PowerPointのスライドマスターに設定した書式がすべてのスライドに反映されない

講師・インストラクター
この記事は約5分で読めます。

PowerPointで作ったスライドに書式を設定して、他のスライドにも同じ書式を設定したいときに使用するといいのが「スライドマスター」なのですが、数日前、個人経営の社労士さんから「PowerPointでスライドを作っているが、スライドマスターに設定したはずの書式がまったく反映されない」と相談を受けました。

スライドマスターに書式を設定すればすべてのスライドに書式が反映されるはずなのですが…。事務所に来てほしいということだったので伺うことにしました。

スポンサーリンク

PowerPointのスライドマスターに設定した書式が全てのスライダーに反映されない原因は?

PowerPointでスライドを作成したとき、すべてのスライドの書式を統一したいものですね。スライドというのは、全体的なスライドのイメージを統一することで見やすく分かりやすくなるものなのですが、スライドを1枚追加するたびに同じ書式を設定していくというのは手間がかかります。

すべてのスライドの書式などを統一させるためには、スライドマスターを使うと便利なのですが、社労士さんはスライドマスターの書式を設定されていました。が、設定するスライドマスターが違っていたため、スライドマスターに設定した書式がすべてのスライドに反映されていませんでした。

すべてのスライドに書式を反映させられるのは、一番上のスライドマスターだけ

PowerPointのスライドマスターを表示するには、「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリックします。

ぱっと見、スライドマスターに書式が設定されてはいましたが、書式が設定されていたスライドマスターは、「タイトルとコンテンツ」のスライドマスターでした。

つまり、スライドのレイアウトにある「タイトルとコンテンツ」のスライドマスターにだけ書式が設定されているため、他のレイアウトを使用したスライドには書式が反映されなかったということです。

すべてのスライド、どのレイアウトを使っていても書式が反映されるように設定するには、スライドマスターの画面左側にある、一番上のスライドマスター(他のレイアウトより若干大きめ。下の図でいうと青く囲ってあるスライドマスター))に書式を設定する必要があるのです。

すべてのスライドに書式を反映させたいならOfficeテーマスライドマスターを使う

では、すべてのスライドにスライドマスターを使って統一した書式を反映させられる設定方法について書いていきます。

例として、すべてのスライドのタイトル枠内を塗りつぶす設定をしていきます。

「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリックした後、左側のスライドマスター一覧の一番上にあるスライドマスター(他のものより少し大きい)をクリックし、スライドマスターを表示します。

次に、「マスタータイトルの書式設定」とある枠(「プレースホルダー」と呼んでいる)をクリックして選択します。

「マスタータイトルの書式設定」とあるプレースホルダーの中を塗りつぶします。

プレースホルダーの中を塗りつぶすには、「ホーム」タブをクリック→「図形の塗りつぶし」ボタンをクリックし、好きな色をクリックします。

「ホーム」タブをクリック→「図形の塗りつぶし」ボタンをクリック→任意の色をクリック

スライドマスターにある「マスタータイトルの書式設定」のプレースホルダーの色が変わり、左側にあるスライドマスター一覧でも「タイトルの書式設定」のプレースホルダーが同じ色で塗りつぶされたことが確認できます。

PowerPointのスライドマスターには、スライド全体に関わるものとレイアウトごとに反映させられるものがある

PowerPointのスライドマスターには、スライド全体に反映するためのスライドマスター「Office テーマ スライドマスター」と、レイアウトごとに反映させられるスライドマスターがあります。

スライド全体に反映させられる設定ができる「Office テーマ スライドマスター」より、レイアウトごとに反映させられるスライドマスターに設定したもののほうが優先されます。

スライドマスターを使ってスライドの書式を設定するには

  • すべてのスライドに同じ書式を反映する・・・一番上の少し大きなスライドマスターへ
  • 一部のスライドに同じ書式を反映する・・・変更したいレイアウトのスライドマスターへ

書式を設定する必要があるのです。

PowerPointのスライドマスターはレイアウトごとに準備されている

ところで、スライドマスターの左側には、レイアウトごとにスライドマスターが並んでいますが、スライドレイアウトの中でよく使用するのは「タイトルスライド」「タイトルとコンテンツ」でしょうか。

そのスライドでよく使うレイアウトにだけ書式を設定しても同じ効果が得られますが、個人的にはスライドマスター一覧の一番上、少し大きなスライドマスターにすべてのスライドに使用する書式を設定しておいたほうがいいのかなと個人的には思います。

PowerPointのスライドレイアウトは自作できる

PowerPointのスライドレイアウトには代表的な「タイトルスライド」、「タイトルとコンテンツ」以外にもいろいろなレイアウトがありますが、この中から選ばなければならないわけではなく、自分でレイアウトを作ることができます。

自分でPowerPointのレイアウトを作る方法は別記事にまとめました。

PowerPointでスライドいっぱいに写真が配置できるレイアウトをスライドマスターで作ってみよう
PowerPointにはいくつかの「レイアウト」が準備されています。それらはすべて「スライドマスター」で管理されていますが、この「スライドマスター」を使えば独自のレイアウトを作成することができます。 写真をスライドいっぱいに配置できる...

PowerPointのスライドに挿入したテキストボックスの書式をいちいち変更するのは面倒なら、スライドに使用する書式を一括で設定する方法もあります。

PowerPoint2016でテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒
PowerPointのテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒。一括でフォントを設定する方法はない?という質問に答えてみました。

PowerPointのスライドマスターに設定した書式がすべてのスライドに反映されない原因は、書式を設定したスライドマスターが違っていたから

PowerPointで作るスライドは、レイアウトごとに準備されているスライドマスターに設定されている書式が反映されます。

スライド全体に同じ書式を設定したいのであれば、個々のスライドマスターに設定せず、スライドマスター一覧の一番上、少し大きなスライドマスターに書式を設定します。

なお、個々のスライドマスターより大きなスライドマスターに設定した書式が優先されることも考えて、レイアウトや書式を設定していきましょう。

PowerPointのスライドはどれも似たり寄ったりになりがち。スライドマスターやオリジナルレイアウトを作ってみるのも見た目が違って少しは効果が上がるかもしれません。