【PowerPoint】テキストボックスのフォントをいちいち変更しなきゃダメなのは地味に面倒。テキストボックスのフォントを固定することはできないの?

スポンサーリンク
講師・インストラクター
この記事は約3分で読めます。

PowerPointでテキストボックスを使うといちいちフォントを変更しなくちゃいけないのが面倒なんですけど、テキストボックスに使うフォントを固定することはできないかな?

PowerPointのレイアウトにはあらかじめプレースホルダーという枠がありますが、レイアウトのフォントなどの書式を一括で変更するには「スライドマスター」を使うという話を別の記事で書きました。

今回は、プレースホルダー以外の場所に文字を入力したいときにテキストボックスを使いますが、テキストボックスを挿入するたびにフォントを変更しなくてはいけないのが面倒だというお話です。

PowerPointにはプレースホルダーと言ってレイアウトごとにあらかじめ枠が設けられていますが、プレースホルダー以外の場所に文字を入れたいときにはテキストボックスを使います。

ただ、何も設定を変えていなければ、テキストボックスを挿入するたびフォントを変更することになるので、テキストボックスの数が増えれば、フォントの変更の手間が増えます。

この記事では、PowerPointでテキストボックスに設定するフォントをいちいち変更しなくてもいいよう、固定するやり方についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

【PowerPoint】テキストボックスのフォントを固定する方法。

PowerPointのスライドマスターにある「フォントのカスタマイズ」でテキストボックスのフォントも固定することができる

「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリックし、スライドマスターを表示します。

スライドマスターが開いたら、画面左側にある「テーマスライドマスター(スライドマスターの中で一番大きなマスター)」を選択した状態で「スライドマスター」タブをクリック→「フォント」ボタンをクリック→「フォントのカスタマイズ」をクリックします。

スライドマスターを開くと画面左側にそのスライドで使うことができるマスターの一覧が表示されます。この一覧にあるマスターのうち、一番上にある大きなマスターはスライド全体反映することができるマスターです。

「新しいテーマのフォント パターンの作成」画面が開いたら、英数字用のフォント2種と日本語用のフォント2種を設定できるようになっているので、念のため、4つの項目すべてでフォントを指定しておきます。

今回は、英数字用のフォントも日本語用フォントも固定しましたが、テキストボックスのフォントを固定したいだけなら本文のフォント(英数字・日本語文字ともに)を変更するだけでOKです。

このフォントパターンを名前を付けて保存しておきたいので「名前」の枠内に任意の名前を入れて、最後に保存ボタンをクリックします。

フォントのカスタマイズが終わったら、スライドマスターを閉じます。

スポンサーリンク

PowerPointでテキストボックスで使用するフォントを固定したいなら「フォントのカスタマイズ」を使う

スライドマスターにある「フォントのカスタマイズ」を使って、英数字・日本語用文字の本文のフォントを指定すると、挿入するテキストボックスのフォントをいちいち変更する手間が省けます。

別の記事にも書きましたが、PowerPointのスライドを見やすく作るにはスライド全体に統一感を持たせることが大切です。スライド全体に統一感を持たせるには、デザイン・レイアウトの土台となるスライドマスターを活用しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
講師・インストラクター
スポンサーリンク
wseedをフォローする
だぶるしーど
タイトルとURLをコピーしました