ランディングページって何?ランディングページのメリットとデメリットについて考えてみた

ホームページ作成サービス

ランディングページという言葉をご存知でしょうか。

スポンサーリンク

ランディングページは大きく分けると2つの意味を持つ

ランディングページと言えば、Google アナリティクスを使っているなら見たことがあるかもしれなませんね。

Google アナリティクスのランディングページとは広告や検索結果などからあなたのサイトを構成するページの中で一番初めに訪れるページのことです。

ただし、これは広い意味で使われているもので、最近よく耳にするランディングページというのは、ある事柄やサービスなどを読み手に分かりやすく伝えるために作る縦長のページを指すようになりました。

スポンサーリンク

ランディングページを制作する意味は?

このランディングページは、通常のWebページの作り方とは異なり、ある事柄やサービスを紹介する流れの中で見てくれた人にアクションを起こさせるために制作します。

ランディングページ上のアクションとは、商品の購入やサービスの利用、イベントへの参加、会員登録、求人に対する応募などが挙げられます。

スポンサーリンク

ランディングページの特徴

では、ランディングページの特徴を少しまとめてみます。

ページのレイアウトが縦長で、ナビゲーションメニューやサイドバーがない

まず一番の特徴はページレイアウトが縦長です。

ランディングページは伝えたいことを伝えたい理由を述べながらアクションのきっかけを積み上げていくようなイメージ。

そして、伝えたいことのみが掲載されているのがランディングページです。

通常のホームページだとナビゲーションメニューやサイドバーなどがありますが、ランディングページにはナビゲーションメニューもサイドバーもありません。

たとえば、サービスの利用を促したいのであれば最終的に求めるアクションとは「利用登録する」になりますが、利用登録に向かうページのみへのリンクが掲載されているだけで、横道に逸れるところがありません。

通常のWebページより自由にレイアウトすることができる

ランディングページは通常のWebページとは異なり、先ほども書いたナビゲーションメニューやサイドバーなどを設置しないので、画面いっぱい自由にレイアウトすることができます。

さらに、ランディングページを訪問した人というのは少なからずその商品やサービスなどに興味がある人(見込み客)である可能性が高いので、文章より画像で見せる、インパクトを与えるページ構成が可能です。

プレゼンテーションの場でもよく言われることですが、文章より画像などをたくさん盛り込んだ方が見ている人にインパクトを与えます。

ランディングページはプレゼンテーションの流れとよく似ているかもしれませんね。

スポンサーリンク

ランディングページにも弱みがある

ここまで書くと通常のホームページよりランディングページのほうが良さそうじゃない?と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、やはり何事にも一長一短。ランディングページにも弱みはあります。

縦長なので途中で離脱される可能性が…

ランディングページはナビゲーションメニューやサイドバーがなく、期待するアクションを起こすページへの誘導しかありませんでしたね。

さらに、ランディングページは縦長のレイアウトです。

縦に長いページということはその分、スクロールしなければいけないということ。そうなれば途中で飽きてしまってランディングページから離脱する人が出てくるかもしれません。

自サイトの他のページへの移動する導線がない

通常のWebページであれば、自分がほしい情報がないなと思えばサイドバーやナビゲーションメニューから別のページを探しに行く道もありますが、ランディングページにはそれがありません。

ということは

戻るボタンを押されてしまう=検索結果のページに戻る=ほかのサイトへ行ってしまう

という流れも想定されます。

ランディングページの制作にはWeb制作技術よりも必要な力がある

ランディングページを構成する文字情報(テキスト)と画像の配分を考えると、文字情報より画像を使うことが多くなります。パッと見て興味をそそるようなインパクトのある情報を提供しようとすれば必然的に画像を使うことになります。

ということはランディングページを構成するものが文字よりも画像が多くなる、ということは検索エンジンから見ると情報(文字)の少ないページだと判別されてしまう可能性があるということ。

検索エンジンから見て情報の少ないページだと判別されてしまうかもしれないページに訪問してくれた人に興味を持たせ、アクションを促すためにはWebページ以上に作り込む必要が生じます。

Webページ以上に作り込む必要があるということは、その商品なりサービスなりを詳しく知っている人が関わってくれないと、訪問者に訴えかけるような深い情報を提供することが出来ないともいえると思います。

なので、作成技術もそうですが、それ以上にディレクション能力を高めなければなりませんし、念入りに構成を考えるということはそれだけ時間を要することにもなってきます。

ランディングページの制作費はWebページ制作より費用が高くなる傾向

ということは、通常のWebページの制作を依頼するよりもランディングページの制作費用は高くなりやすいです。加えて、スマホ対応をお願いすれば追加で費用が発生します。

ランディングページというのはチラシやパンフレット、プレゼンテーションのスライド制作に近い制作の流れのような気がします。デザイン力もそうだし、話の流れ「ストーリー」構成も必要。いや、これが必須ですね。

どんな情報をどんな形で提供すればユーザーの心に届き、アクションに繋がるのか。

ランディングページの制作には企画力。コンテンツをまとめる力が必要な気がします。

スポンサーリンク

ランディングページについてまとめてみた、のまとめ

書きながらランディングページ制作の難しさを痛感したところで、自分がランディングページを制作するうえで勉強になるなと思うサイトをひとつご紹介してこのページは終わろうと思います。

Web Design Clip[L]

こちらのサイトは、カテゴリー別にランディングページがまとめてあったり、キーワード検索もできるし、カラーイメージでもまとめられてもいるのでランディングページを作るときにアイディアが浮かばない時や考えがまとまらない時によく拝見しています。

次回はあるサイトを使ってランディングページを作ることができるよという話を書いてみようかと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
ホームページ作成サービス
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど