security@mail.instagram.comというメアドから「再びログインできる方法をご紹介します」というメールが来た

スポンサーリンク
SNSの使い方
この記事は約4分で読めます。

Instagramから「再びログインできる方法をご紹介します」という件名でメールがきました。こういうメールが来ると真っ先に思うのが「乗っ取り?!」「フィッシングメールか?!」ですよね。

特に、Instagramを利用する場合、スマホアプリを使ってるという人は多いと思います。スマホアプリで投稿したり閲覧したりできてるってことはログインした状態なんだよね…、ログアウトしていないのになぜ…って考えると不安になります。

スポンサーリンク

instagramから「再びログインできる方法をご紹介します」という件名のメールが届いた

まず、この手のメールが届いたとき。本物のメールかが分からない状態で本文内のURLやボタンなどをクリックするのはよくありません。

このsecurity@mail.instagram.comというメアドが本当にInstagramからのものなのかを調べる必要があります。

Instagramのスマホアプリから、このメールがInstagramから送信されたものかを確かめることにします。

security@mail.instagram.comというメールアドレス、本当にInstagramからのものなのか…を確認するには

Instagramからのメッセージをスマホアプリから確認するには、「設定」をタップ→「セキュリティ」をタップ。

「Instagramからのメール」をタップ

セキュリティのタブを確認すると、

過去14日間にInstagramから送信された、セキュリティおよびログインに関するメールのリストです。本当にInstagramから送信されたメールと、なりすましを見分けるのに役立ちます。

とあります。Instagramに登録したメアド宛に届いたメッセージと同じ文面です。

このことから、受け取った「再びログインできる方法をご紹介します」というメールは、Instagramから送られてきた本物のメールだと確認できました。

instagramから送られてきた本物のメールだということが分かってホッと…できるはずがない!

もしかしたら不正なログインを試されたとか、アカウント・パスワードが盗まれた?と不安になったので、Instagramのアクティビティから不審なログインがないかを確認してみることにしました。

Instagramのログインアクティビティで不審なログインがないかを確認

そんなに投稿していないし、見るだけのInstagram。このアカウントに何の価値があるんだろうか…と軽く自虐したところで、「ログインアクティビティ」を念のため確認してみました。

住んでいるところから思いっきり離れている地域(一応国内ですが)からログインした形跡が…。行ったことないよね、ここ…。なんでこんなところから?と思いはしましたが、意外とこういうズレのようなものはよくあることなので、海外からのログインがなければ一応OKということにして…と。

念のためログインパスワードの変更と二段階認証をかけておくことにした

念のため、パスワードを変更し、二段階認証をかけることにしました。Instagramの二段階認証のかけ方は以下のサイトで詳しく書かれていたのでシェアしますね。

インスタグラムの乗っ取り防止「二段階認証」ログインを設定する方法 リカバリーコードや認証アプリの使い方も
Instagramのパスワードを推測されやすいものにしていたり、他サービスと同じものを使い回したりしていると、アカウントを乗っ取られてしまう不正ログインの被害に遭いやすくなります。パスワードを堅固なものにするのは大前提ですが、アカウントのセキュリティを高めるのに有用なのが「二段階認証」です。本記事では、インスタグラムで...

二段階認証をかけたInstagramに別の端末からログインしようとするとちゃんとSMSでセキュリティコードが送られてきました。

とりあえずはこれでOKかな。

それにしても「再びログインできる方法をご紹介します」なんていう件名のメールがInstagramから届いて驚きました…。

もしかして偽メール?スパムか?と疑ってしまいましたが、Instagramからのメールを確認すれば本物かが分かりますので、不正アクセスを疑わせるような件名のメールが届いたらメールに記載されているURLをクリックやタップしたりせずに、直接いつもどおりの方法でログインしたところでメッセージが届いていないかを確認するようにしましょう。

それと、やはり二段階認証は設定しておいた方が、絶対大丈夫とは言えないまでも安心材料のひとつであることは確かなようです。

タイトルとURLをコピーしました