Facebookのプライバシー設定は、Facebookをどう使うかによって設定を変えよう

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「Facebookに登録している情報が洩れているかもしれない」という相談がよくあります。

Facebookに限らず、SNSは登録した情報をもとにつながりを広めていこうとするためのツールです。基本データの項目を埋める(入力する)とFacebookを利用している人の中で共通項を見つけ出し、知り合いじゃないかと友達になることを促すような仕組みもあります。

とはいえ、なんでもかんでも公開されるかというとそうではなく、基本データや投稿をどこまで公開するかというのはある程度操作することが可能です。

Facebookをどう使っていくかという目的に合わせてこの設定「プライバシー設定」を適切なものにしていくようにすると少しは不安が解消されるかもしれません。

スポンサーリンク

Facebookの基本データの公開範囲を見直そう

Facebookにはたくさんの入力項目がありますね。たとえば出身地や現在住んでいるところとか職場とか…。それらすべての項目を入力している人が果たしてどれくらいいるのかは分かりませんが、それらをどこまで公開するかというのは、各項目ごとに設定できるようになっています。

Facebookアカウントの乗っ取りに利用されやすいと言われているメールアドレスと電話番号は最低限見直しておいてもらいたいところ。わたしはこの2つに関しては公開範囲を自分のみにしています。

Facebookのプライバシー設定

パソコンからFacebookにログインしているなら、自身のタイムラインを表示し、カバー写真上にあるアクティビティログの横にある「…」ボタンをクリック→タイムライン設定をクリック→左側の一覧から「プライバシー」をクリック。

Facebookアプリからログインしているなら、画面右下の三本線をタップ→設定とプライバシー→設定→プライバシー設定へと進みます。

Facebookのプロフィールへのリンクを許可する?許可しない?

まずは、検索エンジンにあなたのプロフィール画面をインデックスするかしないかを設定します。インデックスすると、検索エンジンで検索すればあなたのFacebookのプロフィールへのリンクが表示されます。

検索対象にしたくないというのであれば、プライバシー設定の「Facebook外の検索エンジンによるプロフィールへのリンクを許可しますか?」を「いいえ」に変更します。

Facebook上であなたを探すことができる人の設定を見直す

次に、Facebook上であなたを検索する手段として、名前とメールアドレス、携帯電話番号がありますが、このメールアドレスと携帯電話番号で検索できる人を、「全員」か「友達の友達」、「友達」から選択することができます。

わたしは、メールアドレスも携帯電話番号も「友達」に設定しています。ちなみに、この友達とはFacebook上で友達になっている人、という意味です。

あなたに友達申請を送ることができる人の設定を見直す

友達申請をやみくもに受けたくない場合は、あなたに友達申請を送ることができる人を「友達の友達」までに限定することができます。

プライバシー設定の中にある「私に友達リクエストを送信できる人」は、「全員」か「友達の友達」を選択できるようになっています。

あなたの友達リストを公開する?公開しない?

Facebookの初期設定では、あなたの友達はリストになって閲覧可能な状態になっています。これは、友達どうしがあなたを介してFacebook上でつながるきっかけにもなりますが、あなたの友達だからと安易に友達申請を送ったり、よく知らないけどあなたと友達だからと友達申請を承認してしまったりすることが、Facebookアカウントの乗っ取り原因につながることもあります。

個人的にはこの友達リストは公開しない方がいいと思っていますが、公開する範囲は「公開」「友達」「知り合い以外の友達」「自分のみ」「カスタム」の中から選択できるようになっているので、ご自身の状況に合わせて設定を変更しておくといいと思います。

投稿を誰にまで読んでもらえる状態にするかは投稿ごとに設定できる

これは投稿時に変更することができますね。そのために知っておいてほしいのがFacebookの「友達」と「知り合い」の使い分けです。

Facebookで友達申請あるいは承認で繋がると、あなたの友達リストに相手が登録されます。友達リストを確認してもらうと、相手の名前のあとに「友達▼」のボタンが付いています。このボタンを使って、相手との関係性を「知り合い」に変更しておき、投稿時に知り合い以外の友達を選択すれば、知り合いに設定した以外の友達に投稿を読んでもらうことができます。

たとえば、職場の上司とか特に親しくない人を知り合いに設定しておき、プライベートな投稿をするときは知り合い以外の友達を選択して投稿するといいのではないかと思います。

Facebookのタグ付け。タグ付けを拒否することはできないけれど

Facebook上でよく見られる「●●さんが●●さんの写真にタグ付けされました」という投稿。

本来、タグを付けたい場合は相手に断ってからがマナーなのですが、ルールとして決まっているわけではない、暗黙の了解的なもの。

タグ付けされると困る場合もあるかもしれないので、極力タグを付ける前に相手に許可をもらってほしいというのをお伝えしておき。

Facebookにはタグ付けを拒否する設定がありませんが、「●●さんにタグを付けられているけどあなたのタイムラインに投稿してもい?」とお尋ねが入るようにはできます。

タグ付けした投稿を自分のタイムラインに投稿するかしないかを確認するお知らせを受け取るには設定→「タイムラインとタグ付け」→「自分のタイムラインにコンテンツを追加できるユーザー」の中にある「友達があなたをタグ付けした投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?」という設定をオンにします。

それからもうひとつ、確認という欄にある「他の人があなたの投稿に追加したタグを他の人に表示する前に確認しますか?」の設定をオンにしておくと、友達が投稿した写真にあなたが写り込んでいると、タグを付けてもいいかという確認があなたに送られてくるようになります。

ただ、何を設定するにしてもFacebookの仕様変更は頻繁に行われるので、定期的に見直してみてもらうのが一番かと思います。

Facebookのプライバシー設定を変更したら他の人からどう見えているかを確認しよう

Facebookのプライバシー設定を変更したら、他のユーザーから見える範囲がどんなふうになっているかを確認することもできます。

あなたのタイムラインを表示し、あなたの名前の横にある「プレビュー」ボタンをクリックします。

プロフィール写真に使用した写真は一覧で表示されます。投稿の公開範囲を「公開」にしたものは閲覧可能です。

このプレビュー画面での赤枠で囲ったところに、特定の人の名前を入力するとその人が見られる範囲も確認できます。

SNSのプライバシー設定は常に見直すようにしよう

Facebookに限らず、インターネット上で情報発信を行うときには自分の情報がどうなっているのかって不安を感じる方もいらっしゃると思います。

これで完璧!なんてことは正直ないのかもしれませんが、最低限準備されている公開範囲を制限することができる機能をぜひ知っていただいて、これなら使ってもいい?いや、危ないからやめよう、と判断してもらったほうがいいかなと思います。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

スポンサーリンク
関連コンテンツ

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!