SNSとの付き合い方。子育て中のママを対象とした講座を開いてみて思ったこと。

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、SNSとの付き合い方をテーマに子育て中(未就園児のお子さんを持つ)のママを対象にお話しさせていただきました。

子育てが始まる前からSNSを使っていた世代

お集まりくださったママたちに「いつからSNSを使っていますか」と質問したら、「学生時代」という答えが返ってきて、今さらながら世代的ギャップを感じてしまったことはさておき。

今回、このSNSの付き合い方について話をしようと思ったのがここだったんですね。学生時代、出産する前に使っていたときと同じような感覚でSNSを使ってはいませんか?という問いかけをしたかったというのがこのお話をお引き受けした理由でした。

SNSとの付き合い方をお話しする前に、どのSNSを使っているかと聞くと断然多かったのがInstagramでした。Facebookはというとやはり実名登録に抵抗があるという意見が多かったです。Twitterがほとんどいなかったのが少し驚きでもあったのですが。

そこで話題に上がったのが「LINEはSNSか」という話。

個人的にはSNSとは言えないかな、と思いますが、使い方次第ではSNSともいえるのかもしれないねという話になり、LINEはどんなふうに使っているかという話に流れていきました。

30代前後のママがほとんど。だいたいは家族や友人との連絡用に使っているという人でしたが、中には日記のようにタイムラインを使っている人もいました。

そこでLINEのタイムラインの設定を確認してもらうことにしたのですが、「え?タイムラインに設定なんてあるんですか?」と。

ありますよ、と設定画面を見せると驚いた表情になり、LINEのタイムラインというのはどこまで(誰にまで)見られているのかを意識したことがないという話になりました。

LINEのタイムライン自体、初期設定ではLINE上で友達になっている人であれば誰でも見ることができるようになっています。LINE上の友達が見ようとすれば見られる、ということです。

LINEのタイムラインに投稿する際、投稿を見られる範囲を設定することはできます。が、その種類はというと、全体公開か友だちまで公開、あとは自分のみ、の3つです。

ちなみに全体公開というのはあなたとLINE上の友達になっている人がその投稿をシェアするとあなたとLINE上でつながっていない人にも見てもらうことができます。逆を言えば、あなたとはつながりがない人にでもタイムラインに投稿した内容を見られてしまうということもある。

あなたがタイムラインに投稿した内容を読まれてもいい人、反対に読まれたくない人がいるのであれば、タイムラインの公開設定を変更し、投稿時に「友だちまで公開」にしておくことである程度は制御できます。

今回、参加いただいた皆さんは全員この全体公開になっていました。そして、LINE上の友達すべてに投稿を見られる状態になっていました。

ご自身の見せたい範囲、読んでもらってもいい範囲を制御する方法をお話ししてSNSの付き合い方に話を戻しました。

スポンサーリンク

子育て中のママにSNSとの付き合い方を考えるうえで知っておいてもらいたいこと

子育て中のママにSNSと上手に付き合ってほしいなということをお話する中で以下のことには気を付けてほしい、自分はどうするかをしっかり選択してほしいとお話させていただきました。

  • 撮影した写真には位置情報が入っている。万が一のことを考えて写真に位置情報は付けないように設定を変更してほしい
  • お子さんの写真をアップするときに顔をスタンプなどで隠すなどしないで見る人が見れば分かるアングルで撮影してあげてほしい
  • お子さんの写真をプロフィール写真にしている人がいるけれど、自身が特定されればお子さんも特定されてしまうリスクがあることを理解しておく
  • SNSには個人情報をどこまで公開するかという設定があるので、自身の使い方に合わせて定期的に見直すようにしてほしい
  • 文字のやり取りは真意が伝わりにくいことがある。そのことを理解して言葉を使うようにする。
  • いいねの数や友だちの数はあなた自身の評価ではない。反応の数に左右されないように使ってほしい
  • SNSとの付き合い方は人それぞれ。リスクやメリットを理解して自分で選んで使ってほしい

SNSは感覚的に使えるもの、だけど良いところ悪いところを知って自分でしっかりと選んでほしい

何を使うかは自分で決めることです。そしてネット上に限らず、何かしらのサービスを利用しようとすればメリットもある代わりにデメリットもある。どんなサービスにも完璧はない、ということを理解して、どう付き合っていくかを決めるのは自分自身だということ、です。

わたしは個人的な考えですが、SNSはあくまでも現実社会のお付き合いの補完ツールだと思っています。これが主ではなくて副です。

実際に顔を見て、声を聞いてという時間を取るのが難しい子育て期間中だからこそ、それを補完するためのツールとして自分らしくSNSと付き合ってほしいなと思います。

 
リンクユニット
Simple author Box

ホームページ開設・運用、リニューアルのご相談や、SNS・ブログの運用サポート、市民活動団体のIT活用提案・サポート、Webライティングを行っています。
また、県内各所にてパソコン操作講習会やSNS活用セミナーなどの講師もしています。

まずはお気軽にご相談ください。相談する

この記事をお届けした
だぶるしーどの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク

記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローはこちら

関連コンテンツ