【PowerPoint】スライドいっぱいに写真を配置したい(サイズ調整しなくてもピタッと収まるように)

スポンサーリンク
講師・インストラクター
この記事は約4分で読めます。

スライドいっぱいに写真を配置したいんだけど、スライドに写真を挿入して大きさを調整するしか方法がない?

PowerPointで1枚のスライドいっぱいに写真を配置したいとご質問いただきました。作成するすべてのスライドが写真を目いっぱいの大きさに配置したものであるなら、別の記事(スライドショーを作りたい。PowerPointのフォトアルバム+画面切り替えでスライドショーを作る)に書いた方法が適切だと思いますが、お話によるとすべてのスライドに1枚の写真を目いっぱいに配置するわけではなく、スライドの一部だけ、ということでした。

スライドの一部だけに写真をスライドの幅に合わせて配置するレイアウトとなると、スライドマスターで写真をスライドの幅に合わせて配置できるレイアウトを追加すると、写真を挿入→サイズ調整という手間が省けると思います。

この記事では、スライドの幅いっぱいに写真を1枚配置することができるレイアウトをスライドマスターに追加する方法を書いていきます。

スポンサーリンク

スライドマスターにレイアウトを追加してスライドいっぱいい写真が配置できるようにする

PowerPointにはスライドマスターという機能があり、スライドマスターにはスライド全体の書式や画像などを設定したマスターと、各レイアウトごとに設定したレイアウトマスターの2つがあります。

今回は、スライドの大きさに合わせて挿入した写真が自動調整されるレイアウトをレイアウトマスターに追加していきます。

レイアウトマスターを複製する

「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリックし、レイアウトマスターにある「白紙 レイアウト」にマウスポインタを合わせて右クリック→「スライドの複製」をクリックします。

複製されたレイアウトマスターの「白紙 レイアウト」の上で右クリック→「名前の変更」をクリックして任意の名前を入力して「名前を変更」ボタンをクリックします。

「白紙 レイアウト」にはフッターなどのプレースホルダーが入っているので、不要であればこの時点で削除しておきましょう。

写真をスライドいっぱいに配置するためのプレースホルダーを挿入する

任意の名前に変更したレイアウトマスターにプレースホルダーを新しく追加します。

「プレースホルダーの挿入」ボタンをクリック→「図」をクリックします。

マウスポインタが十字に変わるので、スライドいっぱいになるようドラッグします。

プレースホルダーが追加出来たら、スライドマスターを閉じ、編集画面に戻ります。

編集画面に戻ってレイアウトを適用する

スライドマスターを閉じると編集画面に戻ります。「ホーム」タブをクリック→「新しいスライド」ボタンをクリックしてみると、先ほど任意の名前を付けたレイアウトが追加されています。写真をスライドいっぱいに配置したいスライド上でこのレイアウトを適用します。

先ほど作成したレイアウトを適用すると、スライド中央にアイコンが表示されています。マウスポインタをアイコンに合わせると「図」と表示されます。

プレースホルダー中央にある「図」のアイコンをクリックすると、写真を選択して挿入する画面が開くので、配置したい写真を選択して挿入すると、スライド(プレースホルダー)いっぱいに写真を配置することができます。

挿入した写真はプレースホルダーの大きさでトリミングされています。

もし、必要な個所がプレースホルダー内に入らなかった場合は、「ホーム」タブをクリック→「トリミング」ボタンをクリックすると位置や大きさを調整することができます。

スポンサーリンク

<応用編>スライドに写真4枚をサイズ調整せずにきれいに配置する

ここからは応用編として、スライド1枚に4枚の写真をサイズ調整せずに配置することができるレイアウトも作ってみましょう。

スライドマスターを開き、レイアウトマスターを複製し、任意の名前に変更するところまでは同じ操作になります。レイアウトマスターに図のプレースホルダーを4つ配置してスライドマスターを閉じます。

レイアウトマスターにプレースホルダーの挿入をクリックして画面左上の角からドラッグして1枚目のプレースホルダーを挿入するとき、ドラッグすると下の図のようにガイド線が表示されるところがあります。これを目安にドラッグすると4枚分のプレースホルダーの大きさを揃えることができると思います。

アイコンをクリックして図を追加と書かれているプレースホルダーが4つできました。あとは、それぞれのプレースホルダー内の「図」のアイコンをクリックし、挿入したい写真を選択すれば下の図のように写真を4枚、サイズ調整なしで配置することができます。

プレースホルダーの配置を工夫すれば、このような画像の配置もできます。

スライドマスターを使えば自分独自、オリジナリティのあるスライドが作成できます。PowerPointを使ったプレゼンテーションは似たり寄ったりのものが多いので、オリジナリティのあるスライドが作成できれば、目を引くかも・・・。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
講師・インストラクター
スポンサーリンク
wseedをフォローする
だぶるしーど
タイトルとURLをコピーしました