LINE公式アカウントのアカウント名の前についている星の意味は?

スポンサーリンク
今日のご相談
この記事は約5分で読めます。

LINEには個人でやり取りに使用する個人アカウントと個人・法人問わず作成できるLINE公式アカウントの2つのアカウント種別があります。

LINEの個人アカウントというのは、一般的に個人同士がやり取りするためのアカウントですが、LINE公式アカウントは、個人アカウントとは別に作成できるアカウントで以前は「LINE@」とよばれていました。

先日、ある人から

LINEのここ(アカウント名の前)に星がついてるんだけどこれって意味あるの?

と質問されました。アカウント名の前についている星には意味があります。アカウント名の前についている星の意味について今日は書いてみようと思います。

スポンサーリンク

LINE公式アカウントのアカウント名の前についている星(バッジ)を見ればアカウントの種別が分かる

LINE公式アカウント(以前はLINE@と呼ばれていた)は3つの種類があります。

LINE公式アカウント アカウント種別|LINE for Businessのページによると、星の色(アカウントバッジ)で見分けることができるとあります。

アカウントバッジの色が「緑」または「濃い青」なら、LINEが行う審査を通過したアカウントとなります。ちなみに、緑色のアカウントバッジが付与されているのは「プレミアムアカウント」、濃い青色のアカウントバッジが付与されているのは「認証済アカウント」です。

プレミアムアカウントと認証済アカウントはLINEの審査を通過したLINE公式アカウント

プレミアムアカウントも認証済アカウントもLINEが行う審査に通過しなければ緑または濃い青色のアカウントバッジをつけることはできません。

特に、緑のアカウントバッジがついているLINE公式アカウントは、LINEが設定した一定の基準を満たしたアカウントだけに付与されます。

アカウントバッジの色が「グレー」なら、誰でもが登録して利用できるアカウントで、未認証アカウントとなります。

プレミアムアカウントや認証済アカウントは料金を払っているから取得できるわけではない

お金をたくさん払えば、グレードの高いアカウントにできるんじゃない?

実はそうじゃないんです。お金というのは料金プランのことだと思いますが、LINE公式アカウントを開設するために有料プランにしなければいけないというのではなく、LINE公式アカウントでは無料で開設できるプランもあります。

LINE公式アカウントの料金プランのページを見てみると、LINE公式アカウントには3つのプランが用意されています。

画像引用:LINE公式アカウント料金プランhttps://www.linebiz.com/jp/service/line-official-account/plan/

フリープラン、ライトプラン、スタンダードプランに分かれていますが、審査を通過したからライトプランやスタンダードプランに変更しなくてはいけないというわけではありません。

上の表にある「無料メッセージ通数」を見てみると、フリープランは1000通/月になっているのに対して、ライトプランでは15000通/月、スタンダードプランでは45000通/月となっていますね。

LINE公式アカウントを友だち追加してくれているユーザーが何人いて、月に何通メッセージを送るかによって利用するプランが変わってくるんです。

たとえば、LINE公式アカウントを友だち追加してくれたユーザーが500人として、月に1通配信するとすればフリープランでもOKですが、毎週メッセージを配信するとして、月に4通と仮定するなら、500人×4通=2000通となるため、フリープランでの運用はできなくなります。

LINE公式アカウントの料金プラン「フリープラン」は1000通を超えたからといって追加料金を払ってメッセージを配信することはできません。

LINE公式アカウントの「公式」とは「LINEが認めた、安全だ」とお墨付きがついているわけじゃない

へえ、そうなんだ。どんな審査がされているか公開されていないからわからないってことだけど、公式って言ってるなら安心だよね

実はそうじゃないらしいです。LINE公式アカウント種別 LINE for Businessのページには以下のように書かれています。

当社所定の審査を通過することで、アカウントバッジが付与され、LINEアプリ内での検索結果にも露出されるようになります。さらに一部の機能や決済手段などが拡張されます。
※LINEがそのサービスを支持するかどうかとは関係ありません
引用 LINE公式アカウント種別 LINE for Business

LINE公式アカウントのプレミアムアカウントに関しては審査基準が非公開となっていますが、認証済アカウントに関する基準が示されています。

1. LINEユーザーの不利益につながる可能性がないか
2. 法令における規制の有無と規制内容に抵触するものでないか
3. 利用規約第18条「禁止行為」各号に該当するおそれがないか
4. 当社が独自に定める審査基準を満たすか否か
5. 当社の事業へ悪影響を及ぼす、あるいは当社の信用を損なうものでないか
引用 LINE公式アカウントの審査とは LINE for Business

これらの基準をクリアしたという点では、認証済アカウントは個人・法人かかわらずに作成できるLINE公式アカウントに比べると少しは安心とも言えるのかもしれませんが、「絶対」ということはインターネットを利用していれば危険な面や不安な面はあると思うので過信し過ぎないようにはしたいですね。

スポンサーリンク
今日のご相談
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
wseedをフォローする
この記事を書いた人
wseed

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedをフォローする
だぶるしーど