【Instagram】共有しているアカウントから自分だけが抜けたいときはどうする?

スポンサーリンク
共有しているInstagramアカウントから抜けたいときはSNSの使い方
この記事は約5分で読めます。

会社や店舗、団体などでInstagramを使った情報発信を行う際、1つのアカウントを複数の人で共有・投稿することがあると思いますが、ひとつのInstagramアカウントを複数の人で共有する場合、知っていてほしいことをまとめておきます。

スポンサーリンク

Instagramアカウントは共有できる?

1つのInstagramアカウントを複数の人で共有することができます。

ただし、共有したいInstagramアカウントを作成する時、Facebookアカウントでログインを選択して作成したInstagramアカウントは共有することができません。

また、Instagramアプリを使用して投稿しようとする場合、アカウントが追加できるのは5つまでなので、共有しようとするInstagramアカウントが6つ目ならアプリに追加することはできません。

1つのInstagramアカウントを複数の人で共有する方法は?

1つのInstagramアカウントを複数の人で共有する場合は、メールアドレスで新しくInstagramアカウントを作成し、そのメールアドレスとパスワードを共有したい人に知らせます。

作成者以外の人は、Instagramアプリの右上にある三本線のアイコンをタップ→「設定」をタップ→「アカウントを追加」をタップ→アカウント追加の「既存のアカウントにログイン」をタップ。教えてもらったメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップします。

共有したいInstagramアカウントにログインできたかを確認するには、Instagramアプリの右下にプロフィールアイコンで分かります。

複数のInstagramアカウントをInstagramアプリで管理するときは、投稿する前に必ずどのInstagramアカウントの画面なのかをプロフィールアイコンで確認するようにしましょう。InstagramアプリでInstagramアカウントを切り替えるには、プロフィールアイコンをダブルタップします。
スポンサーリンク

1つのInstagramアカウントを複数の人で共有しているとき、自分だけ抜けたいときの方法は?

ところで、1つのInstagramアカウントを複数の人で管理しているとき、退職とか辞めるなどといった事情で、共有する必要がなくなった場合、どうすればいいのでしょうか?

アカウントを使う必要がなくなったんだから「アカウントを削除」でいいんじゃないですか?

いえいえ、共有しているInstagramアカウントから抜けようと「アカウントを削除」を選択してしまうと、共有していたInstagramアカウントそのものを削除(Instagramから退会)してしまうことになるのです。

そのInstagramアカウントを完全に削除するのではなく、他の人が運用を続けていくのであれば、Instagramアプリでその共有しているInstagramアカウントからログアウトします。

「あなたのInstagramアカウントは削除される予定です」というメッセージが届いた

実は、Instagram運用をサポートしているある団体のInstagramアカウントに「あなたのInstagramアカウントは削除される予定です」というメッセージが届いたと連絡があったんです。

おそらく、その団体を辞めた方が、共有していたアカウントをInstagramアプリから削除しようとして、「アカウントを削除」を選択したと思われます。

共有しているInstagramアカウントから抜けるにはログアウトしよう

共有していたInstagramアカウントを、ご自身のInstagramアプリから消す場合は、アカウントからログアウトするだけで大丈夫です。

では、複数の人で共有しているInstagramアカウントから抜ける(ログアウト)にはどうすればいいのでしょうか。

手順としては、該当するInstagramアカウントで

  1. ログイン情報を保存する設定を外す
  2. ログアウト

します。

まず、初めに抜けたいInstagramアプリから抜けたいInstagramアカウントを表示し、画面右上にある三本線のアイコンをタップ→「設定」をタップします。

次に、「セキュリティ」をタップ→「ログイン情報を保存」をタップ→ログイン情報を保存がオンになっていればオフにします。

これでログイン情報をInstagramアプリに残さない設定ができました。

次に、画面を戻って「設定」の一番下にある「ログアウト」をタップすると、Instagramアプリに登録しているアカウント一覧が表示されるので、複数の人で共有している、抜けたいInstagramアカウントが選択されている(チェックが入っている)のを確認し、「ログアウト」をタップします。

iPhoneでこの操作を行うと、ログイン情報を保存しますか?という確認画面が出てきますが、今後、共有しているInstagramアカウントにログインする必要がない場合は「後で」をタップしておきましょう。

もう一度、「(アカウント名)からログアウトしますか?」と最後の確認が行われますので、「ログアウト」をタップします。

これで、Instagramアプリから共有していたInstagramアカウントからログアウトできました。

共有していたInstagramアカウントからログアウトできたかは、右下にあるプロフィールアイコンをダブルタップし、共有していたプロフィールアイコンが表示されなければログアウトができています。

共有していたInstagramアカウントに再度ログインしたい場合は、教えてもらったメールアドレスとパスワードで、アカウントを追加します。

複数の人で1つのInstagramアカウントを共有していて、自分だけ抜けたいという場合は、「アカウントを削除」するのではなく、「ログアウト」しよう

複数の人で1つのInstagramアカウントを共有している状態で、自分が抜けた後もそのアカウントを運用されるのであれば、ご自身のInstagramアプリでそのアカウントからログアウトするだけで大丈夫です。

ログアウトせずにアカウント削除してしまうと、何日か経ってからそのアカウントが削除されてしまい、他の人に迷惑をかけてしまいますのでくれぐれも注意してください。

タイトルとURLをコピーしました