思いの強さ。価値観の違いを受け入れる。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「分かってほしい」と「分かってくれなくてもいい」

相反していますが、伝えたい思いが強い人、強過ぎる人ほどこの傾向が強くなる、ライティング取材を通じてよく感じます。

スポンサーリンク

思いの強さが言葉を高圧的にしてしまうことがある

彼女はある取り組みを精力的に行っている人でした。いつも「聞いて!」「分かって!」と、なんて表現していいのか分かりませんが、前のめり感のある人でした。

ある場所で彼女と話をしているとき、わたしの頭の中に「もったいない」という言葉がふっと浮かんできてしまい、ついそれを口にしてしまったのです。

彼女は、「え?」という顔をしました。「あ、ごめんなさい。うーんと正直に話してもいい?」と聞き、相手に承諾を得たので「もったいない」と感じた理由を話してみました。

「あなたの話を聞いていると、『分かってほしい、聞いてほしい』と聞こえてくる。でも、その奥に『どうせ分からないでしょ?理解できないでしょ?話しても無駄だよね』って聞こえても来る。いったい本当のあなたの気持ちはどっちなんだろう」

相手は面食らっていました。そりゃそうです。初めて言われた…とショックを受けているようにも見えました。

伝えたいとは思っていだろうけど、あなたの話を聞いていると、あまりに次元が違い過ぎてとっかかりが見つからない。会話にも対話にもなっていない、と。

わたしは同じ環境にいないし、同じ問題・課題に向き合っているわけでもない。あなたが話すから聞いてはいるけど、聞いているだけだと。

せっかく強い思いを持っているのに、話せる知識を持っているし、経験もしている。なのに、それが相手に伝わらない、理解を100%させることはできなくても、何かしら伝えたいと思ってくれているなら、この状況はもったいない、と。

話を聞く、話す=対話ではない。

その後、彼女に対話をしようと提案してみました。彼女は乗ってくれました。どうやら彼女もそういう雰囲気をこの場以外でも感じていたらしい、と後で分かりました。

対話というのは、キャッチボールと同じで投げて受けて投げ返してというもので成立するものです。今回のように価値観の違う人と話をするなら球数は増えます。

価値観の同じ人たちとばかりいっしょにいると、ある程度「分かっている」ことが共有できますから、端折ることもできますが、まったく違う環境や価値観の人に話をするなら、相手の話すことも受け入れないと対話は成立しません。

伝えたいなら、受け入れる

彼女はわたしに伝えたかったのです。なら、わたしの話も彼女は受け入れなくてはならないのです。「分からない」を受け入れなければならないのです。

彼女は、わたしのような「分からない」人と話すことがその時期相当数増えていたようで、これだけ話しているのになぜ理解できないのかと憤りのようなものを感じていたそうです。

わたしは「そりゃそうだよ、無理だよ、だって『分からない』って言わせてくれない雰囲気でしたよ」と伝えました。

実は、彼女とは雑談するような間柄ではありません。すれ違えば挨拶はしますが、その程度の関係性です。彼女の人となりが分かっていない。どんな活動をしているか、どんなことに取り組んでいるかという基本データは持ち合わせてはいましたが…。

それから、と続けると彼女は明らかに怪訝な表情になりましたが、このあたりのメンタルは意外と強い(笑)、続けました。

「それから、『~なければならない』ばっかり言うから、そうじゃないわたしには理解できないと思い込んでしまったよ。だって、しょうもない話(雑談)したら怒られそうだった」

シュン…という音が聞こえたような気がしました。

しばらくすると彼女はこう言いました。「そうか、だからか…」と。

雑談してみる。雑談から見えてくるのはその人の「人となり」

「5分だけでいいから、しょうもない話(雑談)してみませんか?」というと今度は驚いた顔。そこから、子どもの頃のことや好きなテレビ番組とか好きな食べ物とか、どうでもいい話を振りまくりました。

5分だけと言いつつ、結構長く話していました。時間が経つにともなって表情が緩んできたように感じました。

そこで、彼女の思いをもう一度話してもらうことにしました。といっても、完全に委ねるとまた「講演モード」になっちゃうかもしれないので、いつもライティングの時に行っている「取材モード」に付き合ってもらうことにしました。

取材に答えるという形を保ってもらったので、わたしの質問に考える時間が必要になり、そこに「間」が生まれてきました。

この「間」、大事なんですよね、対話には。

おかげで先ほどより理解できる部分が増えてきました。取材モードが終了したときに彼女はこう言いました。「なんだかスッキリした」と。

頭の中が整理できたとも言ってくれました。わたしのほうも完全に理解できたかどうかは別にしても理解できる領域が増えたこと、それによって感じた疑問も話せてよかったと伝えました。

聞き取った内容を文章にして送ってみた

今回、取材モードに付き合ってもらったお礼に、聞き取った内容を文章にしてメールで送りました。しばらくすると「思いが文章になっている!プレゼン資料に使わせてもらってもいい?」と返事がきました。

「今までいくら話をしても受け取ってもらえなかったのは、間がなかったからだったんだね。そしてあなたの言うように『どうせ分かってもらえない』と思っていたのかもしれない。そして、相手のことまったく受け入れていなかった。『そんな話より』とどこかで思っていたのかもしれない」と。

わたしも「聞いてほしがり」なんで一緒ですよ、と返しました。

思いの強さが相手との間に壁を作ることがある

強い思いを持つこと。それは凄いことです。思いを強く持ちたいし、強い自分になりたいと思ってもいる、とわたしは思います。

だけど、強過ぎる思いは相手との間に「理解を阻害する壁」を作り上げてしまうこともあります。「分かってほしい」「分かって当たり前」という思いが強くなってしまうこともあって、理解者より迎合者を増やすことになる、とわたしは思うのです。

現にそういうトップをたくさん見てきました。中心的役割を担っている人をたくさん見てきました。周りに人がたくさんいるのに、理解者が少なくなっていることに気付いていない。あなたの話を聞いたふりをして、理解したふりをして「言われたことだけやればいい」とあなたに迎合するだけの人しかいなくなっている、そんなトップをたくさん見てきました。

理解者の多いトップとそうではないトップでは、理解者の多いトップは「雑談がうまい」と感じます。相手がどんな仕事をしてくれるかも大事なことですが、相手の人となりを雑談することによって知り、適材適所じゃないですが、その人自身が自分自身を活かせる場を与えているような気がします。

分かってほしいならその分、相手を分かってあげる

本当に分かってほしいなら、分かってほしい人の話をちゃんと聞いたほうがいいです。あなたの「分かってほしい」の分だけ、相手のことも分かってあげてほしい。

話をたくさん聞いてくれた人の話って、どんな話でも聞こうとしませんか。お返しじゃないですが…。

価値観の違いを知るのも雑談の効用

あ、完全理解は難しいです。その人自身じゃないですから。経験も知識も価値観も違いますから完全に相手を理解することはできないです。

ですが、その「考え」や「思い」に行きついた過程は分かってあげられるのではないでしょうか。そういうことがあって、そう感じて、こういうふうな考えに行きついたんだな、と。

もし自分ならどうだろう、っていう考え方もできる。そういうことがあっても、同じように感じるとは限らないですから。

たとえば、同じ花を見て「きれい」と感じてもその「きれい」と感じた理由がまったく同じとは限らない。同じ空を見ても同じように感じるとは限らない。これが価値観じゃないかと。

価値観は違うもの。完全一致は難しい

価値観は違うものです。完全一致はなかなかない。だけど、似た感覚であったり共感できる部分は大なり小なりあるんじゃないかと。

価値観の違い。違いと聞くと「異なる」「異質」なイメージですが、違う!と拒絶するんじゃなくて、違うね~、面白いね~と笑えちゃうような関係性があってもいいのではないかと。

そう考えると、いろんな人に考えを話してみることがそういった価値観の違いに気付けるいいチャンスなのではないかとも思ったりして。

今回の出来事でそういうことを改めて感じ、お役に立てたみたいで少し嬉しかったりもして。価値観の違いってそういえば離婚の理由でよく見られますが、必ずしも別れとは結び付かないものでもあるのかな、と。こういうことを考えると止まらなくなるのが悪いクセですね。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

リンクユニット

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

スポンサーリンク