【PowerPoint】テキストボックスのフォントをいちいち変更しなくちゃいけないの?

講師・インストラクター
この記事は約4分で読めます。

ここのところ、PowerPointの操作方法(特に書式設定)についての問い合わせが多いのですが、特に多いのが「PowerPointにテキストボックスを入れるたびにフォントを変更するのが面倒。一括でフォントを変更する方法はないのか」という質問。

PowerPointでいちいちフォントを変更しなくても、そのスライドでよく使うフォントを固定することができる

PowerPointで作成するスライドのフォントは、基本的に使うフォントと「ここだ」という見せ場で使用するフォント1~2種類に絞ったほうが見る側に伝わりやすいと言われています。

PowerPointにテキストボックスを入れるたびにフォントを変更するというのは、作業自体は単純でもスライドの数が増え、テキストボックスの数が増えれば手間のかかる作業です。

どこにどんなフォントを使っているのか、プレースホルダーをひとつずつ確認していくのも面倒です。

スライドマスターを使えば、スライドに挿入したテキストボックスなどに入力した文字のフォントを一括設定することができます。

PowerPointのスライドマスターで「フォントのカスタマイズ」を使えば、見出し・本文のフォントを固定できる

スライドに挿入したテキストボックスなどに入力した文字のフォントを一括設定するには、スライドマスターを使います。

スライドマスターを表示するには、「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリック。

次に、左側に表示されているエリアから「Office テーマ スライドマスター(スライドマスターの中で一番上に表示されている大きなスライドマスター)」をクリックしておき、「フォント」ボタンをクリック→「フォントのカスタマイズ」をクリック。

4つそれぞれのフォントを変更します。

今回はすべてのフォントを「メイリオ」にしましたが、本文のフォント(英数字)と本文のフォント(日本語)に設定したフォントがテキストボックスに反映されます。

最後に、名前の枠内に任意の名前を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

フォントのカスタマイズで設定した書式は他のスライドにも反映させることができるので、プロジェクト名や会社名などで保存しておくといいと思います。

フォントのカスタマイズが終わったら、スライドマスターを閉じます。

では、スライドにテキストボックスを挿入して、フォントのカスタマイズに設定したフォントが設定されているかどうかを確認してみましょう。

「ホーム」タブをクリック→「テキストボックス」ボタンをクリック→「横書きテキストボックスの描画」をクリック

スライド内の任意の場所をクリックし、テキストを入力してみるとメイリオが反映されています。

テキストボックスを挿入するとき、任意の場所でクリックして入力すれば、一度入力した文字を任意の幅で折り返すことができます。

PowerPointのテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒なら、スライドマスターの「フォントのカスタマイズ」を使って使うフォントを固定しよう

PowerPointにはあらかじめプレースフォルダーという枠が準備されていますが、この枠以外に文字を挿入するには、「図形」にある「テキストボックス」を使います。

ところが、このテキストボックスのフォント、挿入するたびに変更しなくちゃいけないのが面倒。テキストボックスをコピーして貼り付けながら使ってもいいのですが、スライドによく使うフォントを固定することができれば作業効率が上がります。

PowerPointでよく使うフォントを固定するには、スライドマスターの「フォントのカスタマイズ」を使います。

「フォントのカスタマイズ」で設定できるのはスライドの「タイトル」と「本文」、日本語用と英数字用のフォントです。このうち、「本文」のほうがテキストボックスのフォントとして固定できるようになっています。

この辺りも含め、スライドマスターの操作を覚えていくとスライドづくりの手間が省けて、内容に力を注ぐことができるようになると思います。

タイトルとURLをコピーしました