Google Chromeに重大な脆弱性?!Google Chromeのバージョンの確認方法、アップデート方法は?

講師・インストラクター
この記事は約3分で読めます。

2020年5月6日(米国時間)に、Google Chromeに重大な脆弱性があると発表されました。

United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は2020年5月6日(米国時間)、「Google Releases Security Updates for Chrome  |CISA」において、Google Chromeにセキュリティ脆弱性が存在すると伝えた。このセキュリティ脆弱性を利用されると、攻撃者によって影響を受けたシステムの制御権が乗っ取られる危険性があるとされており注意が必要。
引用元 Google Chromeに重大な脆弱性、アップデートを|マイナビニュース

Google Chromeのバージョンを確認し、投稿日(2020年5月9日)現在、以下のバージョンになっていれば、脆弱性が修正された最新バージョンです。

Google Chrome for Windows version 81.0.4044.138
Google Chrome for Mac version 81.0.4044.138
Google Chrome for Linux version 81.0.4044.138
スポンサーリンク

Google Chromeのアップデート方法は?

PC版のGoogle Chromeのバージョン確認方法

Google Chromeを起動し、画面右上にある「…」(その他)ボタンをクリック→「ヘルプ」→「Google Chromeについて」をクリックします。

すると、Google Chromeの更新がないかを確認する動作に移り、最新であれば以下のような画面になります。

この画面を開いたとき、Google Chromeの最新バージョンになっていない場合は、更新するようにと画面に表示されるようです。

PC版のGoogle Chromeは基本的には自動的にアップデートされる

PC版のGoogle Chromeは、起動したり、終了したり、再起動したりすると自動的にアップデートされるようになっています。

ところが、Google Chromeを開いたままにしていると更新が実行されずに保留状態になるようです。

Google Chromeの更新が保留されていると、Google Chromeの右上にある「…」(その他)ボタンが緑→オレンジ→赤と色を変えて知らせてくれます。

色が変わったボタンをクリック→「Google Chromeを更新」というメニューが表示されるのでクリック→「Chromeの再起動」というメッセージにある「再起動」ボタンをクリックすると、Google Chromeの再起動が行われ、アップデートが始まります。

Google Chromeのバージョン確認方法とアップデート方法についてのまとめ。

基本的には、Google Chromeは開きっぱなしにしていない限り、自動的にアップデートされるようになっています。

Google Chromeを利用するユーザーは多いと思います。バージョンの確認を必ず行うようにしたほうがいいみたいですね、最近脆弱性があるとニュースになることが多いので…。