PowerPointのスライドマスターに設定した書式がすべてのスライドに反映されない

講師・インストラクター
この記事は約4分で読めます。

PowerPointで書式を変更しようとするとスライドごとに書式を変更する手間がかかります。

数日前、個人経営の社労士さんから「PowerPointでスライドを作っているが、スライドマスターに設定したはずの書式がまったく反映されない」と相談を受けました。

お電話で操作説明をしたのですが、事務所に来て直接指導してほしいとのことで、事務所に伺ってスライドマスターの使い方についてお話してきました。

スポンサーリンク

PowerPointのスライドマスターに書式を設定してもすべてのスライドに反映されない理由

スライドマスターで書式を変更すればすべてのスライドに書式を反映させられる、とネットで調べてやってみたけれど、すべてのスライドに書式が反映されないとのこと。

そこで、スライドマスターを見せていただくと、スライドマスターに設定した書式がすべてのスライドに反映されていない原因が分かりました。

すべてのスライドに反映させるために書式を設定するには、「Office テーマ スライドマスター」というスライドマスターに設定する必要があるのですが、それではない「タイトルとコンテンツ」というスライドマスターに書式を設定していたため、すべてのスライドに反映されなかったのです。

すべてのスライドに書式を反映させたいならOfficeテーマスライドマスターを使う

PowerPointのすべてのスライドに反映させられる書式の設定方法

では、スライドマスターを使ってすべてのスライドのタイトル部分に塗りつぶしを設定する流れで説明していきます。

PowerPointのスライドマスターを表示します。

「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリック

次に、スライドマスター一覧の中にあるスクロールを使って一番上の「Office テーマ スライドマスター」を選択し、右側のスライドのタイトル部分「マスター タイトルの書式設定」をクリックし、ハンドルを表示します。

選択した枠(プレースホルダーといいます)の塗りつぶしの色を変更します。

「ホーム」タブをクリック→「図形の塗りつぶし」ボタンをクリック→任意の色をクリック

クリックした色でスライドマスターすべてのタイトル部分を塗りつぶすことができました。

スライドマスターを表示した直後に選択されている「タイトルとコンテンツ」というスライドマスターに同じ書式を設定すると下の画像のように、複数あるスライドマスターのうち、ひとつだけに書式が設定されているのが分かります。

PowerPointのスライドマスターにはスライド全体に反映させられるものとレイアウトごとに反映させられるものがある

PowerPointのスライドマスターには、スライド全体に反映するためのスライドマスター「Office テーマ スライドマスター」と、レイアウトごとに反映させられるスライドマスターがあります。

スライド全体に反映させられる設定ができる「Office テーマ スライドマスター」より、レイアウトごとに反映させられるスライドマスターに設定したもののほうが優先されます。

PowerPointのレイアウトはカスタマイズできる

PowerPointのスライドのレイアウトには、

  • タイトルスライド
  • タイトルとコンテンツ
  • セクション見出し
  • 2つのコンテンツ
  • 比較
  • タイトルのみ
  • 白紙
  • タイトル付きのコンテンツ
  • タイトル付きの図
  • タイトルと縦書きテキスト
  • 縦書きタイトルと縦書きテキスト

があります。これらのレイアウトから必ず選択しなければいけないというものではなく、自分でカスタマイズすることも可能です。

PowerPointのすべてのスライドに反映させられる設定をするなら「Office テーマ スライドマスター」に

PowerPointのスライドマスターには全体的に書式や設定を反映させることができる大きなマスターと、レイアウト別に準備されたスライドマスターがあるということをご紹介しました。

スライドを作り込んでから書式を変更するのはなかなか骨が折れる作業になるので、スライドを作成する前にスライドマスターの「Office テーマ スライドマスター」に全体的に使用する書式や図形などを設定し、よく使用するレイアウトの「タイトルとコンテンツ」、「タイトルのみ」、「2つのタイトル」に対し個別の設定を行うことをお勧めします。

特に、フォントの設定は「Office テーマ スライドマスター」に設定しておくことはお勧めしたい操作になります。

PowerPointを使うと、どのプレゼンテーションでも似たようなスライドになりがちですが、スライドマスターを使ってオリジナルのレイアウトやデザインを作ることができれば少しは目を引くことができるかもしれません。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
講師・インストラクター
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど