Googleアドセンスでサイトを追加しようとしたら「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」となったときにやってみたこと

ブログ収益化
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

Googleアドセンスに2つめのサイトを追加しようとしたら「お客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたため、サイトを承認できません」と表示されたとお問い合わせいただきました。

ブログのURLを送ってもらい確認してみたところ、ブログ記事自体にGoogleポリシー違反があるような記事は見当たりませんでしたが、少し気になったのが、あるべきものがない点。

結論から書くと複数のポリシー違反というメッセージを受け取ったとしてもブログ記事に違反があること以外に、あるべきものがないこともポリシー違反となります。

この記事では、Googleアドセンスにサイトを追加しようとしたら複数のポリシー違反があるとメッセージを受け取ったときに確認したいところをまとめていきます。

スポンサーリンク

Googleアドセンスでお客様のサイトで複数のポリシー違反が確認されたとメッセージが表示されたら確認したいところ

Googleアドセンスではポリシー違反があると、サイトが追加できなかったりアドセンス広告が配信されなくなったりします。ポリシー違反と聞くと記事の内容になんらかの問題があるのではと考えますが、記事の内容以前に「あるべきもの」が設置されていなくてもポリシー違反となります。

この方のブログを確認したところ、記事の内容にそれほど大きな違反行為があるようには見えませんでした。ただ、Googleアドセンスを利用する上でブログ内に必ず設置しなければならないものが設置されていないことが気になりました。

Googleアドセンスを利用するならブログに設置しなければならないもの

プライバシーポリシー

Googleアドセンス広告は、ユーザーの行動履歴をもとに広告を配信するようになっています。

Googleアドセンスで配信される広告は、設置したページの内容や訪れたユーザーのブラウザに保存されている閲覧履歴(Cookie)を元に決定される仕組みです。

訪れたユーザーのブラウザに保存されている閲覧履歴や行動履歴を参照することになるので、ユーザーにどのような情報を得ているかを明示する必要があります。

これを「プライバシーポリシー」という形でサイトのどこかに設置しておかなければなりません。

ところが、この方のサイトにはプライバシーポリシーが設置されていませんでした。

WordPressにはあらかじめ「プライバシーポリシー」のテンプレートがありますので、ブログの内容に応じて書き直して公開しました。

プロフィールページ

ブログで収益を得るなら、プロフィールページを作成し公開する必要があるのですが、プロフィールページも作成・公開されていませんでした。プロフィールといっても履歴書みたいなものではなく、ハンドルネームでもOK、どんなブログを書いているかを簡単にまとめてページを作成するか、サイドバーにプロフィールを掲載しておくかしておきましょう。

ユーザーがブログ開設者とコンタクトをとることができるようにしておく

ユーザーがブログ開設者とコンタクトが取れるよう、メールアドレスを掲載しておくかメールフォームを設置する必要があるのですが、このサイトにはそれが掲載・設置されていませんでした。

ブログにメールアドレスを掲載すると迷惑メールが送られてくる可能性があるので、できればメールフォームを設置しておきたいところですが、メールフォームの自作は手間がかかるのでWordPressでブログを開設しているならContact Formなどのプラグインを用いてメールフォームを設置しておくとよいでしょう。

以上、ブログにプライバシーポリシーとプロフィールページ、メールフォームを設置してGoogleアドセンスに再審査を依頼しました。

Googleアドセンスの再審査に合格したと連絡があった

それから1日くらいが経過したところで「おめでとうございます」という内容のメールが届いたよとLINEがありました。

記事数は30ほどでしたが、無事、Googleアドセンスのサイト審査を通過し、サイトにGoogleアドセンスの広告が表示されていました。

今回は、運営者に連絡が取れるようにする、プロフィールとプライバシーポリシーの設置を行ったことでクリアできたようですが、非承認・要確認になる理由はひとつじゃないような気もします。

とりあえず今回はこれで大丈夫そうなので良かったとします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ブログ収益化
スポンサーリンク
wseedをフォローする
だぶるしーど
タイトルとURLをコピーしました