PowerPoint2016でテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒

講師・インストラクター
この記事は約3分で読めます。

ここのところ、PowerPointの操作方法(特に書式設定)についての問い合わせが多いのですが、特に多いのが「PowerPointにテキストボックスを入れるたびにフォントを変更するのが面倒。一括でフォントを変更する方法はないのか」という質問。

スポンサーリンク

PowerPointのスライドに使用するフォント。いちいち設定するのは手間がかかる…

PowerPointで作成するスライドのフォントは、基本的に使うフォントと「ここだ」という見せ場で使用するフォント1~2種類に絞ったほうが見る側に伝わりやすいと言われています。

PowerPointにテキストボックスを入れるたびにフォントを変更するというのは、作業自体は単純でもスライドの数が増え、テキストボックスの数が増えれば手間のかかる作業です。

どこにどんなフォントを使っているのか、プレースホルダーをひとつずつ確認していくのも面倒です。

そこで、基本的にすべてのスライドに使用するフォントを一括設定し、スライドに挿入したテキストボックスなどにも反映させられるよう、スライドマスターで設定します。

PowerPointのテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒なら、スライドマスターのフォントのカスタマイズを使おう

まず、スライドマスターを表示します。

PowerPoint2016の「表示」タブをクリック→「スライドマスター」ボタンをクリック

画面左側にある「Office テーマ スライドマスター」を選択しておき、

「フォント」ボタンをクリック→「フォントのカスタマイズ」をクリック

4つそれぞれのフォントを変更します。

今回はすべてのフォントを「メイリオ」にしましたが、本文のフォント(英数字)と本文のフォント(日本語)に設定したフォントがテキストボックスに反映されます。

最後に、名前の枠内に任意の名前を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

フォントのカスタマイズで設定した書式は他のスライドにも反映させることができるので、プロジェクト名や会社名などで保存しておくといいと思います。

フォントのカスタマイズが終わったら、スライドマスターを閉じます。

では、スライドにテキストボックスを挿入して、フォントのカスタマイズに設定したフォントが設定されているかどうかを確認してみましょう。

「ホーム」タブをクリック→「テキストボックス」ボタンをクリック→「横書きテキストボックスの描画」をクリック

スライド内の任意の場所をクリックし、テキストを入力してみるとメイリオが反映されています。

テキストボックスを挿入するとき、任意の場所でクリックして入力すれば、一度入力した文字を任意の幅で折り返すことができます。

PowerPointのテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒なら、スライドマスターのフォントのカスタマイズを使おう、のまとめ。

PowerPointのテキストボックスのフォントをいちいち変更するのが面倒。一括でフォントを変更する方法はないかという質問。

スライドマスターのフォントのカスタマイズを使えば、テキストボックスを挿入するたびにフォントを変更する手間が省けます。

ポイントはフォントのカスタマイズの「本文のフォント」に設定したフォントがテキストボックスにも反映されるということ。

ここぞというところで別のフォントを使用すれば、”大事なこと”、”伝えたいこと”なんだとスライドを見る人に伝わります。すべてのスライドに使用するフォントが一緒だとインパクトに欠けますし、逆にいくつもフォントを使用するとインパクトが強過ぎて内容が伝わりにくくなります。

この辺りも含め、スライドマスターの操作を覚えていくとスライドづくりの手間が省けて、内容に力を注ぐことができるようになると思います。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
講師・インストラクター
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど