Jimdoで作成したページをGoogle Search Consoleに登録する方法

GoogleSearchConsoleにJimdoで作ったサイトを登録する方法ホームページ作成サービス
この記事は約3分で読めます。

(Jimdoで作った)ページをGoogle Search Consoleに登録しようとしたら、所有権が確認できないと出て登録できないと問い合わせがありました。

Google Search Consoleとは

Googleが提供する検索傾向を分析できるツールのこと。

Google Search Consoleとは、Googleが提供する検索傾向を分析できるツールのことです。Googleアカウントを持っていれば、誰でも使用することができますので、ホームページを作成したら登録しておくことをお勧めしています。

今回のお問い合わせですが、結果としてはGoogle Search Consoleに登録する際に使用するコードの取得方法が違っていたようです。

Jimdoで作成したページをGoogle Search Consoleに登録するには、HTMLタグを取得し、Jimdoの管理画面にある「ヘッダーの編集」にタグを貼り付ける必要があります。

Jimdoで作成したページをGoogle Search Consoleに登録するには

Jimdoで作成したページをGoogle Search Consoleに登録するには、Jimdoの管理画面とGoogle Search Consoleの画面を行き来する必要があるので、両方にログインした状態で操作を始めましょう。

Google Search Consoleでコードを入手

Jimdoの編集画面を開いておく。ブラウザの別タブまたは別ウィンドウを開き、Jimdoで作成したページを管理する人が所有するGoogleアカウントGoogle Search Consoleにログイン

「URLプレフィックス」のほうにある枠内にJimdoで作成したページのURL(トップページのURL)を入力し、続行ボタンをクリック

「所有権の確認」画面で「その他の確認方法」の下にある「HTMLタグ」をクリック

表示されたコードをコピーボタンをクリックしてコピー

JimdoのヘッダーにGoogle Search Consoleのコードを貼り付ける

タブまたはウィンドウを切り替え、Jimdoの編集画面の右上にある三本線をクリック→Jimdoの管理画面を開く

左端にあるメニューから「基本設定」をクリック

「ヘッダー編集」をクリック

ヘッダー編集の枠内に先ほどGoogle Search ConsoleでコピーしたHTMLタグを貼り付けて保存ボタンをクリック

Jimdoでの作業はこれで完了

Google Search Consoleで

Google Search Consoleの画面に戻って所有権の確認画面の先ほどコピーしたコードの下にある「確認」ボタンをクリック

所有権が証明されたら下のような画面が表示されます。

上の画面の「プロパティに移動」をクリックすると、Google Search Consoleのプロパティ画面が開きます(インデックスが完了するまでしばらく時間がかかります)。

後でも構わないので、Google Search Consoleにサイトマップを送信しておきましょう。

Jimdoで作成されたページのサイトマップをGoogle Search Consoleに送信するには、Google Search Consoleの「インデックス」にある「サイトマップ」をクリックし、新しいサイトマップの追加にページのURLが入っているので、その右側の空欄に「sitemap.xml」と入力し、送信ボタンをクリックします。

先ほどのコード貼り付けもそうですが、このサイトマップ送信もすぐに反映されませんが、ページをGoogle Search Consoleに早めに登録しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました