アメブロにGoogleフォームを使ってお問い合わせフォームを設置する方法

今日のご相談
この記事は約6分で読めます。

10日間のゴールデンウィークだからでしょうか、長い休みの間に気になっていたことに取り掛かろうとする人が増えるのかご相談や問い合わせが増えています。

今回のご相談は、アメブロにお問い合わせフォーム(メールフォーム)を設置したいというもの。

スポンサーリンク

メールフォームは無料で使えるものが登場しているけれど…

一昔前ならメールフォームというのはHTMLやCGIを使って作成・設置するものでしたが、最近ではメールフォーム自体をレンタル(?)するサービスもどんどん登場してきたので、自分で作成しなくてもメールフォームを持つことができるようになりました。

ただ、メールフォームをレンタルするとフォームの入力画面に広告が表示されるのが気になりますね。広告が気になるなら有料プランにアップグレードしてね、ということなんだと思いますが。

今回ご相談いただいた方は、お問い合わせフォームといっても

  • メールアドレス
  • お名前
  • 問い合わせ内容

が入力出来ればいいということでした。

お問い合わせいただいたメールアドレスがGmailのメールアドレスだったので、Googleフォームを使ってメールフォームを作成する方法をご紹介しました。

Googleフォームでお問い合わせフォームを作る方法

まず、Googleのホームページを表示し、

アプリアイコンをクリック→「ドライブ」アイコンをクリック

します。

Googleドライブの画面に移動出来たら画面左上にある

「新規」ボタンをクリック

「その他」→「Googleフォーム」→「テンプレートから」をクリック

Googleフォームの空白のフォームを使えば一から自由に作ることができるけれどテンプレートをカスタマイズする方法もある

テンプレート一覧が表示されたら、その中から「パーソナル」にある「連絡先情報」をクリックします。

連絡先情報と入力されているところ(タイトル)をクリックし、任意のタイトル(今回はお問い合わせ)に入力し直します。

Googleフォームに問い合わせが届いたら自分のGmailのメールアドレスに通知が来るように設定する方法

次に、お問い合わせフォームからお問い合わせいただいたときにGmailのメールアドレスに通知が来るように設定します。

「回答」タブをクリック→「新しい回答についてのメール通知を受け取る」をクリック

メールフォームのメール内容をGmailで受け取れるようにすると見逃がしがない

Googleフォームから問い合わせいただいた方に自動返信メールを送る設定

次に、お問い合わせいただいた人にメールが正しく送信されたことを知らせる「自動返信」の設定を行います。

Googleフォームから問い合わせてくれた人に自動で返信するように設定するには、画面右上にある「設定(歯車のアイコン)」をクリックします。

Googleフォームの設定画面が開きます。

「全般」タブをクリックし、「メールアドレスを収集する」にチェックを入れます。

この時、問い合わせいただいた人にも問い合わせフォームに入力した内容を自動返信のメールに入れるなら、「回答のコピーを送信」にチェックをいれます。

「回答のコピーを送信」にチェックを入れておくと、問い合わせしてくれた人に問い合わせ内容を含んだ自動返信ができるようになりますが、その下にある「回答者がリクエストした場合」を選択すると、返信内容を含んだメールを自動返信するかしないかを問い合わせしてくれた人が選べるようにすることができます。

次に、自動返信で送るメッセージを入力します。

「プレゼンテーション」タブをクリック。確認メッセージに自動返信メールに表示させるメッセージを入力

すべて入力・設定出来たら最後に設定画面の「保存」をクリックしてお問い合わせフォームの設定は終了です。あとは、お問い合わせフォームに必要のない項目を削除すれば完成です。

お問い合わせフォームが完成したらどんな見栄えかを確認します。

 

画面右上にある「プレビュー(目のアイコン)」をクリック

アメブロの記事にGoogleフォームで作成したお問い合わせフォームへのリンクを設定する方法

お問い合わせフォームが完成したら、アメブロの記事にお問い合わせフォームへのリンクを設定します。

Googleフォームで作成したお問い合わせフォームのURLを取得する

まず、Googleフォームで作成したお問い合わせフォームはひとつずつ「URL」があります。そのURLを取得(コピー)します。

Googleフォームで作成したお問い合わせフォームを編集できる画面の右上に表示されている「送信」ボタンをクリックします。

「送信方法」にある楕円のアイコンをクリック→「コピー」をクリック

この時、URLの下にある「URLを短縮」にチェックを入れると短縮URLが取得できる

これで、Googleフォームで作成したお問い合わせフォームへのリンクアドレス(URL)をコピーできました。

アメブロの記事にGoogleフォームで作成したお問い合わせフォームのURLを貼り付ける

次に、アメブロの記事に先ほどコピーしたURLを貼り付ける方法をご紹介します。

ブログ記事の投稿画面で、リンクに必要な文字列(例:お問い合わせはこちら)を入力、リンクを張りつけたい文字列(例:こちら)を選択した状態で「リンクの作成」ボタンをクリックします。

URLの枠の中に先ほどGoogleフォームで作成したお問い合わせフォームのURLを貼り付けて「決定」ボタンをクリックします。

アメブロでリンクを作成するとき、自分のブログ記事以外のサイト以外を設定するなら「リンクを別ウィンドウで開く」にチェックを入れておきましょう(外部リンク)

とはいっても、毎回記事を投稿するたびにリンクを作成する手間を省くなら、アメブロのブログ記事に定型文を入れる方法と合わせて使うといいかなと思います。

アメブロで記事に定型文をフリープラグインを使わずに記事下に入れる方法
アメブロのフリープラグインが使えなくなりました。フリープラグインを使わずに記事下に定型文を挿入する方法をまとめました。※ただしパソコンからログインしている場合のみ
Googleフォームで作成したお問い合わせフォームをサイトまたはブログ内に埋め込むことも可能なのですが、無料ブログサービスの中には埋め込みを許可していないところがあります。許可されていないブログサービスにフォームを埋め込んでしまうと違反となり、最悪の場合ブログサービスが利用できなくなる可能性もあるので、必ず事前に確認しておきましょう。

アメブロの記事にGoogleフォームで作成したお問い合わせフォームを設置する方法、のまとめ

今回は、Googleフォームを使いましたが、なぜGoogleフォームを使ったのかというと、初めに書いたとおり、その人がGoogleアカウントを持っていたから。

Androidスマホを使っている人ならGoogleアカウントを持っているので、いろんなGoogleのアプリが使えます。メールフォームサービスはいっぱいありますが、Googleアカウントを持っているならGoogleフォームを使うほうがアカウントの管理がしやすいんじゃないかと、今回のご紹介に至りました。

Googleフォームはメールフォームだけじゃなくてアンケートを取ったりクイズを作ったりもできるんです。先日は、ある団体の意識調査でGoogleフォームを使ってアンケート画面を作成しましたが、集計する手間が省けて非常に役立ちました。

またどこかのタイミングでアンケートフォームの作り方も合わせてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
この記事を書いた人
アバター

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

wseedkをフォローする
今日のご相談
スポンサーリンク
お問い合わせ・ご質問はこちらから
お問い合わせやご質問はこちらからお願いいたします。
wseedkをフォローする
だぶるしーど