デスクトップにあったアイコンが真っ白に?!Windows10へのアップグレード後に起こった不思議。

年賀状のシーズンになりました。今回のご相談は年賀状作成ソフトのひとつ、筆まめに関連するご相談です。デスクトップの筆まめのアイコンが真っ白になってダブルクリックしても筆まめを起動させられなくなったと相談がありました。

スポンサーリンク

デスクトップ上のアイコンが真っ白。アイコンをダブルクリックしてもソフトが起動しない理由

パソコンを起動させ、デスクトップ上のアイコンを確認しました。「筆まめ」という名前が付いたアイコンが真っ白。ダブルクリックしてもソフトが削除されたというようなエラーが表示され、筆まめを起動させることができません。

年賀状作成ソフトのフォルダの中から住所録ファイルを探してみると…

そこで、年賀状作成ソフトで作成した住所録ファイルを探してみることにしました。通常、年賀状作成ソフトで作成された住所録ファイルは「ドキュメント」内に保存されているはずです。

筆まめという名前が付いたフォルダに保存されている住所録らしきファイルが見つかったのは見つかったのですが、更新日付が2009年となっているのです。

もし、相談者がいうように昨年年賀状を出すときに印刷に使ったというのであれば昨年の更新日付になっているはずです。

ドキュメントのなかに年賀状作成ソフトの名前が付いたフォルダがもうひとつあった

おかしいなと思い、ドキュメント内を探してみると、年賀状作成ソフトの名前が付いたフォルダが複数あることが分かりました。

年賀状作成ソフトの名前が付いたフォルダが複数あるということは、筆まめ以外に年賀状作成ソフトがインストールされているのかもしれません。

筆まめ以外にあった年賀状作成ソフトの名前が付いたフォルダは、筆王でした。

「筆王」というフォルダを開いていくと住所録らしきファイルが見つかりました。更新日付は2016年となっています。これじゃないかとダブルクリックして住所録らしきファイルを開いてみると、住所録が筆王で開いてきました。

「これです!これ!」

相談者は大変喜んでくださっています。

結果を整理すると。

実はこの相談者、昨年使用した年賀状作成ソフトは「筆王」でした。ところが、年賀状作成ソフトをそれ以降使っておられなかったので、どの年賀状作成ソフトで住所録をつくったのかを忘れてしまっていただけ、という。

スポンサーリンク

アイコンが真っ白になっているのはソフトがインストールされていないから

では、デスクトップにあった「筆まめ」のアイコンが真っ白、ソフトが削除されたと表示されたのはなぜでしょう。

実は、Windows10へアップグレードする際、Windows10で動作が確認されていないソフトは削除されてしまうことをご存知でしょうか。

今回、デスクトップにあった「筆まめ」のアイコンが真っ白になったのは、この「筆まめ」がWindows10で動作確認がされていないソフトだったため、アップグレードの際、ソフトを削除されていまい、アイコンが真っ白になってしまったというわけです。

筆まめがWindows10で動作確認ができていないソフトなのかというとそうではありません。製品版であればたとえWindows10にバージョンアップしても削除されてしまうことはありません。

そうなんです、実はこのデスクトップにあった筆まめが起動できなかった理由は、相談者が2009年に購入、インストールした筆まめのMOOK版だったのです。

スポンサーリンク

ファイルやアイコンが真っ白になっているならプロパティのショートカットを確認してみよう

なぜ、この真っ白になったアイコンが筆まめのMOOK版だと分かったかというと、ショートカットを確認したからです。

真っ白になったアイコンの上にマウスポインタを合わせて右クリック→プロパティをクリックし、ショートカットを確認すると筆まめMOOK版となっていました。

今回のご相談者は2009年に筆まめのMOOK版で年賀状を作った後、それとは別に筆王で住所録を作った。そのことを忘れて、デスクトップにあるMOOK版の筆まめを起動した、という…。

次回以降、筆王を起動し操作できるようにデスクトップ上の白いアイコンを削除し、筆王のショートカットをデスクトップ上に作ることで解決としました。

スポンサーリンク

メーカー製のパソコン。年賀状作成ソフトが複数インストールされている場合がある

年賀状作成ソフトが複数インストールされているパソコンは、意外と多いです。メーカーのパソコンであれば、筆王、筆まめに加えて筆ぐるめまで入っているパソコンも…。

これだけの年賀状作成ソフトがインストールされているのであれば、住所録をどのソフトで作成したのかを忘れてしまうことはよくあります。なんといっても年に一度しか開くことがないソフトですから…。

スポンサーリンク

ショートカットアイコンは削除しても問題ない。ソフト自体は削除されない。

それに加えて、今回の場合はMOOK版までインストールされていた。おまけにWindows10へのアップグレードまで行われていました。Windows10へのアップグレードは、動作確認ができないソフトは削除されてしまう、そのことを知らずに画面に表示されるままポチポチとアップグレード作業を進めてしまった。

いくつかの偶然が重なり、デスクトップに真っ白なアイコンが登場したというわけでした。ちなみに、ショートカットアイコンとは、その名の通り、ソフトを起動するための近道ですので、アイコンは削除しても問題ありません。

スポンサーリンク

年賀状作成ソフトで住所録を作成したら必ずバックアップを取っておこう

今回の件とは関係ない話ですが、年賀状作成ソフトで作成したデータ(年賀状の裏面と宛名面、住所録)は、作成したソフトでしか開くことができません。

万が一に備え、住所録だけでもバックアップを取っておかれることをおすすめします。

下に年賀状作成ソフトの主流ソフトである筆王、筆まめ、筆ぐるめのバックアップからの復元方法が掲載されているページをリンクしておきます。

住所録のバックアップをとりたい 【筆王Ver.17以前】|ソースネクスト総合サイト
|パソコンソフトからAndroid、iPhone、iPadアプリまで。ソースネクストなら人気ソフトが勢ぞろい。ダウンロードしてすぐ使えます。
【筆まめネット】サポート「筆まめVer.25」製品 Q&A「CDやUSBメモリに住所録などのデータをバックアップする方法」
年賀状ソフト「筆まめVer.25」のご購入後のよくあるお問い合わせ(Q&A)を掲載しています。
USBメモリへ住所録データをバックアップする方法・バックアップから戻す方法 | 筆ぐるめ
USBメモリへ住所録データをバックアップする方法・バックアップから戻す方法
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
今日のご相談
wseedkをフォローする
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
だぶるしーど