Word文書→PowerPointファイルに変換することができる。

仕事術
この記事は約3分で読めます。

まったりとした日曜日の午後、そろそろ夕飯のお買い物に行こうかと思っていたところで携帯が鳴りました。出てみると

明後日、プレゼンがあるんやけど、スライドができへんのや。Wordで作ったもんはあるからそれを参考にしてスライド作ってもらえんやろか?

へ?明後日?今から?と内心思いましたが、とりあえずWordで作った文書(プレゼンでしゃべる内容を順番にまとめたもの)を送ってもらいましたが、ページ数が多い!ひとつずつコピペしてる場合じゃないな、ということでWord文書をPowerPointに読み込んで(アウトラインからスライド)修正していくことにしました。

スポンサーリンク

Word文書をPowerPointに読み込ませる「アウトラインからスライド」の使い方

PowerPointを起動し、「新しいプレゼンテーション」を開きます。

次に、「ホーム」タブをクリック→「新しいスライド」ボタンをクリック→「アウトラインからスライド」をクリックします。

PowerPointでアウトラインからスライドを選択

ファイルを選択する画面が表示されたら、Word文書を選択し「挿入」ボタンをクリックしてしばらく待つとWord文書の内容が読み込まれたスライドが作成されます。

PowerPointの「アウトラインからスライド」を使って読み込む文書にはアウトラインが設定されていないととんでもない読み込まれ方をする

ところが、「アウトラインからスライド」で読み込んだWord文書、そのまま読み込んでしまうとスライドが訳の分からない状態で取り込まれてしまいます。

今回いただいたWord文書には「アウトラインからスライド」を使用したときにうまくスライドに読み込めるような設定がされていませんでした。

PowerPointの「アウトラインからスライド」でWord文書を読み込む前に、Word文書にアウトラインを設定しておこう

Word文書を開き、スライドのタイトルにしたい段落にはスタイルの「見出し1」を、そのスライドの中身にしたい段落にはスタイルの「見出し2」を設定します。

各段落内にカーソルを置いた状態でWord2016の場合なら、「ホーム」タブをクリック→「スタイル」の中にある「見出し1」または「見出し2」をクリックすればアウトラインを設定することができます。

アウトライン(Wordではスタイル)を設定できたら、念のため別名で保存しておき、別名で保存したファイルをPowerPointの「アウトラインからスライド」で読み込めばうまくいきます。

スポンサーリンク

他にも、Wordのアウトライン表示のレベル設定を使うという方法もあります。

Word文書を読み込んでPowerPointのスライドを作る方法、のまとめ

今回のWord文書は、プレゼンテーションで使用するために作成されたものだったので、アウトライン設定はされていませんでしたが、Wordのスタイルを適用する段落を見極めるのは手間がそれほどかかりませんでした。

Word文書のほうに書式が設定されていると、スタイルを適用すると書式が変更されてしまうことがありますので、上書き保存せずに別名で保存したほうがいいと思います。

仕事術
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
Kiyomiをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

Kiyomiをフォローする
だぶるしーど