしがこのサイトを構築しているのは、ひとつめのインストール型です。Wordpressというのはプログラムです。このプログラムをわたしが契約しているレンタルサーバにアップロードして、インストールすることでサイトを構築しています。

このWordpress自体は、無料のプログラムですが、レンタルサーバ代とドメイン取得・維持費がかかっています。

WordPressを入手するには、WordPress.orgからダウンロードできます。

ちなみにわたしが契約しているレンタルサーバ(ロリポップ!)には、WordPressの簡単インストールというサービスがありますので、画面で指示されるとおりに操作すればインストールと初期設定が完了します。

WordPressを使うならロリポップ!
簡単インストール完備で楽々スタート!

もうひとつの方法は、外部サービス。WordPress.comというサービスに会員登録をして利用するタイプです。こちらは、無料ブログサービスと同じ流れになりますね。

WordPressを無料で使いたいという方なら、このWordPress.comに会員登録をして利用することができます。といっても、WordPress.comは、4つのプランがありまして、無料で使えるプランもあれば、月々料金を支払って(年払いです)利用できるプランもあります。

WordPress.comの価格については、WordPress.comプランのページをご覧ください。

WordPress.comについてちょっとだけ調べてみた

無料のプランだとサブドメイン形式になるので、アドレスがhttp://〇〇〇.wordpress.comとなりますが、有料プランだとhttp://〇〇〇.comとなるようですね。〇〇〇のところは任意です。※ただし、誰かが取得済みだと任意のものが取得できません

無料プランはWordpressの広告が表示されますが、有料プランは広告を外すことができます。テーマも無料のものが初めからいろいろあるみたいですので、選ぶのが大変そうです。

ただし、CSSといって、見た目を整えるためのものが基本的にはカスタマイズできないようになっています。それから、Wordpressをカスタマイズするのにプラグインというものを追加する方法がありますが、プラグイン自体を追加することは制限されていますが、ある程度のものは実装されているようです。

そこまで求めません!という方なら選択肢に加えてもいいかもしれません。

まとめ。

無料ブログサービスでは物足りなくなってきたという方にはひとつの選択肢としておすすめしたいWordpress。ただ、Wordpressといっても種類が2つあるよということについて書かせていただきました。

ちなみに、このサイトではありませんが、わたしが開設している別のサイトの場合の費用について書くと、レンタルサーバ代が月額540円(税込)×12か月分、ドメイン維持費が年間1000円程度なので、年間8,000円弱のコストがかかっている計算になりますね。

ということは、Wordpress.comのプランを利用したとしたら、パーソナルプランくらいのコストか…。ま、いろいろカスタマイズしているんで、パーソナルプランでは物足りないだろうなと考えると、レンタルサーバ代とドメイン維持費を負担してる今の状態の方がお得?かな。

最後までお読みいただきありがとうございます。

使用ソフトや仕事についてはだぶるしーどのお仕事、セミナー講師・インストラクター実績についてはセミナー講師実績に掲載しております。ブログ・SNS運用でお困りの方、ウェブサイト制作についてのご相談などのお問い合わせはメールフォームからお願いいたします。

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

WordPressには種類が2つ?!WordPressを使おう!と決めたときに知っておいてほしいこと
この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク