オンライン印刷会社への入稿。WordやExcel、PowerPointでも入稿できるようになった

講師・インストラクター

一昔前なら自分で作ったデータを大部数印刷してもらおうと思えば、印刷会社にデータを渡して印刷してもらうしか方法はありませんでした。

さらに以前は印刷データを入稿するにはそれなりのソフトで制作したもの(たとえばAdobe系のソフト)しか入稿できませんでした。

ところが、時代は変わり、インターネットを使えばブラウザ上で印刷データを入稿できる「オンライン入稿」が可能になり、さらに、それなりのソフトで制作したもの以外、WordやExcel、PowerPointで制作したものも印刷データとして入稿できるようになりました。

スポンサーリンク

ネットでイベントチラシの印刷を頼みたい

先日、イベントを主催する女性から「ネットでイベントチラシの印刷を頼みたい」と相談がありました。

彼女がイベントチラシを制作したソフトはWord。

以前ならそれを受け取り、Adobe系のソフトで印刷できるデータとしてから入稿、という流れでしたが、今やAdobe系のソフトで制作されていないものでも対応してくれるオンライン印刷会社が多くなったので、「自分で入稿してみませんか?」とお話ししてみました。

出来ない、分からないところはサポートする、ということでWordで制作したイベントチラシをオンライン入稿→印刷することになりました。

彼女が印刷を依頼しようとしていたオンライン印刷会社は運のいいことにOffice入稿が可能でした。データの作り方もしっかり書かれていました。これならほぼサポートしなくても大丈夫だろう、そう思ったのですが。

オンライン印刷会社のサイトに入稿データの作り方が詳しく載っていたので、そのとおりに作業してもらい、入稿までは順調に事が運んでいきました。

入稿データが差し戻された?!Wordで制作したファイルをPDF保存するときにチェックし忘れやすいこと

仕事をしていると彼女からLINEが。入稿データが差し戻されたと言います。

Office入稿する条件として、PDF保存ができるバージョンでなければなりませんが、彼女のパソコンにインストールされていたのはWord2007。PDF保存ができるバージョンです。

オンライン入稿したデータが差し戻された理由として「埋め込まれていないフォントがある」と。

そこで入稿先のサイトを確認してみると、Word2007でPDF保存をする場合、PDFのオプションから「ISO 19005-1に準拠」を選択(チェック)してからPDF保存しなければならないと書かれていました。

このとおりにPDF保存をしてもらい、再入稿してもらいました。が、また差し戻されました。

フリーフォントがうまくPDFに埋め込まれていなかったのも原因

入稿しようとしたWordファイルを送ってもらい確認してみると、フリーフォントが使われていました。

フリーフォントをそのまま使うとうまく埋め込みがされないこともあるのでしょうか。とにかく、そのフリーフォント名を教えてもらい、こちらのPCでフリーフォントをインストールしWord上で再現できるようにしました。

次に、フリーフォントを使っている文字列をワードアートに変更し、図形のように扱えるようにし、同じ手順でPDF保存をし、そのデータを再入稿してもらったところ、無事入稿、7日後には手元にイベントチラシが納品されました。

スポンサーリンク

PDFファイルのフォントの埋め込みがうまくいっているかを確認するには

AdobeのAcrobat Readerを使えばフォントの埋め込みに問題が起きていないかを確認することができます。

Adobe Acrobat Readerでファイルを開き、ファイル→プロパティへと進みます。

画面が表示されたら「フォント」タブをクリックするとPDFファイルに埋め込まれているフォントが一覧で確認できます。

スポンサーリンク

オンライン印刷会社にOffice入稿ができるようになった

オンライン印刷会社、本当に増えましたね。これだけ増えるとどこに印刷を依頼するか迷います。オンライン入稿ができるというのは印刷までにかかる日数がそれだけ減らせるので、印刷依頼をよく出す身としてはありがたいサービスです。

さらに、それなりのソフトで制作したデータでなくても、WordやExcel、PowerPointで作成したデータでもPDFファイルに変換できるバージョンであればそれもオンライン入稿ができるようになったのも、ネットで印刷してもらう手段が増えてこれまたありがたいサービスです。

ただ、注意点としてはフリーフォントはあまり使わないほうがいいかもしれません。フォントの埋め込みがうまくできないこともあるみたいですし、もしどうしてもフリーフォントを使いたいというのであれば、ワードアートにしてみるとうまくいくときもあるみたいです。

それから、納品にはくれぐれも余裕を持つようにしてくださいね。早く印刷してもらえばしてもらうほど料金はお高めになってしまいます。

わたしがいつも名刺やチラシ・パンフレットのご依頼で使わせてもらっているのが、業界最大規模の品揃えを誇る実績と信頼の「印刷の通販 グラフィック」さんです。

オンライン入稿(こちらではダイレクト入稿と呼んでいます)もOffice入稿もできます。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
講師・インストラクター
wseedkをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
だぶるしーど