Facebookで友達申請を送るとき。メッセージを一緒に送った方がいい?

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookをやっているとまったく知らない人から友達申請を送られることがありますよね。

スポンサーリンク

Facebookの友達申請を送るなら、メッセージは付けた方がいいのか

Facebookの友達申請についていろいろ話をしているときに「友達申請するのにメッセージを送ってこない人はマナーがなっていない」という話になりました。

個人的な感覚なのですが、わたしはたとえメッセージを送っていただいても友達申請を承認しないことがあります。

というのも、一度でも話したことがある人とだけFacebookを通じてつながりたいと思っているから。たとえそれが名刺交換をしただけであっても、です。

ただ、人によってその承認するボーダーみたいなものが違っているのは確か。いろんな人と積極的に交流したいと思っている人もいますから。

Facebookに限らず、SNSとどう付き合っていくかはその人自身が決めることです。どう使うほうがいいという「決まり」のようなものはないと思っています。だから、どちらも間違いではない。ただ、自分はこういうふうに使っていきたいというだけです。

どんな接点があって友達申請を送ったか、は伝えたほうがいいかも

さて、脱線したので話を本題に戻しますが、自分が友達申請を送るときはメッセージを合わせて送るようにはしています。

Facebook Messengerで友達以外にメッセージを送ることができるのか
Facebook上で友達になっていない人にメッセージを送るとどうなるのかを検証してみました

相手が承認してくれるかどうかはさておき、自分はどこであなたと会った、どんな接点があったかくらいはメッセージに書くようにはしています。

相手はわたし以外にもたくさんの人と顔を合わせているかもしれません。

名前だけ、プロフィール写真では判断しづらいかもしれない、そう考えるほうなので、相手が友達申請を承認するか削除するかを判断しやすいように、最低限どんな接点があって友達申請を送ったのかをメッセージに書くようにはしています。

自分が友達申請を受けた時にどう行動するかを考えてみよう

わたしは友達申請をいただいたら、その人の基本データなどを確認するようにしています。

基本データなどに書かれていることで思い出せることもありますし、実際お会いしたときにそこまで詳しくその人について情報が得られていないので、必ず確認するようにしています。

自分が友達申請を送ったときに基本データなどを見るということは、わたしが友達申請を送ったとしたら申請を受け取った人はわたしの基本データなどを見るということになるので、ある程度の情報(個人的すぎる情報以外)を公開するようにはしています。

わたしが友達申請を承認するときはどんなとき?

反対に友達申請を受けたときというのは、メッセージの有無よりも本名じゃない人やプロフィール写真がキャラクターになっているような人は承認しないようにしています。

あとは共通の友達がいるかも少しは参考にしますが、Facebookを長く使っていると「この人は申請すればだれでも承認しちゃう人」だというのが分かってくるので、共通の友達にその人たちだけがいるときは承認しないことが多いです。

Facebookの友達申請をするときにメッセージを送った方がいい?のまとめ。

Facebookで友達申請するのに「メッセージを送るマナーも知らないのか」と考える人もいますので、個人的にはFacebookの友達申請を送るときはメッセージを送った方がいいかなと思いますが、「絶対」ではないと思ってはいます。

ただ、送られてきたメッセージが「これはコピーしてる」と分かるようなメッセージなら送らない方がいいです。

コピーした文章を友達申請するときにペタペタ貼っている、伝わらないと思っている人もいるかもしれませんが、伝わってしまう人もそう勘繰る人もいるということです。

Facebookの友達申請を受け取ったときに自分はどう行動するかを考えると、メッセージの有無もそうですが、基本データなど情報をある程度公開しているほうが接点を拾いだしやすいのではと思います。

とはいえ、何もかも公開しろというのではなく、これはだした方がいい情報なのかそうではないのかを十分に考えたうえで公開・非公開・友達だけに公開と公開範囲を設定しておいたほうが、無用なトラブルに巻き込まれることが少ないのではと個人的には思います。

Facebookのプライバシー設定は、Facebookをどう使うかによって設定を変えよう
「Facebookに登録している情報が洩れているかもしれない」という相談がよくあります。 Facebookに限らず、SNSは登録した情...
 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!