「Jayden K. Smithの友情要求~」というメッセージを受け取ったら

Facebook
この記事は約3分で読めます。

ある日、LINEで「こんなメッセージが来たんだけど」と送られてきたのが「Jayden K. Smithの友情要求を受け入れないように」というメッセージのスクショでした。

スポンサーリンク

「Jayden K. Smithの友情要求を受け入れないように」という内容のメッセージが転送されてきた

この「Jayden K. Smithの友情要求を受け入れられないように」というメッセージを、あなたの友達に転送してほしい、と書かれています。

「Jayden K. Smithの友情要求を受け入れないように」というメッセージは転送してはいけない

結論から言うと、メッセージを転送する必要はありません。

この「Jayden K. Smithの友情要求を受け入れないように」という内容からして怪しげではありませんか。友情要求=友達リクエストのことなんでしょうが。

ただ、こういう内容のメッセージを受け取ってしまうと、自分の友達が被害にあってはいけないと転送してしまいそうになりますね。

でも、転送してはいけません。これは、昔で言うところのチェーンメールです。無視してください。

相談者はたぶん、その文面に不信感を持ったのでわたしにスクショを送ってきたのだと思います。

こういうメッセージを受け取った側が、こういうものの真偽を確認するような人なら問題は起こりづらいかもしれませんが、後から知って「こんなメッセージを転送するなんて!」と感じる人もいるかもしれません。

そうならないように、この手のメッセージを受け取ったらその真偽を確かめましょう。ネットで文面を検索すれば情報を得ることができると思います。

「Jayden K. Smithの友情要求を受け入れないように」というメッセージを受け取った場合の対処法については一言「無視」なのですが、何を目的としてメッセージを転送させるのかが不思議です。転送されていくのを楽しんでいるのでしょうか。

メッセージにURLが貼られているときは要注意。偽サイトへの誘導かもしれない

さて、今回のスクショを見る限り、文中にリンクが張られていませんでしたが、スパムメッセージの中には、URLをクリックしてと書かれていることもあります。

文中にあるURLをクリックするのは危険を含んでいます。なぜなら、偽サイトへ誘導される可能性があるから。そこでアカウント名やID、パスワードの入力を求められるかもしれません。

偽サイトへ誘導され、アカウント名やID、パスワードを入力してしまうとそれらを盗み取られてしまい、いろいろな会員サイトでそのアカウント名やID、パスワードでログインしようとします。

万が一、ログインされてしまったらそのアカウントは乗っ取られてしまいます。アカウントを乗っ取られてしまったら、あなたを名乗りまた別の人を騙そうとします。

知らない人から送られたメッセージなら警戒するかもしれませんが、あなたという人を知っているのであれば、その警戒心が薄れてしまいます。

偽サイトへ誘導し、アカウント名やID、パスワードを盗み取る「フィッシング詐欺」の被害にあわないように、また大切な友人を守るためにも受け取ったメッセージの真偽を必ず確認するようにしてほしいと思います。

Facebookのメッセージ機能を使ったそのほかの事例について

また、友人(を名乗る人)から添付ファイル(動画じゃないのに動画っぽいファイル)のついたメッセージが送られてくるという事例もありました。

そのメッセージを受け取った人は、この添付ファイルを不審に思いファイルを開くことはしなかったそうで、事なきを得たのですが、IDやパスワードを盗み取られてしまう危険があるそうです。

上に書いたようなことはFacebookに限ったことではありません。昔からあるようにメールでも同じような事例があります。

文面がなんだかおかしい(たぶん翻訳を使っていると思われる)と感じたら、無視するのが一番です。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
Facebook
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど