Googleアドセンスでサイトを追加しようとしたら「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」となったときにやってみたこと

スポンサーリンク
ブログ収益化
この記事は約3分で読めます。

Googleアドセンスに2つめのブログを追加したところ、「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」と表示されたと問い合わせがありました。

URLを教えてもらってサイトを確認しましたが、記事の内容に関してはポリシー違反となるようなものは見当たりません。さて、何がポリシー違反なのか…とブログを見ていたところ、あることに気づきました。

GoogleアドセンスのGoogleポリシー違反と聞くと、記事の内容に問題があると考えるのが一般的なのですが、「これ」を設置していないこともポリシー違反になります。

スポンサーリンク

Googleアドセンスでお客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたと出た場合の対処法

「プライバシーポリシー」「プロフィール」「コンタクト」が設置されている?

複数のポリシー違反とあると記事に問題があるかと思われがちですが、その前に確認してもらいたいのが、プライバシーポリシー、プロフィール、コンタクトがサイトに設置され、かつ、すべてのページからアクセスできるようになっているかを確認しましょう。

Googleアドセンスのヘルプにはプライバシーポリシーについてこのように書かれています。

https://support.google.com/adsense/answer/1348695?hl=ja

この方のブログにはプライバシーポリシーのページが設置されていませんでした。

WordPressでサイトを開設されていたので、固定ページにあった「プライバシーポリシー」をカスタマイズして公開しました。

Googleアドセンスに限らず、ブログを運営するならどんな人物が記事を書いているのか、プロフィールページを作成しておいたほうがいいのですが、この方のブログには設置されていませんでした。

WordPressはプロフィールページを作成することができますし、プラグインを使ったり、テーマ独自のプロフィールウィジェットが使えたりします。

ユーザーがブログ開設者とコンタクトが取れるよう、メールアドレスを掲載しておくかメールフォームを設置する必要があるのですが、このサイトにはそれが掲載・設置されていませんでした。

ブログにメールアドレスを掲載すると迷惑メールが送られてくる可能性があるので、できればメールフォームを設置しておきたいところですが、メールフォームの自作は手間がかかるのでWordPressでブログを開設しているならContact Formなどのプラグインを用いてメールフォームを設置しておくとよいでしょう。

以上、ブログにプライバシーポリシーとプロフィールページ、メールフォームを設置してGoogleアドセンスに再審査を依頼しました。

Googleアドセンスの再審査に合格したと連絡があった

それから1日くらいが経過したところで「おめでとうございます」という内容のメールが届いたよとLINEがありました。

記事数は30ほどでしたが、無事、Googleアドセンスのサイト審査を通過し、サイトにGoogleアドセンスの広告が表示されていました。

今回は、運営者に連絡が取れるようにする、プロフィールとプライバシーポリシーの設置を行ったことでクリアできたようですが、非承認・要確認になる理由はひとつじゃないような気もします。

とりあえず今回はこれで大丈夫そうなので良かったとします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ収益化
スポンサーリンク
wseedをフォローする
だぶるしーど
タイトルとURLをコピーしました