OneDriveの使い方を初心者にも分かってもらえるように書いてみた

講師・インストラクター
この記事は約9分で読めます。

OneDrive(ワンドライブ)はクラウドサービスのひとつの機能。インターネット上に与えられた領域にファイルを置き、いろんな端末からファイルを見たり操作ができたりします。

また、OneDriveに共有フォルダを作成し、他の人を招待することでファイルを共有することもできます。

スポンサーリンク

OneDriveを利用できる条件は?

OneDriveを利用するためにはインターネットに接続した端末とMicrosoftアカウントが必要です。

Microsoftアカウントは、Windows8以上のパソコンを使っている人なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

ただ、ご相談で多いのが「Microsoftアカウントを使っているのかが分からない」というもの。

パソコンを購入するとき、販売店にパソコンのセットアップを依頼した人に多い事例です。

OneDriveにファイルを保存したい場合は、ご自身がMicrosoftアカウントを所有しているかを確認する必要があります。

Microsoftアカウントに登録しているかを確認する方法

Windows8以上のパソコンを使っている場合、アカウントを使ってパソコンを起動しているはずです。

ですが、この起動時に使用するアカウントには種類が2つあります。

ローカルアカウントとMicrosoftアカウントです。

Windows10にログインしているアカウントの種類を確認するには

ご自身がローカルアカウントを使っているのかMicrosoftアカウントを使っているのかを確認するには以下の手順で確認できます。

Windows10の場合、スタートボタンをクリック→設定(歯車のようなアイコン)をクリックします。

設定の画面が開いたら「アカウント」のアイコンをクリックします。

左側のメニューにある「ユーザーの情報」をクリックすると現在、パソコンを起動させているアカウントが確認できます。

ちなみに、Microsoftアカウントを使ってパソコンにログインしている場合はメールアドレスとMicrosoftアカウントの表示名が表示されています。ローカルアカウントであるならローカルアカウントと表示されます。

Windows8.1の場合、ローカルアカウントでOneDriveを使うには少しだけ手順を必要とします。詳しくは以下のサイトで。

参考 Windows 8.1で、OneDriveを使用する方法について教えてください。

Microsoftアカウントでパソコンを使っているなら、第一段階はクリアです。OneDriveを起動し、初期設定を行えばOneDriveを利用することができます。

参考 [Windows 10] OneDriveと同期する方法 / 同期しない方法を教えてください。

OneDriveを使うと何ができる?

OneDriveを使えばファイルの保存場所が増える

まず、ファイルの保存場所が増えます。OneDriveに保存できる容量は無料プランで5GBになります。

USBメモリを持ち歩くよりもインターネットに接続できる環境が整うのであれば、OneDriveに保存したほうが安全です。

もし、パソコンに不具合が発生し起動できなくなってもOneDriveに保存してあるファイルは無事です。パソコンが起動できるようになればOneDriveから取り込むこともできます。

また、新しくパソコンを買い替えたとしても、同じMicrosoftアカウントでパソコンを起動すればOneDrive上のファイルを取り込むことだって可能です。

住所録やパソコンの設定に必要な情報(メール設定やWebサービスの会員情報など)をOneDriveに保存しておく、なんてこともできます。

OneDriveのファイルは同期されているから常に最新の状態

次に、ファイルの同期が可能です。OneDrive上に保存したファイルを操作すれば、ファイルは常に最新の状態になります。

USBメモリに保存したファイルを追記・修正したりするとどれが最新のファイルなのかが分かりづらいです。

誤って古いファイルで上書きしてしまうことだってあります。

OneDriveに保存したファイルは常に最新ですので、こういったことが減ると思います。

OneDriveのファイルを他の人と共有できる

そして、ファイルの共有ができます。

たとえば、友人とファイルのやり取りをする場合、OneDriveのフォルダを共有設定し、友人を招待すればお互いの端末でファイルを見たり、操作したり、ダウンロードしたりができます。

OneDriveのアプリを使えばスマホやタブレットでも使える

一番大きなメリットといえば、パソコン以外のデバイス、スマホやタブレットでもOneDriveは利用可能です。

スマホやタブレットにOneDriveのアプリをインストールし、Microsoftアカウントとパスワードを使ってログインしておけば、いつでもどこでもファイルを確認することができます。

OneDriveの無料プランだと5GBという容量ですが、だいたい写真なら1700枚(1枚の写真の容量を3MBと仮定)くらいは保存できるそうです。

参考 OneDriveとは 楽しもうOffice

OneDriveの使い方

OneDriveを使う準備

では、実際にOneDriveをどうやって使うのかを簡単に書いてみようと思います。

OneDriveはMicrosoftアカウントとパスワードがあれば利用できます。OneDriveにも容量がありますが、Microsoftアカウントを持てば5GB(無料)使うことができます。

Windows10、8.1の場合

はじめからOneDriveアプリがインストールされているので、アプリ起動時にMicrosoftアカウントとパスワードを入力することで使用できるようになります。

OneDriveアプリは、スタートメニュー→プログラム一覧から「OneDrive」をクリックすると起動できます。

プログラム一覧に「OneDrive」がなかったらアプリをダウンロードしよう

OneDriveアプリをダウンロードするには、以下のサイトにアクセスしてダウンロード、インストールします。

Microsoft OneDriveのダウンロード

OneDriveが利用できるようになるとエクスプローラーにOneDriveが表示される

OneDriveが利用できるようになると、エクスプローラーのナビゲーションウィンドウ(左側)に「OneDrive」というフォルダ表示されます。

OneDriveの操作画面

OneDriveが使えるようになると、一般的なフォルダと同じように使うことができる

通常のウィンドウ操作と同じでファイルをドラッグすればいいだけです。

OneDriveの写真と動画の自動保存について

以前、自宅でパソコンにデジカメをつないで写真を取り込んだのに、ピクチャに写真が取り込まれていないと質問がありました。

そんなはずはないだろうとピクチャ内を探しましたが、該当する写真は見つかりません。そこでもう一度パソコンにデジカメをつないでもらって動作を確認すると原因が分かりました。

そうです、このOneDriveの設定が原因で、実際にはパソコンに写真を取り込むこと自体はできていたのにピクチャに写真が取り込まれずに、OneDriveの中に取り込まれていたのです。

と書きましたが、実際にはパソコンの保存領域に取り込まれたのではなく、OneDriveというネット上の場所に取り込まれていたのです。

先ほども書きましたが、OneDriveには容量があります。5GBもあればいっぱいになってしまうことはないと思いますが、写真のデータ容量は想像以上に大きいのであっという間にいっぱいになってしまうかもしれません。

パソコンをデジカメに接続したらOneDriveに取り込まれる設定は以下の方法で確認・変更することができます。

タスクバーにある雲のアイコンを右クリック→設定をクリックします。

「自動保存」タブをクリックし、「写真と動画」のカメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存のチェックを外します。

デジカメなどの写真がOneDriveに自動保存されないようにするには

OneDriveの設定画面で「自動保存」タブの中にある「写真と動画」の「カメラ、電話などのデバイスをPCに接続するたびに写真とビデオをOneDriveに自動保存」

OneDriveに保存しておけば、別の端末でも写真や動画を見ることができるので便利といえば便利なのですが、これらのファイルは1つのファイルの容量が結構な大きさになるのであっという間に容量を超えてしまうかもしれませんから、外しておいてもいいかもしれないですね。

同期と共有、バックアップはそれぞれ意味が違います

同期はそのファイル自体が最新の状態でその場所にあるということであり、どの端末から見てもファイルが同じ状態で見られるということ。

反対にバックアップというのは、何かパソコンや端末に不具合が起きた時に不具合が起きる前に戻すことであり、万が一に備えてファイルを別の場所に保管しておくこと。

たとえば、スマホで撮影した大事な写真。スマホに万が一のことがあったら大変ということでクラウド(OneDriveとかDropboxとか)にアップロードする。これは「同期」でありながらバックアップの意味も持ちます。

ところが、そのあとスマホに写真が溜まってしまったので削除したくなったとき。クラウドにアップロードしてるからいいよね、とスマホ内の写真を削除した時点で、同期はされているけれどバックアップの意味は持たなくなります。

バックアップというのは、ファイルが別の場所にもある状態のこと。クラウドに写真をアップロードしたあとにスマホから写真を削除してしまってはファイルはクラウドにだけある状態。つまりクラウドにしかその写真はない、ということ。

クラウドにアップロードした写真をパソコン内にコピーすれば、ファイルが2か所にあるわけだからバックアップの意味を持つようになります。

もうひとつ、同期と共有も意味が違います。

同期とはいろんな端末からファイルを操作できる。共有は誰かと一緒にファイルを使うということです。

OneDriveとは?OneDriveの使い方についてまとめ。

OneDriveはいろんな端末からファイルを見ることができ、そのファイル自体を操作すれば最新の状態。バックアップとして使うのもありだけど、どちらかというといろんな端末から見られる、操作できるほうがメリットとしては大きいです。

さらに、インターネットに接続したパソコンならWordやExcelなどのMicrosoft OfficeからダイレクトにOneDriveへ保存することも可能です。

パソコンがインターネットに接続されていないとOneDrive内のファイルを見ることはできません。ネット接続がない環境で使用する可能性のあるファイルはパソコン内に保存しておくようにしましょう。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
講師・インストラクター
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど