複数の人と一緒にFacebookページを運用するなら役割設定が大事

Facebook

Facebookページは、Facebookページを開設した人が「管理者」という役割を担います。ひとりでFacebookページを運用するのもいいですが、複数の人と一緒にFacebookページを運用すれば情報発信の頻度が高まります。また、情報発信に携わることでメンバーの意識を高める効果が期待できます。

ところが、Facebookページに追加したメンバーに「管理者」という役割を設定していたがために、勝手に設定を変更されたりメンバーを追加されたりして運用がうまくいかないこともよくあります。

そうならないためにも、Facebookページにメンバーを追加するときにはその人ごとに求める「役割」を設定しておくことが大事です。

スポンサーリンク

Facebookページにメンバーを追加する方法

Facebookページを表示し、「設定」をクリックします。

左端にあるメニューから「ページの役割」をクリックし、「新しいページの役割を割り当て」の欄にFacebookページに追加したい人を入力します。

メンバーを追加する欄の右端にあるボタン(規定値では「編集者」になっている)をクリックし、今追加しようとしているメンバーにどんな役割を設定するかを選択し、「追加する」ボタンをクリックします。

※パスワードの入力を求められます。

Facebookページの役割をメンバーごとに設定すれば、投稿だけをお願いすることもできますし、それ以外の役割を担ってもらうこともできます。

Facebookページに追加したメンバーの役割を変更するには

「既存のページの役割」の欄に表示されている役割を変更したいメンバーのアカウント名横にある「編集する」ボタンをクリックします。

現在、設定されている役割にはチェックマークが付いています。一覧の中からメンバーにつけたい役割を選択し、「保存」ボタンをクリックします。

Facebookページに追加したメンバーを削除するには

また、この画面ではFacebookページに追加したメンバーを削除することもできます。画面左下にある「削除」をクリックします。

Facebookページにメンバーが追加できないときは

Facebookページにメンバーが追加できないときは、あなた自身に管理者の役割が設定されているかを確認しましょう。

Facebookページにメンバーを追加できるのは管理者しかいません。

Facebookページには必ずひとり以上の管理者が必要

Facebookページには必ず「管理者」が一人以上いなければなりません。通常はそのFacebookページを開設した人が管理者となります。

自分ひとりでは管理が難しい、と感じるのであればメンバーに管理者の役割を付けておけばいいでしょう。ただし、Facebookページに追加したメンバーすべてに管理者の役割をつけるのはおすすめしません。

Facebookページを管理するひとりひとりに適切な「役割」をつけておく

Facebookページの名前で投稿をお願いするなら「編集者」

Facebookページの役割のなかで一番重要なのは「管理者」です。Facebookページ全般の設定を変えたり、メンバーを追加したりするようなものから投稿やコメントへの返信などすべての操作が可能です。

次によく登場するのが「編集者」ですが、編集者にはFacebookページの設定を変更するようなことはできません。反対にいえば「Facebookページの管理」以外はすべて操作できます。

FacebookページにFacebookページの名前で投稿できるのは、管理者と編集者だけ。それ以外の役割はFacebookページに投稿してもFacebookページの名前では投稿できません。

FacebookページにFacebookページ名で投稿してもらいたいメンバーにはこの「編集者」という役割を設定しておくといいでしょう。

Facebookページのメンバーに付けられるその他の役割

Facebookページに追加したメンバーに設定できる役割には、他に「モデレーター」、「広告管理者」、「アナリスト」、「求人マネージャー」があります。

Facebookページのモデレーターの役割

Facebookページを管理したり、Facebookページ名で投稿したり、投稿を管理することはできませんが、Facebookページに寄せられたコメントに応答したり、コメントを削除したり、ページとしてメッセージを送信したり、広告を作ったりすることはできます。

会社に例えると「窓口業務」のような役割といえるでしょうか。

Facebookページの広告管理者・アナリスト・求人マネージャーとは?

これは役割名を見れば想像できるかもしれませんが、Facebookで広告を出す場合、その広告を作成したり、どんな人が見に来ているのか「インサイト」を確認することができるのが「広告管理者」です。

アナリストはデータを分析するための役割。外部の人にインサイトを見てもらって動向予測や分析を行ってもらうときに付けられる役割です。

Facebookページで求人募集や応募ができるようになりましたね。この求人に関わることだけを行う人には求人マネージャーという役割を設定するといいでしょう。

Facebookページの管理者を辞めるときは

Facebookページの管理者を辞めるときは、Facebookページに自分以外に管理者の役割を持つ人がひとり以上いなければなりません。

自分以外にFacebookページの管理者がいない場合は、管理をお願いする人を管理者として設定してから、自分を削除するようにしてください。

もし、自分以外に管理者の役割を与えていない状態でFacebookページから自分を削除してしまうと管理者がいなくなってしまい、Facebookページの管理も設定変更も、Facebookページ自体を削除することも出来なくなってしまいます。

Facebookページのメンバーとして活動することができなくなったときには自分の役割が管理者になっていないか、管理者になっていても自分以外に管理者がいるかを必ず確認してから削除するようにしましょう。

Facebookページを複数のメンバーで運用するなら役割設定をしっかりと。

FacebookページはFacebookアカウントを持っているなら誰でも作成できます。

お店の情報を発信するなら個人アカウントよりFacebookページのほうがいい理由
Facebookというのは実名登録が原則だということはよく言われていることなのでご存知の方も多いと思いますが、「お店の情報をアップするんだからお店の名前でいいよね」と本来実名を登録しなくてはいけないアカウント名をお店の名前になっている、とい...

Facebookページを開設した人は、そのまま管理者という役割が与えられます。

Facebookページにメンバーを追加することで自分以外にページを管理する管理者の役割を設定することができますが、むやみやたらにメンバーに管理者という役割を与えてしまうと、勝手に設定を変えられたりメンバーを追加されてしまったりとややこしいことが起きることも考えられます。

一般的なFacebookページの場合なら管理者は自分、もしくは自分以外に1~2名、後のメンバーは編集者の役割を担ってもらうようにすると問題が起こりづらいと思います。

Facebookページへのメンバー追加も管理者しかできません。また、Facebookページの管理画面に入ることができるのも管理者だけです。

Facebookページを開設した人は、自分が辞めるときには自分をメンバーから削除するまえに必ず、メンバーの誰かに管理者の役割を譲ってからにしましょう。そうしないとFacebookページを管理できる人が誰もいなくなります。

Facebookページをいざ開設しても投稿が少なければ、せっかく「いいね」や「フォロー」してくれた人のニュースフィードに流れる頻度が減ってしまいます。

Facebookページを開設したらメンバーを追加して一緒にページを運営してもらうことで、活発な情報発信を行えるようにした方がいいですね。

Facebookページの「いいね」が増えない
Facebookページを開設して1ヶ月ほど経過しているが、いいねが増えないと相談されました。Facebookページのいいねを増やすためにできることを書いてみました。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
Facebook
スポンサーリンク
wseedkをフォローする
だぶるしーど