Office 365 Soloの支払い方法。クレジットカード以外にデビットカードが使える、らしい。

個人的なこと。
この記事は約4分で読めます。

Office 365 Soloの支払い方法についてご質問いただきました。たしか、クレジットカードとPayPal以外に方法はなかったように記憶していたのですが、気になったので少し調べてみることにしました。

スポンサーリンク

Office 365 Soloとは

MicrosoftのWordやExcelなどを使えるようにするためには、以前はソフトを購入しインストールする形でしたが、最近はこれに「Office 365」というのが追加されました。

「Office 365 Solo」とは個人利用できるOfficeです。説明文を引用すると

個人向けのサブスクリプション版(年間または月間契約)のOffice。同一ユーザーが使用する複数のWindows PC、Mac、タブレット、スマートフォンで常に最新版のOffice アプリケーションを使用可能
引用 Office 365でOfficeを最大限に活用する

Office 365 Soloに含まれるアプリケーション(ソフト)は

  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • Outlook
  • Publisher(Windows PCのみ)
  • Access(Windows PCのみ)

その他に含まれるサービスとして

  • OneDrive(1TB)
  • Skype

ざっくり言えば、毎月もしくは毎年一定額を支払うことによって最新版のOfficeソフトが使用できるということです。

ちなみに、Microsoftアカウントを取得すればOneDriveが5GB無料で使えるようになっていますが、Office 365 Soloを購入(というより契約に近い?)すれば、1TBに増えます。

OneDriveの容量だけを増やしたいなら、OneDrive50GBを契約するといいみたいです。(1ヶ月あたり249円と書かれていました。)参考 Microsoft OneDriveのプラン

Office 365 Soloを使えるようにするには

Office 364 Soloの購入ページにMicrosoftアカウントでログインし、購入手続きを行います。

1か月間の無料試用も可能です

Office 365 Soloは年払いにすると12,774円(税込)、月払いにすると1,274円/月になります。

注意書きを引用しておきます。

• 1 ユーザー向け
• 複数の Windows PC または Mac、タブレット、スマートフォン (Windows、iOS、Android*) で使用できます。
• Premium バージョンの Word、Excel、PowerPoint、Outlook (Publisher と Access は Windows PC のみ)
• 1 TB の OneDrive オンライン ストレージと高度なセキュリティ
• 他のユーザーとオンラインでドキュメントの共同作業を行うことができます。
• Microsoft のエキスパートからチャットや電話で技術サポートを受けることができます。
• 年次または月次サブスクリプションです。サブスクリプションは自動的に継続されます。いつでもキャンセル可能です。
* iOS および Android では、個別にアプリをダウンロードする必要があります

支払い方法を選択する画面でクレジットカードとPayPal以外にデビットカード(JCB、Visa、Master)が使えるようになっていました(いつの間に…)。

クレジットカードを持っていないと購入できないのかと思っていましたが、デビットカードでも購入可能になったんですね。

デビットカードとは?

ちなみにデビットカードとは、銀行の預金口座と連携させておくことで会計を行った時点で口座の残高から即時引き落としされます。

有名どころの銀行以外に地方銀行やJCB、Visa、Masterなどでデビットカードは作ることができるみたいですね。参考 デビットカード Wikipedia

全部が全部ということではないと思いますが、調べた限りでは、店頭での使い方はクレジットカードと同じ使い方をし、支払い回数を聞かれたら「1回払いで」と伝えます。また、インターネットショッピングの場合は、クレジットカード払いと同じ決済手順を踏みます。

デビットカードにも有効期限、セキュリティコードがあります。

Office 365 Soloの支払い方法にデビットカードが使えるようになっていた件

いつのまにOffice 365 Soloの支払い手段にデビットカードが使えるようになっていたんでしょうか…。

ちなみに、サブスクリプション版は支払いを続ける限り使用できるライセンスなので、支払いを止めるとファイルの内容は見られるけれどファイルの修正や新規作成ができなくなるとされていますが、実際はどうなんでしょうね。多少の猶予みたいなものはあるようですが…。

Office 365 Soloとは別にOffice Premiumというバージョンに付いているOffice 365というのがありますが、Office 365 Soloとは違うものになるので注意しましょう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
個人的なこと。
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど