PayPalの本人確認にゆうちょ銀行を登録しようとしてつまづいた件について

仕事術
この記事は約5分で読めます。

PayPalで口座振替設定が可能な銀行を登録すると、本人確認手続きが即座に完了できるとあったので、さっそく「ゆうちょ銀行」の口座を登録しようとしたのですが、何度やっても「口座振替設定が完了できませんでした」とエラーが表示されてしまいます。

2020年9月17日現在、ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座からの支払いおよび新規振替設定を一時的に停止しています。
参照 [重要]ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座をご利用のお客様へのご案内~PayPal
スポンサーリンク

PayPalビジネスアカウントの本人確認に銀行口座を使う

PayPal(以下、ペイパル)で本人確認の方法としては、口座振替設定が可能な銀行を登録するか、本人確認書類をアップロードするかになります。

ちなみに、ペイパルのアカウントにはパーソナルアカウントとビジネスアカウントがあるのですが、ビジネスアカウントにすると以下のことができるようになります。

  • ペイパルアカウントを持っていない人からでも送金してもらえる
  • 売上や取引の履歴が一覧できる(ダウンロードも可)
  • paypal.meでオンライン決済可能
  • 外貨の受け取りや複数通貨の管理もできる

と前置きはこれくらいにして、個人事業主としてペイパルのビジネスアカウントの登録まではこぎつけたのですが、最後の山場、銀行口座登録でおもいっきりつまづくことになろうとは思ってもいませんでした。

ペイパルで口座振替設定ができるはずのゆうちょ銀行の口座が登録できない?!

ペイパルで口座振替設定が可能な銀行とは、

  • みずほ銀行
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • りそな銀行・埼玉りそな銀行

となっています。事前に準備するものとしては、キャッシュカードか通帳、インターネットバンキングを使っている場合はそのアカウントやパスワードなどです。

登録する銀行によって準備するものが異なりますので、口座振替設定が可能な銀行を登録する場合|ペイパルをご覧ください。

というわけでいつも使っている「ゆうちょ銀行」が口座振替設定が可能な銀行にあったので、迷わず「ゆうちょ銀行」を登録しようとお財布からゆうちょ銀行のキャッシュカードを取り出し、さっそく登録を始めようとしたところでひとつめのつまづき…。

ゆうちょ銀行の支店コードってどれ?

ペイパルの登録画面で最初につまづいたのが、支店コード。ゆうちょ銀行のキャッシュカードには支店コードなる表示がありません。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードには、記号(5桁)と番号(7桁)が表示されているだけ。

ゆうちょダイレクトに登録してあったので、ゆうちょダイレクトにログインしてみたもののそれらしい表記はありません。

そこで、ペイパルの口座振替にゆうちょ銀行を登録する手順(即時振替サービス・双方向即時振替サービスの操作方法)を確認したところ、ありましたよ…。

ゆうちょ銀行の支店コードは、記号の5桁の数字のうち、2桁目~4桁目の3つの数字だったのです。

まさかのゆうちょ銀行の口座番号登録でつまづく…(泣)

なんとかゆうちょ銀行の支店コードを見つけたのもつかの間、次につまづいたのが「口座番号」、ゆうちょ銀行でいうところの「番号」。

ペイパルのページには以下のように記載されています。

※ゆうちょ銀行をご利用の方はご注意ください。 支店コードおよび口座番号のご確認方法
キャッシュカードまたは通帳に記載された記号番号をご確認ください。
支店番号 – 5桁の記号番号の中3桁
口座番号 – 8桁の記号番号の最初の7桁

ん?5桁と8桁?わたしのキャッシュカードには5桁と7桁しか表示されていません。

口座番号には最初の7桁とあるし、同じ7桁だしこのままでいいだろうと先に進めていくと、ゆうちょ銀行のページに移動し最後にキャッシュカードの暗証番号を入れて、口座振替申請を行いました。

が、初めに書いたとおり「振替設定が完了しませんでした」と表示されてしまいました。何度か操作をやってみたけれどだめです。

なんでだろうな…、ペイパルのヘルプページを見てもそれらしい情報は見つからず、もう口座登録で本人確認を行うのは止めて、本人確認書類をアップロードするか…。

そんなことを考えながら、コーヒーを淹れてパソコンの前に戻ろうとしたとき、ふと「ゆうちょ銀行の通帳、見てみるか」と思い立ち、ゆうちょ銀行の通帳を引っぱり出したところで謎が解決!

通帳の1ページ目にしっかり書いてあったんですよ、ゆうちょ銀行を他の銀行とのやり取りに使用する場合は、この番号を口座番号として使ってとちゃんと8桁の番号が…(泣)

これか!ペイパルの口座登録入力画面でゆうちょ銀行の口座番号(通帳に印字されている番号)の先頭7桁の数字を入力してゆうちょ銀行の画面に入り、先ほどと同じように口座振替申請ボタンをクリックしたら

無事!登録完了!!

民営化される前に作ったキャッシュカードを見ながら操作したのがつまづきの原因だった

実は、このゆうちょ銀行の口座、民営化される前から使っているものでキャッシュカードもその時作ったもの。民営化された後、通帳がいっぱいになったかなにかで通帳だけゆうちょ銀行の通帳に変わっていたことをすっかり忘れていました。

初めからキャッシュカードではなく、通帳を見ながらやればすんなりできたんですよね、きっと。

ペイパルの本人確認にゆうちょ銀行の口座を登録するときの注意点

ゆうちょ銀行の口座をペイパルの口座振替口座として登録するとき、支店コードは通帳やキャッシュカードに記載されていませんが、記号5桁のうち、2桁目から4桁目を支店コードに入力します。

口座番号に関しては、ゆうちょ銀行のキャッシュカードまたは通帳に記載されている「番号」のうち、先頭から7桁目までを入力します。

わたしのように、民営化される前に作ったキャッシュカードの場合、番号が7桁しかありませんが、ゆうちょ銀行の通帳に8桁の番号が記載されていますので、先頭から7桁目までをペイパルの登録画面で入力してください。

口座振替の申請がオンラインでできる、キャッシュカードがあればできるとあっても通帳は手元に置いてすぐに確認できるようにしたほうがいいですね。

それと、ゆうちょ銀行で振込を受け取るには、相手に以下の情報を伝えなければなりません。

  • 振込用の店名(漢数字3桁をカタカナ読みしたもの)
  • 預金種目(普通とか貯蓄とか。当座もあるのかも)
  • 振込用の口座番号(番号の1桁目から7桁目)
  • 受取人名

ゆうちょ銀行の記号番号から振込用の店名・預金種目・口座番号を調べるのページにゆうちょ銀行の記号と番号を検索すると

  • 銀行名
  • 金融機関コード
  • 店番
  • 預金種目
  • 店名
  • 口座番号

が分かります。