Jimdoの旧レイアウトから新レイアウトへ変更すると旧レイアウトへは戻れない

Jimdo ホームページ作成サービス
この記事は約5分で読めます。

Jimdoを使ってウェブサイトを開設している方から「Jimdoのレイアウトを変えてみたけど気に入らなかったから元に戻そうと思ったら戻せなくなった」と電話がかかってきました。

スポンサーリンク

Jimdoの旧レイアウトは2016年6月30日をもって新レイアウトに移行していた

Jimdoには複数のレイアウトが準備されていますが、2016年6月30日をもって旧レイアウトが廃止され新レイアウトが採用されることになっていたのです。

この方がJimdoでサイトを開設したのはこれよりも前、旧レイアウトが採用されていた時期です。そしてレイアウトを変更してみたのは新レイアウトが採用された後、だったのです。

Jimdoの旧レイアウトで作成されたサイトはどうなる?

現在、Jimdoの旧レイアウトでサイトを公開している人で、そのレイアウトが気に入っているのであればそのまま使い続けることは可能です。

ただし、今回お電話をいただいた方のように一度でも新レイアウトを適用してしまったあとでは、以前使っていた旧レイアウトを選択することはできないので注意してください。

もし、Jimdoの旧レイアウトから新レイアウトにするとどうなるのかを試してみたい方は、新レイアウトを適用せずにプレビューするだけにしましょう。

Jimdoの旧レイアウトから新レイアウトに移行するメリット

Jimdoの旧レイアウトで作成されたサイトでもサイトとしての役割は持続できます。しかし、新しいレイアウトならではの機能も使えるようになることを考えれば、いずれはJimdoの新レイアウトに移行させたほうがいいのではないかと思います。

では、Jimdoの新レイアウトと旧レイアウトでは何が変わったのかというところをざっくりとではありますが、まとめてみたいと思います。

スマホから見た時のデザイン(見た目)がよくなった

まず、Jimdoでサイトを制作するときに一番気がかりだったことというのが「スマホ表示」。いかにもJimdoで作りましたよ感が否めないデザインでした。

Jimdoの新レイアウトならスマホ表示にしても明らかにJimdoで作りましたよ感が抑えられます。スマホからの閲覧が多いサイトの場合、これは嬉しい変更なのではないでしょうか。

レスポンシブなレイアウトが増えた

次に、上のこととも被るのですが、レスポンシブデザインが採用されたレイアウトの数が増えました。

ちなみにレスポンシブとは、そのサイトを閲覧している端末によってレイアウトを変更できる仕様のこと。

一昔前なら、PCからの閲覧用とは別に携帯電話からの閲覧したとき用にページをもうひとつ作らなければなりませんでしたから、それはまあ面倒な作業でした。

その時代よりさらにサイトを閲覧できる端末が増えた今、端末ごとにページを作るなんていうことはしなくてもよくなり、1つのページを端末ごとにレイアウトを切り替えられる仕組み、レスポンシブが利用できるというのは、作業工程を短縮できるし、Googleなどの検索エンジンからの評価も高まります。

Google Search Consoleから「Mobile-first indexing enabled for サイトのアドレス」という件名のメールが届いた
Google Search Consoleから「Mobile‐first Indexing enabled」で始まる英文メールが送られてきました。英文メールはどきっとしますね…
個人的にはJimdoの新レイアウトの「TOKYO」がおすすめです

1カラムデザインが増え、メインコンテンツの表示エリアが大きくなった

Jimdoの旧レイアウトでは、2カラムが主流でした。2カラムとは、メインコンテンツとサイドバーで構成されたレイアウトです。

Jimdoの新レイアウトでは、1カラムが多くなりました。1カラムの場合、サイドバーが無くなるので画面に対するメインコンテンツの表示エリアが大きくなります。

これは推測ですが、スマホからサイトを閲覧する人が増えたのでレイアウトを1カラムにし、表示エリアを大きくしたのではないかと思われます。

テンプレートデザインの「定型ページ」が使えるようになった

Jimdoの旧レイアウトにはなかった機能のひとつとして定型ページという機能があります。Jimdoの新レイアウトの定型ページとは以下の5つのタイプです。

  • 「ホーム」…ホームページのトップページに利用できる
  • 「概要」…自分のことや団体、企業、店舗のことなどを紹介するのに利用できる
  • 「サービス」…商品やサービスの紹介に利用できる
  • 「お問い合わせ先」…コンタクトフォーム(メールフォーム)や連絡先を掲載するのに適している
  • 「画像」…写真を複数並べるようなギャラリーとして利用できる

ざっくりと定型ページを選択し、あとはパーツを追加したり削除したりしながら自由にレイアウトしていけます。

Jimdoの旧レイアウトを新レイアウトに適用したとしたら

Jimdoの旧レイアウトを新レイアウトに変更してしまったら、旧レイアウトで使っていた画像や文字データなどは消えてなくなるのではと思われるかもしれませんが、Jimdoの旧レイアウトから新レイアウトに移行しても画像や文字データなどはそのまま残るので安心してください。

ただし、レイアウトが変わりますので、元々あったところから移動してしまうことはあるようです。

Jimdoの旧レイアウトから新レイアウトへの移行方法は下記に詳しく掲載されているので合わせてお読み頂ければと思います。

Jimdoの旧レイアウトから新レイアウトを適用してしまうともう元には戻れない、のまとめ

Jimdoの旧レイアウトを使ってサイトを開設していて、旧レイアウトのまま使い続けたいなら新レイアウトを適用しないようにしてください。新レイアウトを適用した後、旧レイアウトに戻したくてももう戻すことはできません。

ただ、Jimdoの新レイアウトで変わったことはサイトを編集するうえでいろいろ工夫ができるようになっていますし、スマホからの閲覧が多いサイトであるならJimdoの新レイアウトを採用されると、スマホから見やすくレイアウトされるようになるので移行をお勧めしたいと思っています。

Jimdo

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ホームページ作成サービス
スポンサーリンク
wseedkをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
だぶるしーど